「榎本健一」~舞台と映画の喜劇王~

「榎本健一」~舞台と映画の喜劇王~

エノケンの芸歴と舞台での活躍

エノケンの芸歴と舞台での活躍

-エノケンの芸歴と舞台での活躍-

榎本健一、通称「エノケン」は、日本の喜劇役者、歌手、舞踏家である。1904年1月1日に東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれ、1970年1月7日に東京都渋谷区で亡くなった。享年65歳。

エノケンは、小学校卒業後に演劇に興味を持ち、1919年に松竹キネマに入社したが、すぐに退社して歌舞伎の役者となった。1922年に松竹に戻り、映画や舞台に出演するようになった。1926年に劇団エノケン一座を結成し、一座の座長を務めた。

エノケンは、映画や舞台で活躍し、国民的人気を獲得した。代表作には、映画『エノケンのお宝』(1935年)、『エノケンの孫悟空』(1938年)、『エノケンの狸御殿』(1949年)、舞台『エノケン一座の大東京』(1929年)、『エノケン一座の満州行進曲』(1931年)、『エノケン一座の上海行進曲』(1933年)などがある。

エノケンは、軽妙洒脱な演技と歌で、人々を笑わせ、元気づけた。また、エノケンは、舞台や映画だけでなく、ラジオやテレビにも出演し、幅広い活躍を見せた。

エノケンは、日本の喜劇界に大きな功績を残した功績があり、今なお多くの人々に愛されている。

エノケンの映画出演作品と代表作

エノケンの映画出演作品と代表作

エノケンの映画出演作品と代表作

エノケンこと榎本健一は、日本の喜劇俳優で、1920年代から1950年代にかけて活躍しました。茶色の背広に黒のソフト帽にステッキというスタイルで、軽快なステップと独特のしゃべり方が人気を博しました。映画にも多数に出演し、代表作として「雷電」「エノケンの弥次喜多」「エノケンの孫悟空」「エノケンのちゃっきり金太」「エノケンのちゃっきり金太」「エノケンのちゃっきり金太」などがあります。

エノケンの映画出演作品は、すべて喜劇映画で、その軽妙な演技とアドリブで観客を笑わせました。特に、1935年に公開された「雷電」は、エノケンの代表作のひとつで、大ヒットを記録しました。また、1936年に公開された「エノケンの弥次喜多」も、大ヒット作となりました。

エノケンは、映画のみならず、舞台でも活躍しました。1926年に、松竹楽劇部の喜劇部にスカウトされて以来、舞台に立ち続けました。その舞台での活躍は、映画とはまた違った魅力があり、観客を魅了しました。

エノケンは、1970年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。その喜劇的な演技は、多くの人々に愛され、今もなお笑いをもたらし続けています。

エノケンの名言と生きざま

エノケンの名言と生きざま

-エノケンの名言と生きざま-

舞台と映画の喜劇王と呼ばれた榎本健一は、1908年11月10日に兵庫県神戸市で生まれた。本名は榎本健一郎である。幼い頃から芸事にに興味を持ち、1922年に松竹楽劇部に入団。その後、松竹歌劇団の看板スターとなり、エノケンという芸名で活躍するようになった。

エノケンは、その軽妙洒脱な演技と、アドリブを交えた独自のギャグで、多くの人々を笑わせた。また、その人間味あふれる人柄も人々に愛された。

エノケンは、戦争中に兵役についてシベリアに赴き、そこで抑留生活を送る。帰国後は、舞台と映画で活躍を再開し、1950年に公開された映画「花咲く港」で、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

エノケンは、1970年に61歳で亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。彼の残した名言は、多くの人々に勇気を与え続けている。

-エノケンの名言-

* 「笑う門には福来る」
* 「人生は一度きり。思い切り笑って生きろ」
* 「失敗を恐れるな。失敗からこそ人は学ぶ」
* 「人の悪口を言うな。人の悪口を言うと、自分の心が汚れる」
* 「与えられた仕事を、精一杯やり遂げろ」

* 「一日、一日を大切に生きろ」
* 「夢を持つことをあきらめるな。夢を捨てれば、人生はつまらない」
* 「どんなときでも、希望を捨ててはいけない」
* 「人は、死ぬまで学び続けることができる」
* 「人生は、自分でつくるもの」

-エノケンの生きざま-

エノケンは、常に前向きで楽天的な人生を送った。彼は、どんなときでも笑顔を絶やさず、周りの人々を笑わせ続けた。また、彼は、努力を惜しまず、常に上を目指して努力を重ねた。

エノケンは、多くの人々に愛され、尊敬された。その生き方は、多くの人々に勇気を与え、今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました