「邦正美」

「邦正美」

国際的な活躍を見せた舞踊家

国際的な活躍を見せた舞踊家

-国際的な活躍を見せた舞踊家-

邦正美は、1916年(大正5年)に東京府東京市(現東京都)で生まれた舞踊家です。幼い頃から舞踊に興味を持ち、1930年(昭和5年)に日本舞踊の師匠である花柳寿輔に入門しました。1935年(昭和10年)には、日本舞踊のコンクールである「花柳流全国舞踊大会」に出場し、優勝しました。

1937年(昭和12年)に、邦正美は欧米に留学しました。パリでは、ロシアバレエの振付師であるミハイル・フォーキンの指導を受けました。ロンドンでは、英国王立バレエ団のプリマ・バレリーナであるマーゴ・フォンテインと共演しました。

1940年(昭和15年)に、邦正美は日本に帰国しました。帰国後は、日本舞踊の公演を積極的に行い、日本舞踊の普及に努めました。1952年(昭和27年)には、文化勲章を受章しました。

1964年(昭和39年)には、東京オリンピックの開会式で舞踊を披露しました。1970年(昭和45年)には、大阪万博の開会式で舞踊を披露しました。

1993年(平成5年)に、邦正美は87歳で亡くなりました。邦正美は、日本の伝統芸能である日本舞踊を世界に発信し、日本舞踊の普及に貢献した偉大な舞踊家でした。

邦正美は、日本の伝統芸能である日本舞踊を世界に発信し、日本舞踊の普及に貢献した偉大な舞踊家でした。邦正美の功績は、日本舞踊界の歴史に永遠に刻まれるでしょう。

邦正美舞踊研究所の設立と日本教育舞踊研究所長

邦正美舞踊研究所の設立と日本教育舞踊研究所長

邦正美舞踊研究所の設立と日本教育舞踊研究所長

邦正美舞踊研究所は、1951年(昭和26年)に邦正美氏によって設立されました。邦正美氏は、1912年(大正元年)に東京府東京市(現在の東京都)で生まれ、幼少期から舞踊を学び始めました。1932年(昭和7年)には、日本舞踊界の名家である花柳流に入門し、花柳寿太郎氏に師事しました。1938年(昭和13年)には、邦正美舞踊研究所を開設し、舞踊の指導を開始しました。

邦正美氏は、舞踊の指導者としてのみならず、舞踊評論家としても活躍しました。1959年(昭和34年)には、舞踊評論誌「舞踊」を創刊し、舞踊に関する論評を発表しました。また、1962年(昭和37年)には、日本教育舞踊研究所を設立し、舞踊の教育機関として運営しました。

邦正美氏は、舞踊の発展に大きく貢献した人物として知られています。1977年(昭和52年)には、日本芸術院会員に選出され、1985年(昭和60年)には、文化勲章を受章しました。1995年(平成7年)に永眠するまで、舞踊の普及と発展に尽力しました。

邦正美舞踊研究所は、邦正美氏の死後も、舞踊の指導機関として運営され続けています。現在は、邦正美氏の娘である邦正美恵氏が所長を務め、舞踊の指導を行っています。邦正美舞踊研究所は、舞踊の伝統を守りながら、新しい舞踊の創造にも取り組んでいます。

「舞踊の文化史」「舞踊の美学」などの著作

「舞踊の文化史」「舞踊の美学」などの著作

-邦正美-

-舞踊の文化史-

邦正美は、舞踊の文化史に関する著作を数多く残しています。その中には、『舞踊の歴史』(1957年)、『舞踊の文化』(1963年)、『舞踊の社会史』(1970年)などがあります。これらの著作の中で、邦正美は舞踊の起源から現代までの歴史を体系的に論じています。また、舞踊と社会の関係、舞踊と芸術の関係など、舞踊を取り巻く様々な問題についても考察しています。

-舞踊の美学-

邦正美は、舞踊の美学に関する著作も数多く残しています。その中には、『舞踊の美』(1960年)、『舞踊の表現』(1965年)、『舞踊の鑑賞』(1975年)などがあります。これらの著作の中で、邦正美は舞踊の美しさの本質を探求しています。また、舞踊の表現方法、舞踊の鑑賞方法などについても論じています。

-邦正美の舞踊論の意義-

邦正美の舞踊論は、舞踊の文化史と舞踊の美学の両面から舞踊を捉えようとしたものです。このことは、邦正美の舞踊論を他の舞踊論と大きく差別化しています。邦正美の舞踊論は、舞踊の研究者や舞踊家だけでなく、舞踊に興味のある一般の人々にも広く読まれています。

タイトルとURLをコピーしました