「伊坂梅雪」

「伊坂梅雪」

明治期を代表する演劇評論家

明治期を代表する演劇評論家

-「伊坂梅雪」明治期を代表する演劇評論家-

伊坂梅雪(いさか・ばいせつ)は、明治期に活躍した日本の演劇評論家です。本名は伊坂善次郎。1865年(元治2年)に東京で生まれ、1890年(明治23年)に慶應義塾大学を卒業しました。

梅雪は、学生時代から演劇に興味を持ち、慶應義塾大学在学中に、演劇評論を執筆し始めました。卒業後、ジャーナリストとして活躍し、演劇評論を連載しました。また、1895年(明治28年)には、演劇評論誌「演劇評論」を創刊し、編集長を務めました。

梅雪の演劇評論は、その鋭い洞察力と、明快な文体で知られています。彼は、日本の演劇界の近代化に貢献し、明治期を代表する演劇評論家として高く評価されています。

梅雪は、日本の演劇史において、重要な役割を果たした人物です。彼は、日本の演劇界の近代化に貢献し、明治期を代表する演劇評論家として高く評価されています。

-梅雪の演劇評論の特徴-

梅雪の演劇評論は、その鋭い洞察力と、明快な文体で知られています。彼は、演劇作品の構造や人物描写、演出などを細やかに分析し、その優劣を論じました。また、梅雪は、日本の演劇界の近代化を積極的に推進し、新劇運動を支持しました。

梅雪の演劇評論は、当時の演劇界に大きな影響を与えました。彼の評論は、演劇作品の評価を左右し、演劇界の動向を決定づけるほどでした。また、梅雪の評論は、日本の演劇界の近代化に貢献し、新劇運動の発展を促しました。

-梅雪の主な著作-

梅雪は、多くの演劇評論を執筆しました。その主な著作には、以下のものがあります。

* 『演劇評論』(1895年)
* 『演劇雑話』(1900年)
* 『演劇史』(1905年)
* 『演劇論集』(1910年)
* 『演劇鑑賞』(1915年)

これらの著作は、いずれも日本の演劇史において重要な資料となっています。梅雪の演劇評論は、その鋭い洞察力と、明快な文体で知られており、現在でも多くの演劇研究者や演劇ファンに読まれています。

福沢諭吉に学び、「時事新報」記者の道を歩む

福沢諭吉に学び、「時事新報」記者の道を歩む

-福沢諭吉に学び、「時事新報」記者の道を歩む-

伊坂梅雪は、1862年に土佐国(現在の高知県)に生まれました。幼い頃に父を亡くし、母と姉に育てられました。1877年に上京し、慶應義塾に入学。福沢諭吉のもとで学び、ジャーナリズムの基礎を身につけました。

1882年に大学を卒業後、「時事新報」記者として入社。福沢諭吉の指導を受けながら、日本の近代化と民主化のために尽力しました。1884年には、福沢諭吉とともに欧米を視察し、欧米の文化や社会を学びました。

帰国後は、「時事新報」の編集長に就任。福沢諭吉の思想を受け継ぎ、言論の自由と国民の権利を擁護する記事を数多く執筆しました。1890年には、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。政界に進出しました。

1898年に、「時事新報」を退社。その後は、評論家として活躍し、日本の近代化と民主化のために尽力しました。1906年に、東京で死去。享年44。

伊坂梅雪は、福沢諭吉の思想を受け継ぎ、日本の近代化と民主化のために尽力したジャーナリスト、政治家です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。

尾上菊五郎の自伝を口述筆記

尾上菊五郎の自伝を口述筆記

– 「伊坂梅雪」

明治から昭和にかけて活躍した文芸評論家、エッセイストの伊坂梅雪は、1876年(明治9年)に東京市本郷区湯島の地に生まれた。本名は梅之助。父は大坂で医師をしていた伊坂梅原のことである。梅雪は、1890年(明治23年)に上京、山田美妙の門下生として文筆生活を始めた。1901年(明治34年)に「中央文学」を創刊し、編集長を務めた。また、1905年(明治38年)には「新小説」の編集長に就任し、1908年(明治41年)には「文章世界」を創刊した。梅雪は、近代日本文学の発展に大きく貢献した人物として知られている。

-# 尾上菊五郎の自伝を口述筆記

梅雪は、尾上菊五郎の自伝を口述筆記したことで知られている。尾上菊五郎は、1885年(明治18年)に東京市日本橋区に生まれた。本名は幸蔵。父は初代尾上菊五郎、母は貞奴である。菊五郎は、1894年(明治27年)に初舞台を踏み、1902年(明治35年)に「勧進帳」の弁慶を演じて一躍人気役者となった。菊五郎は、1949年(昭和24年)に亡くなるまで、数々の名舞台を踏んだ。

菊五郎の自伝は、1931年(昭和6年)に『菊五郎の芸談』として出版された。この自伝は、梅雪が菊五郎の言葉を忠実に記録したもので、菊五郎の芸に対する考え方や舞台裏での苦労などが克明に描かれている。この自伝は、菊五郎の人物像を知る上で貴重な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました