岡本宮古太夫(2代) – 明治-大正時代の浄瑠璃太夫

岡本宮古太夫(2代) – 明治-大正時代の浄瑠璃太夫

岡本宮古太夫(2代)の生涯

岡本宮古太夫(2代)の生涯

岡本宮古太夫(2代)の生涯

岡本宮古太夫(2代)は、明治から大正時代にかけて活躍した浄瑠璃太夫です。宮古太夫の「宮古」は「都」を意味し、代々四国を拠点として活躍する岡本家浄瑠璃の太夫が襲名してきました。2代宮古太夫は、1864年(元治元年)に徳島県で生まれました。幼い頃から浄瑠璃を学び、1880年(明治13年)に17歳で初舞台を踏みました。

宮古太夫は、美声と優れた語り口で瞬く間に人気を集め、各地を巡業して活躍しました。1887年(明治20年)には、東京の帝国劇場に出演し、浄瑠璃の全国的な人気に拍車をかけました。宮古太夫は、浄瑠璃の伝統を守りながらも、新しい曲目を積極的に取り入れるなど、新しい浄瑠璃の道を切り拓きました。

宮古太夫は、1917年(大正6年)に54歳で亡くなりましたが、浄瑠璃の発展に大きな功績を残しました。宮古太夫の死後、岡本家浄瑠璃は衰退の一途をたどり、1925年(大正14年)に消滅しました。しかし、宮古太夫の功績は今日でも語り継がれています。

宮古太夫の浄瑠璃は、その美声と優れた語り口で、多くの人々を魅了しました。また、宮古太夫は、浄瑠璃の伝統を守りながらも、新しい曲目を積極的に取り入れるなど、新しい浄瑠璃の道を切り拓きました。宮古太夫の功績は、浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。

岡本宮古太夫(2代)の芸風

岡本宮古太夫(2代)の芸風

-岡本宮古太夫(2代)の芸風-

岡本宮古太夫(2代)は、明治-大正時代の浄瑠璃太夫です。その芸風は、清元と常磐津の2つの流派を融合させた独特のものでした。

清元は、江戸時代初期に始まった浄瑠璃の流派です。三味線にのせて物語を語るのが特徴で、音色は明るく華やかです。常磐津は、江戸時代中期に始まった浄瑠璃の流派です。太棹三味線にのせて物語を語るのが特徴で、音色は重厚で荘厳です。

岡本宮古太夫(2代)は、清元と常磐津の2つの流派の良さを融合させた芸風を確立しました。その芸風は、清元の華やかさと常磐津の重厚さが調和したもので、聴き手を魅了しました。

また、岡本宮古太夫(2代)は、浄瑠璃の台本にも独自の工夫を凝らしました。古典的な浄瑠璃の台本に、現代的な要素を取り入れたり、新しい物語を創作したりしました。その斬新な台本は、当時の聴衆から大きな支持を得ました。

岡本宮古太夫(2代)は、その独創的な芸風と斬新な台本で、浄瑠璃の世界に大きな影響を与えました。その芸風は、後の浄瑠璃太夫たちに受け継がれ、日本の伝統芸能として今日まで続いています。

岡本宮古太夫(2代)の代表作

岡本宮古太夫(2代)の代表作

岡本宮古太夫(2代)の代表作

岡本宮古太夫(2代)は、明治-大正時代の浄瑠璃太夫です。本名は岡本ヒサ。東京市本郷区駒込(現在の東京都文京区駒込)出身です。1888年、京都で初舞台を踏み、1901年に2代目岡本宮古太夫を襲名しました。その後、全国各地を巡業し、1923年の関東大震災で一時的に引退しましたが、1925年に復帰して活躍しました。1945年、66歳で死去しました。

岡本宮古太夫(2代)は、清元節の第一人者として知られており、その代表作には以下のようなものがあります。

* 「吉田屋」
* 「摂州合邦辻」
* 「曾我綉侠御所染」
* 「義経千本桜」
* 「菅原伝授手習鑑」
* 「仮名手本忠臣蔵」
* 「桜時雨」

岡本宮古太夫(2代)は、その優れた歌唱力と語り口で多くの人々を魅了し、浄瑠璃界に大きな足跡を残しました。

タイトルとURLをコピーしました