3代目中村橋之助 – 歌舞伎俳優としての功績と代表作

3代目中村橋之助 – 歌舞伎俳優としての功績と代表作

3代目中村橋之助の生い立ちと歌舞伎界への入門

3代目中村橋之助の生い立ちと歌舞伎界への入門

-3代目中村橋之助の生い立ちと歌舞伎界への入門-

3代目中村橋之助は、1942年11月21日に東京で生まれました。本名は中村明孝(なかむら あきたか)といい、初代中村吉右衛門の長男であり、2代目中村橋之助の孫にあたります。

橋之助は、5歳の頃から祖父の2代目中村橋之助に歌舞伎の手ほどきを受け、1950年に初舞台を踏みました。1957年に「橋之助」を襲名し、1965年には「中村吉右衛門」を襲名しました。

橋之助は、歌舞伎界のサラブレッドとして期待され、早くから頭角を現しました。1960年代には、祖父の2代目中村橋之助と父初代中村吉右衛門とともに「三代吉右衛門」と呼ばれ、歌舞伎界を牽引しました。

橋之助は、古典歌舞伎から新作歌舞伎まで幅広い演目を得意とし、特に「勧進帳」の弁慶や「義経千本桜」の源義経、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助など、豪快な立役を演じさせたら右に出るものはいないと評されました。

また、橋之助は俳優としても活躍し、映画やテレビドラマに出演しました。1978年の映画「犬神家の一族」では、金田一耕助を演じて好評を博し、1983年のテレビドラマ「武田信玄」では、武田信玄を演じて高い評価を受けました。

橋之助は、2008年に亡くなりましたが、その功績は歌舞伎界に今もなお語り継がれています。

「柳影沢蛍火」で初舞台を踏み、歌舞伎役者としての道を歩み始める

「柳影沢蛍火」で初舞台を踏み、歌舞伎役者としての道を歩み始める

「柳影沢蛍火」で初舞台を踏み、歌舞伎役者としての道を歩み始める

3代目中村橋之助は、1941年12月4日に東京・築地で生まれた。本名は波野隆之介。祖父は6代目尾上菊五郎、父は2代目中村吉右衛門。兄が5代目中村勘九郎。弟は中村東蔵。歌舞伎界の名家に生まれた橋之助は、幼いころから歌舞伎の魅力に触れ、歌舞伎役者を志すようになる。

1955年5月、橋之助は歌舞伎座の「柳影沢蛍火」で初舞台を踏む。初役は、主人公の源義経の幼少期である牛若丸。この初舞台は、大きな話題となり、橋之助は一躍注目を浴びるようになった。

1957年に、橋之助は父・吉右衛門の芸養子となり、中村橋之助を襲名。襲名披露公演では、父と共演し、大好評を博した。

橋之助は、1960年代に、テレビドラマや映画にも出演し、歌舞伎界の枠を越えて活躍した。また、海外公演にも積極的に参加し、歌舞伎の魅力を世界に発信した。

1991年に、橋之助は2代目中村吉右衛門を襲名。吉右衛門襲名後は、歌舞伎界の重鎮として活躍し、多くの後進を育て上げた。

2018年11月28日、吉右衛門は、心不全のため死去した。享年77歳。

橋之助は、歌舞伎役者として、数多くの名作に出演し、多くの観客を魅了した。また、海外公演にも積極的に参加し、歌舞伎の魅力を世界に発信した。歌舞伎界の発展に大きく貢献した偉大な歌舞伎役者であった。

「勧進帳」の弁慶役などで当たり役を獲得し、映画やテレビでも活躍

「勧進帳」の弁慶役などで当たり役を獲得し、映画やテレビでも活躍

「勧進帳」の弁慶役などで当たり役を獲得し、映画やテレビでも活躍

3代目中村橋之助は、歌舞伎俳優としての功績だけでなく、映画やテレビでも活躍した。特に、「勧進帳」の弁慶役は当たり役として知られ、その豪快で力強い演技は人々を魅了した。「勧進帳」とは、歌舞伎の演目のひとつで、源義経と弁慶が奥州平泉に落ち延びる途中で、関所である安宅の関を突破する物語である。橋之助は、弁慶役でその勇壮な姿と巧みな立ち廻りを披露し、観客を沸かせた。

また、橋之助は映画やテレビでも活躍し、数多くの作品に出演した。映画では、「忠臣蔵」や「大菩薩峠」などに出演し、その演技力で賞賛された。テレビでは、「人形佐七捕物帳」や「水戸黄門」などの人気時代劇に出演し、幅広い層から支持された。

橋之助は、歌舞伎俳優としてだけでなく、映画やテレビでも活躍し、多くの人々に愛された。その功績は今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました