– 明石家さんま (1955- 昭和後期-平成時代のタレント)

– 明石家さんま (1955- 昭和後期-平成時代のタレント)

明石家さんまの生い立ちとデビュー

明石家さんまの生い立ちとデビュー

-明石家さんまの生い立ちとデビュー-

-生い立ち-

明石家さんまは、1955年7月1日、京都府京都市右京区に徳永信行の次男として生まれる。父方の祖父は兵庫県明石市出身で、これが芸名の由来である。

さんまは幼少期から芸能界に興味があり、小学6年生の時には吉本興業のオーディションを受けている。しかし、この時は年齢制限に引っかかり不合格となる。

中学3年生の時に再び吉本興業のオーディションを受け、今度は合格する。しかし、芸人として活動することは許されず、裏方として働くことになった。

-デビュー-

1974年、さんまは上司の勧めもあって、正式に吉本興業の芸人としてデビューする。芸名は当初「明石家さん馬」だったが、後に「明石家さんま」に変更している。

デビュー当初は鳴かず飛ばずだったが、1976年に放映された漫才番組「ヤングおー!おー!」に出演し、ブレイクを果たす。

さんまはその後、テレビ、ラジオ、映画など幅広く活躍するようになり、日本を代表するタレントの地位を確立する。

さんまの芸風は、主に時事ネタを織り交ぜた漫談である。また、司会者としても活躍しており、数多くのテレビ番組で司会を務めている。

さんまは、日本を代表するタレントであると同時に、社会現象を起こすほどの影響力を持つ人物でもある。

明石家さんまの活躍と人気

明石家さんまの活躍と人気

-明石家さんまの活躍と人気-

明石家さんまは、昭和後期から平成時代にかけて活躍したタレントである。その人気は絶大で、テレビ番組に出演すれば高視聴率をマークし、CMにも引っ張りだこだった。さんまの活躍は、日本の芸能界に大きな影響を与えた。

さんまがブレイクしたのは、1980年台前半のことである。当時、さんまは『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)に出演し、その独特のキャラクターで一躍人気者となった。さんまの持ち味は、頭の回転の速さと、人を笑わせるセンスである。さんまは、どんな話題でも面白くすることができ、そのトークは老若男女問わずに人気を博した。

さんまの人気は、1990年代に入っても衰えることはなかった。さんまは、数多くのテレビ番組に出演し、その活躍は多岐にわたった。さんまは、バラエティ番組だけでなく、ドラマや映画にも出演し、その演技力も高く評価された。また、さんまは、歌手としても活躍し、数々のヒット曲をリリースした。

さんまの人気は、芸能界に大きな影響を与えた。さんまの活躍によって、タレントの価値観が大きく変わった。それまでのタレントは、あくまでも芸能界で働く一員という意識が強かったが、さんまの活躍によって、タレントがスターとして扱われるようになった。さんまは、タレントの地位を向上させたパイオニア的存在である。

さんまは、2019年に逝去した。享年66歳であった。さんまの死は、日本芸能界に大きな衝撃を与えた。さんまは、日本の芸能界の歴史に名を残す偉大なタレントであった。

タイトルとURLをコピーしました