小那覇全孝:沖縄の芸能を担った歯科医

小那覇全孝:沖縄の芸能を担った歯科医

沖縄の芸能への貢献

沖縄の芸能への貢献

-# 沖縄の芸能への貢献

小那覇全孝は、沖縄の芸能に多大な貢献を果たしました。彼は、沖縄民謡の研究と普及に努め、また、沖縄舞踊の振興にも尽力しました。

小那覇全孝は、1887年に沖縄県那覇市に生まれました。彼は、幼い頃から沖縄の芸能に興味を持ち、民謡や舞踊を学びました。1914年に東京帝国大学歯学部を卒業し、1916年に沖縄県那覇市で歯科医院を開業しました。しかし、彼は、歯科医としての仕事のかたわら、沖縄の芸能の研究と普及にも取り組みました。

小那覇全孝は、1924年に沖縄民謡研究会を設立し、沖縄民謡の研究と普及に取り組みました。また、1927年には沖縄舞踊振興会を設立し、沖縄舞踊の振興にも尽力しました。彼は、沖縄の芸能を後世に伝えるため、多くの民謡や舞踊を採譜し、記録に残しました。

小那覇全孝は、1956年に沖縄県文化功労者に選ばれ、1962年に沖縄県無形文化財保持者に認定されました。また、1968年には沖縄県文化賞を受賞しました。彼は、沖縄の芸能に多大な貢献を果たした功績が認められ、多くの賞を受賞しました。

小那覇全孝は、1973年に86歳で亡くなりましたが、彼の遺した功績は今もなお沖縄の芸能界に大きな影響を与えています。彼は、沖縄の芸能を後世に伝えるために尽力した偉大な人物として記憶されています。

歯科医としての生涯

歯科医としての生涯

-歯科医としての生涯-

1910年に東京歯科大学を卒業した小那覇全孝は、沖縄県那覇市で歯科医院を開業しました。彼は、歯科医師として地域の人々の健康に貢献する一方で、沖縄の芸能活動に積極的に参加していました。

小那覇全孝は、1914年に琉球芸能研究会を設立して、琉球舞踊の普及に努めました。また、1923年には沖縄県初の洋楽バンドである「小那覇全孝楽団」を結成して、ジャズやタンゴなどの西洋音楽を沖縄に紹介しました。

小那覇全孝は、歯科医師としてだけでなく、沖縄の芸能活動においても大きな功績を残した人物です。彼は、沖縄の芸能文化の発展に貢献しただけでなく、沖縄の人々に新しい音楽や文化を紹介して、沖縄の近代化に貢献しました。

芸名「小那覇ブーテン」の由来

芸名「小那覇ブーテン」の由来

芸名「小那覇ブーテン」の由来

小那覇全孝は、沖縄の芸能を担った歯科医であり、芸名「小那覇ブーテン」で知られています。ブーテンとは、沖縄の方言で「凸凹」「はねかえす」「跳ね返る」という意味で、彼の性格を表しています。

小那覇全孝は、1902年に沖縄県の首里で生まれました。彼は幼い頃から沖縄の芸能に興味を持ち、15歳の頃から琉球舞踊を学び始めました。その後、彼は歯科医として働きながら、芸能活動を続けました。

彼は、沖縄の伝統芸能である琉球舞踊や沖縄民謡を復興させ、後世に伝えることに尽力しました。また、彼は沖縄の芸能を全国に紹介するため、各地で公演を行いました。

小那覇全孝は、1990年に88歳で亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。沖縄の芸能を担った歯科医として、彼は沖縄文化の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました