春日井梅鶯(初代) – 浪曲界にその名を轟かせた美声の義士伝語り

春日井梅鶯(初代) – 浪曲界にその名を轟かせた美声の義士伝語り

生い立ちと入門

生い立ちと入門

生い立ちと入門

春日井梅鶯(初代)は、1894年(明治27年)11月6日、愛知県春日井市で生まれました。本名は、西尾鶴松といいます。父親は、西尾作次郎。母親は、きよ。兄の西尾久松の後に生まれました。西尾家は、代々、地主であり、鶴松は、裕福な家庭で育ちました。

しかし、鶴松は、幼い頃に両親を亡くし、兄の長松に育てられました。長松は、鶴松に厳しく、鶴松は、苦労して育ちました。

鶴松は、幼い頃から浪曲が大好きで、よく聴いていました。そして、自分も浪曲師になりたいと考えるようになりました。

鶴松は、15歳の時に、家出をして、浪曲師になることを決意しました。そして、東京に出て、浪曲師の春日井梅鶯(3代目)に弟子入りしました。

梅鶯(3代目)は、鶴松の才能を見抜き、熱心に指導しました。鶴松は、梅鶯(3代目)のもとで、浪曲の技を磨きました。

そして、鶴松は、1916年(大正5年)に、春日井梅鶯(初代)の名で、浪曲師としてデビューしました。鶴松は、美声と義士伝の語りで人気を博し、浪曲界にその名を轟かせました。

浪曲師としての成功

浪曲師としての成功

-浪曲師としての成功-

春日井梅鶯(初代)は、浪曲師として成功を収めました。その美声と義士伝語りの巧みさで、全国的にその名を轟かせました。

梅鶯は、1874年に愛知県春日井市に生まれました。幼い頃から浪曲に興味を持ち、10代の時に浪曲師としてデビューしました。その後、大阪や東京などの大都市で修行を積み、1900年に東京で真打ち昇進を果たしました。

梅鶯は、浪曲師として成功を収めるために、努力を惜しみませんでした。毎日何時間も稽古を重ね、自分の芸を磨き上げました。また、義士伝語りの勉強にも熱心に取り組み、義士たちの生き様を深く理解しました。

梅鶯の浪曲には、独特の語り口調がありました。梅鶯の語り口調は、抑揚に富んでいて、まるで芝居を見ているかのような臨場感がありました。また、梅鶯は、義士たちの心情を巧みに表現することができ、聴衆の心を打つことができました。

梅鶯の浪曲は、多くの人々に愛されました。梅鶯の浪曲の定席には、いつも満員のお客さんが集まりました。また、梅鶯の浪曲は、レコードにも吹き込まれ、全国各地に流通しました。

梅鶯は、1945年に亡くなりましたが、その芸は現在でも多くの人々に受け継がれています。梅鶯の浪曲は、日本の伝統芸能の貴重な財産です。

義士伝の語り手としての活躍

義士伝の語り手としての活躍

義士伝の語り手としての活躍

春日井梅鶯(初代)は、その美声と義士伝の語り口で一世を風靡した浪曲師です。浪曲界における義士伝語りの第一人者とも言われています。

梅鶯は、1872年(明治5年)に愛知県春日井市に生まれました。幼少期から浪曲に興味を持ち、10代の頃から浪曲師として活動を始めました。1895年(明治28年)には、東京に出てきて浪曲の修行を重ね、1900年(明治33年)に「春日井梅鶯」の名で正式にデビューしました。

梅鶯は、義士伝を語る際、その美声と抑揚の効いた語り口で聴衆を魅了しました。特に、赤穂浪士の討ち入りを題材にした「元禄快挙録」は、梅鶯の十八番であり、その名演は伝説となっています。

梅鶯は、1925年(大正14年)に亡くなりましたが、その芸は弟子たちに受け継がれ、現在でも浪曲界で義士伝が語られています。梅鶯の義士伝語りは、浪曲の伝統を代表する芸であり、日本の文化遺産として大切にされています。

タイトルとURLをコピーしました