神田松鯉(初代)- 明治-大正時代の講談師

神田松鯉(初代)- 明治-大正時代の講談師

初代神田伯山の弟子として歩み出す

初代神田伯山の弟子として歩み出す

-初代神田伯山の弟子として歩み出す-

神田松鯉(初代)は、1873年(明治6年)1月15日、東京都に生まれました。本名は市川政吉です。

松鯉の父親は、神田左門町で材木商を営んでいました。松鯉は、幼い頃から講談が好きで、よく寄席に通っていました。

1888年(明治21年)、松鯉は15歳の時に初代神田伯山に入門しました。

伯山は、当時人気絶頂の講談師でした。松鯉は、伯山の元で講談のいろはを学びました。

1892年(明治25年)、松鯉は20歳で真打昇進を果たしました。松鯉は、寄席に出演するようになり、人気を集めました。

1898年(明治31年)、松鯉は25歳で初代神田松鯉を襲名しました。松鯉は、講談界の重鎮として活躍しました。1923年関東大震災では講談の会を妨害する暴漢を切り倒し、また災害で破壊された寄席小屋そのものが松鯉の自宅だったため復興の主体者となるなど活躍しました。

1933年(昭和8年)、松鯉は60歳で亡くなりました。松鯉は、講談界に大きな足跡を残しました。

松鯉は、講談の演目として、主に忠臣蔵や水滸伝を取り上げました。松鯉は、講談を話すときには、節をつけて話す独特の語り口調を持っていました。松鯉の語り口調は、人々を魅了しました。

松鯉は、講談を通じて、人々に日本の歴史や文化を伝えました。松鯉は、日本の伝統芸能の発展に貢献した偉大な講談師です。

「水滸伝」や「幡随院長兵衛」を語る

「水滸伝」や「幡随院長兵衛」を語る

「水滸伝」や「幡随院長兵衛」を語る

神田松鯉は、明治-大正時代の講談師で、講談界の中興の祖と呼ばれています。

松鯉は、1854年(安政元年)に江戸の日本橋で生まれました。本名は田中久次郎といいます。講談師の初代神田松鯉に弟子入りし、1872年(明治5年)に講談師としてデビューしました。

松鯉は、講談界の衰退を憂い、講談の近代化に取り組みました。松鯉は、従来の講談に新しい演目を導入し、講談の語り口も改良しました。松鯉の講談は、人情味あふれ、聴衆を惹きつけました。

松鯉は、特に「水滸伝」や「幡随院長兵衛」を語ることで知られていました。「水滸伝」は、中国の小説で、108人の豪傑が力を合わせて悪政に立ち向かう物語です。「幡随院長兵衛」は、日本の侠客の物語です。松鯉は、これらの演目を得意とし、聴衆を熱狂させました。

松鯉は、1909年(明治42年)に55歳で亡くなりましたが、講談界に大きな功績を残しました。松鯉の弟子には、神田伯山、神田松之丞など、多くの名講談師がいます。

弟子に3代を譲って神田松鯉と名乗る

弟子に3代を譲って神田松鯉と名乗る

神田松鯉(初代)

明治-大正時代の講談師。落語家の5代目柳亭痴楽(1876-1943)は松鯉の長男。

弟子に3代を譲って神田松鯉と名乗る

松鯉は1853年に江戸の浅草で生まれた。本名、沼波梅吉(ぬなみ ばいきち)。幼いころから講談の稽古を始め、17歳の時に神田伯山(1830-1893)に弟子入りし、伯山亭松鯉を名乗った。

松鯉はすぐに頭角を現し、20歳の時には真打に昇進した。そして1888年には独立して神田松鯉を襲名し、神田錦糸町に寄席を開設した。

松鯉は講談界の重鎮として活躍し、多くの弟子を育てた。その中には2代目神田松鯉(1875-1930)や3代目神田松鯉(1904-1981)もいる。

松鯉は1924年に引退し、71歳で亡くなった。

松鯉は、弟子に3代目松鯉を譲って神田松鯉と名乗っている。松鯉は、落語家の5代目柳亭痴楽の父として知られている。

タイトルとURLをコピーしました