悦堂英穆-室町・戦国時代の僧

悦堂英穆-室町・戦国時代の僧

定津院を開いた拈笑宗英の法を継ぐ

定津院を開いた拈笑宗英の法を継ぐ

定津院を開いた拈笑宗英の法を継ぐ

悅堂英穆は、室町時代後期から戦国時代にかけての臨済宗の僧である。号は悦堂、諱は英穆。美濃国(現在の岐阜県南部)の生まれ。

定津院を開いた拈笑宗英の法を継ぎ、詩文や書画に優れ、世に「悦堂和向」と呼ばれて敬われた。

定津院は、京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の寺院である。悦堂英穆が文明14年(1482年)に創建した。本尊は釈迦如来。山号は天祥山。

寺名の定津院は、悦堂英穆が師である拈笑宗英の示寂後、定津寺に宗英の法を継いで住職となり、寺を定津院と号したことに由来する。

定津院は、京都五山の一つである南禅寺の塔頭寺院であり、江戸時代には末寺を100以上有する大寺院であった。しかし、明治維新後の廃仏毀釈により、多くの寺宝が失われ、荒廃した。

現在では、本堂、庫裡、山門、鐘楼、弁天堂などの建物が残されており、国の重要文化財に指定されている。また、境内に悦堂英穆の墓がある。定津院は、現在も臨済宗南禅寺派の寺院として、檀家や参拝者によって親しまれている。

悅堂英穆は、天文23年(1554年)に定津院で示寂した。享年73。

師の没後に定津院2世となる

師の没後に定津院2世となる

-師の没後に定津院2世となる-

悦堂英穆は、1502年に摂津国の豪族である池田氏の出として生まれた。幼い頃から聡明で、15歳で京都に出て天龍寺に入り、住持の龍湫周沢に師事した。

英穆は龍湫周沢から厳しい指導を受け、禅の奥義を極めた。1536年に龍湫周沢が没すると、英穆は定津院の2世住持となった。

英穆は定津院の住持として、禅の普及に努めた。また、公家や武家とも親交があり、政治にも影響力を持った。1558年には、将軍足利義輝の命により、山科言継の調停に尽力した。

英穆は、1568年に67歳で亡くなった。英穆の死後、定津院の住持は、弟子の宗隣桂芳が継いだ。

英穆は、禅の奥義を極めた高僧であり、公家や武家からも尊敬を集めた。また、政治にも影響力を持っており、日本の歴史に大きな足跡を残した。

英穆は、1502年に摂津国の豪族である池田氏の出として生まれた。幼い頃から聡明で、15歳で京都に出て天龍寺に入り、住持の龍湫周沢に師事した。

英穆は龍湫周沢から厳しい指導を受け、禅の奥義を極めた。1536年に龍湫周沢が没すると、英穆は定津院の2世住持となった。

英穆は定津院の住持として、禅の普及に努めた。また、公家や武家とも親交があり、政治にも影響力を持った。1558年には、将軍足利義輝の命により、山科言継の調停に尽力した。

英穆は、1568年に67歳で亡くなった。英穆の死後、定津院の住持は、弟子の宗隣桂芳が継いだ。

英穆は、禅の奥義を極めた高僧であり、公家や武家からも尊敬を集めた。また、政治にも影響力を持っており、日本の歴史に大きな足跡を残した。

延徳2年に相模最乗寺に移る

延徳2年に相模最乗寺に移る

延徳2年に相模最乗寺に移る

悦堂英穆は、延徳2年(1490年)に相模最乗寺に移りました。最乗寺は、鎌倉時代の正和5年(1316年)に開山した臨済宗建長寺派の寺院です。最乗寺は、鎌倉五山の一つに数えられ、相模国(現在の神奈川県)を代表する禅寺として知られています。

悦堂英穆が最乗寺に移った理由は、はっきりとはわかっていません。しかし、悦堂英穆が最乗寺の住持に就任した可能性が高いと考えられています。悦堂英穆は、最乗寺で10年間ほど過ごし、その後、京都建仁寺に移りました。

悦堂英穆が最乗寺に移った頃、最乗寺は衰退していました。しかし、悦堂英穆の指導の下、最乗寺は復興を果たしました。悦堂英穆は、最乗寺に多くの弟子を集め、最乗寺を禅の学問所として発展させました。

悦堂英穆は、最乗寺で多くの著作を残しました。その代表作の一つが、『最乗寺聞書』です。『最乗寺聞書』は、悦堂英穆が最乗寺で弟子たちに説いた法話をまとめたものです。『最乗寺聞書』は、悦堂英穆の思想を知る上で重要な資料となっています。

悦堂英穆は、最乗寺で禅の学問を大いに発展させ、相模国を代表する禅寺として再興しました。悦堂英穆は、室町・戦国時代の最も重要な禅僧の一人であり、その思想は現在でも多くの禅僧に影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました