江渟裙代/豪族

江渟裙代/豪族

越の江渟(石川県)の豪族

越の江渟(石川県)の豪族

越の江渟(石川県)の豪族

江渟裙代は、石川県に居住していた古代の豪族です。江渟裙代の祖先は、越前国(福井県)の豪族である越智氏で、越智氏が石川県に移住して江渟裙代を名乗るようになりました。江渟裙代の居住地は、現在の石川県小松市と加賀市にまたがる地域で、この地域は江渟と呼ばれていました。

江渟裙代は、越前国と越中国(富山県)を結ぶ交通の要衝に位置しており、越前国と越中国の交易を支配していました。また、江渟裙代は、日本海沿岸の海運を支配しており、北陸地方と畿内地方の交易も支配していました。

江渟裙代は、越前国の豪族である越智氏と同盟関係を結んでおり、越前国と越中国の争いに介入していました。また、江渟裙代は、畿内の豪族である物部氏とも同盟関係を結んでおり、畿内の政治に介入していました。

江渟裙代は、6世紀に物部氏と蘇我氏の争いに介入して物部氏を支持しましたが、蘇我氏が勝利したため、江渟裙代は滅亡しました。江渟裙代の滅亡後、石川県は蘇我氏の支配下に入りました。

江渟裙代の遺跡は、石川県小松市と加賀市に数多く残されており、江渟裙代の生活や文化を垣間見ることができます。また、江渟裙代の伝承は、石川県の民話や伝説に数多く残されており、江渟裙代の存在は石川県の歴史に深い影響を与えています。

大王(おおきみ)と自称して調(みつぎ)をうばった道君

大王(おおきみ)と自称して調(みつぎ)をうばった道君

-江渟裙代/豪族-

-大王(おおきみ)と自称して調(みつぎ)をうばった道君-

江渟裙代は、現在の大阪府と兵庫県の一部にあたる地域に存在していた豪族です。

道君は、江渟裙代の豪族であり、大王(おおきみ)と自称していました。

道君は、大和朝廷に調を納めていましたが、後に調を納めるのをやめ、大和朝廷に反旗を翻しました。

大和朝廷は、道君の反乱を鎮圧するため、軍を派遣しました。

道君は、大和朝廷の軍勢を迎え撃ちましたが、敗北し、殺害されました。

道君の死後、江渟裙代の豪族は、大和朝廷に降伏しました。

道君の反乱は、大和朝廷の権威を揺るがすものでしたが、最終的には大和朝廷が勝利し、江渟裙代の豪族を服属させることに成功しました。

膳傾子(かしわでの-かたぶこ)が越に派遣され判明した事

膳傾子(かしわでの-かたぶこ)が越に派遣され判明した事

-膳傾子が越に派遣され判明したこと-

膳傾子は、江渟裙代の豪族で、越に派遣されて、その現状を調査しました。膳傾子が越に派遣されたのは、越が、倭の国の支配から離脱し、独立しようとしていたためです。膳傾子は、越に派遣されて、越の現状を調査し、倭の国の支配を維持するために必要な対策を講じました。

膳傾子が越に派遣されて判明したのは、越は、倭の国の支配から離脱し、独立しようとしているということでした。越は、倭の国の支配から離脱し、独立しようとするために、さまざまな動きをしていました。越は、倭の国の支配を弱体化させるために、倭の国の軍隊を攻撃したり、倭の国の支配を弱体化させるために、倭の国の支配者を離反させたりしていました。

膳傾子は、越に派遣されて判明したのは、越は、倭の国の支配から離脱し、独立しようとしているということでした。越は、倭の国の支配から離脱し、独立しようとするために、さまざまな動きをしていました。越は、倭の国の支配を弱体化させるために、倭の国の軍隊を攻撃したり、倭の国の支配を弱体化させるために、倭の国の支配者を離反させたりしていました。

膳傾子は、越に派遣されて判明したことを、倭の国の支配者に報告しました。倭の国の支配者は、膳傾子からの報告を受けて、越に派遣された軍隊を増やしたり、越に派遣された支配者を増やしたりして、越の独立を阻止するために、さまざまな対策を講じました。倭の国の支配者の対策により、越は、倭の国の支配から離脱し、独立することはできませんでした。

タイトルとURLをコピーしました