越叟義格 – 幕末・明治時代の僧侶

越叟義格 – 幕末・明治時代の僧侶

天保8年生まれ、筑前(福岡県)出身の僧侶

天保8年生まれ、筑前(福岡県)出身の僧侶

天保8年生まれ、筑前(福岡県)出身の僧侶

越叟義格は、筑前国(現在の福岡県)に生まれた僧侶である。幼い頃より仏縁深く、10歳の時に出家して僧侶となった。修行を重ねて、20歳の時にはすでに禅の奥義を極めていたという。

その後、九州各地を遊行して仏教を説き、多くの人々を救った。そして、明治維新後は、廃仏毀釈の嵐の中で、仏教の復興に尽力した。

越叟義格は、禅僧としてだけでなく、学者としても知られ、多くの仏教書を著した。また、書にも優れており、その書は「越叟書」と呼ばれ、現在でも多くの書家によって愛好されている。

越叟義格は、明治11年に遷化(亡くなること)したが、その教えは現在でも多くの仏教徒によって受け継がれている。また、その書は、多くの書家によって愛好され続けている。

越叟義格の生涯は、激動の時代を生き抜いた仏教者の生き方を示すものとして、現在でも多くの人々に語り継がれている。

越叟義格の功績

越叟義格は、仏教の復興に尽力しただけでなく、多くの仏教書を著し、書にも優れていた。また、社会事業にも熱心に取り組み、多くの貧しい人々を救った。

越叟義格の功績は、以下の通りである。

* 仏教の復興に尽力した。
* 多くの仏教書を著した。
* 書にも優れていた。
* 社会事業にも熱心に取り組んだ。

越叟義格は、その功績により、多くの人々から尊敬を集めている。

臨済宗の僧として相国寺の越渓守謙に師事

臨済宗の僧として相国寺の越渓守謙に師事

臨済宗の僧として相国寺の越渓守謙に師事

越叟義格は、幕末・明治時代の僧侶です。安政2年(1855年)、備中松山藩(現在の岡山県高梁市)に生まれました。幼名は義一。11歳の時に出家し、京都の相国寺で越渓守謙に師事しました。相国寺は、京都五山の筆頭寺院である臨済宗の総本山です。越溪守謙は、相国寺の住職を務めた高僧であり、多くの弟子を育てました。越叟義格も、越渓守謙から禅の教えを学び、修行に励みました。

越叟義格は、明治維新後に相国寺の住職になりました。また、東京の増上寺や鎌倉の円覚寺の住職も務めました。越叟義格は、禅の教えを説き、多くの弟子を育てました。また、仏教界の近代化にも尽力しました。明治17年(1884年)、越叟義格は死去しました。享年30歳でした。

越叟義格は、短い生涯でしたが、禅の教えを普及させ、仏教界の近代化に貢献しました。越叟義格の弟子の中には、後に禅宗を代表する高僧となる者が多くいました。例えば、鈴木大拙や釈宗演などです。越叟義格は、日本の禅宗史に大きな影響を与えた人物です。

越叟義格の禅の教えは、人間は皆、仏性を持っていると説いています。仏性とは、悟りの可能性を秘めた心のことです。越叟義格は、人間は皆、仏性を持っているのだから、悟りを目指して修行すべきだと説きました。越叟義格の禅の教えは、多くの人々に影響を与えました。

明治7年に国泰寺の住持となり、山岡鉄舟の援助で法灯派の本山とする

明治7年に国泰寺の住持となり、山岡鉄舟の援助で法灯派の本山とする

明治7年(1874年)に越叟義格は、国泰寺の住持となりました。国泰寺は、山岡鉄舟の援助によって、法灯派の本山となりました。山岡鉄舟は、幕末から明治にかけて活躍した剣客であり、維新後は政府高官を務めました。彼は、越叟義格の仏教に対する情熱に共感し、国泰寺を法灯派の本山にするために、多額の資金援助を行いました。

越叟義格は、明治16年(1883年)に国泰寺の住持を退き、東京に移り住みました。しかし、その後も、法灯派の僧侶として、仏教の布教に努めました。また、明治23年(1890年)には、日本仏教界の代表として、アメリカシカゴで開催された世界宗教会議に出席しました。

越叟義格は、明治27年(1894年)に77歳で亡くなりました。彼は、法灯派の発展に貢献しただけでなく、日本仏教界の発展にも貢献した偉大な僧侶でした。

山岡鉄舟は、越叟義格の仏教に対する情熱に共感し、国泰寺を法灯派の本山にするために、多額の資金援助を行いました。山岡鉄舟は、幼い頃から剣術を学び、幕末には新選組の幹部として活躍しました。維新後は、政府の役人を務め、明治12年(1879年)には、東京府知事に就任しました。

山岡鉄舟は、剣の達人であるとともに、仏教にも深い造詣を持っていました。彼は、越叟義格の教えに感銘を受け、国泰寺を法灯派の本山にするために、多額の資金援助を行いました。山岡鉄舟の援助によって、国泰寺は法灯派の本山となり、越叟義格の仏教に対する情熱が、より多くの人々に伝えられるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました