「商長首麻呂」

「商長首麻呂」

商長首麻呂の生涯

商長首麻呂の生涯

商長首麻呂の生涯

商長首麻呂は、614年に百済の武王(聖王)の息子として生まれました。彼は、幼い頃から聡明で、15歳で百済の太子となりました。641年には、日本に留学し、天智天皇の宮廷で学びました。

645年に、商長首麻呂は百済に帰国し、翌年、父の武王が死去したため、百済の王になりました。彼は、日本の援助を受けて、百済を強大にし、新羅や唐と戦いました。

660年に、唐と新羅の連合軍が百済を攻撃し、百済は滅亡しました。商長首麻呂は、日本に亡命し、近江朝廷に仕えました。彼は、日本の官僚として活躍し、701年に亡くなりました。

商長首麻呂は、百済の最後の王であり、日本の官僚として活躍した人物です。彼は、百済と日本の交流に貢献し、日本の文化に大きな影響を与えました。

商長首麻呂の生涯は、百済と日本の関係を象徴するものであり、両国の交流の歴史を学ぶ上で重要な人物です。

商長首麻呂の歌

商長首麻呂の歌

-小見出し 商長首麻呂の歌-

-*

商長首麻呂は、奈良時代の貴族であり、歌人です。彼は、多くの和歌を残しており、その多くは『万葉集』に収録されています。商長首麻呂の歌は、叙景歌が多く、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが中心です。また、旅の情景を詠んだ歌も多く、彼の旅好きの一端を垣間見ることができます。

商長首麻呂の歌の中で最も有名なものは、以下の歌でしょう。

-秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる-

この歌は、秋の訪れを詠んだもので、秋の気配がまだ目にはっきりと見えないものの、風の音に秋の到来を実感したという内容です。この歌は、秋の気配を繊細に表現しており、商長首麻呂の歌人としての才能がよく表れています。

商長首麻呂の歌は、叙景歌を中心に、旅の情景を詠んだ歌や恋の歌など、さまざまな内容の歌が残されています。彼の歌は、奈良時代の貴族たちの生活や文化を知る上で貴重な資料となっており、文学史的にも重要な意味を持っています。

商長首麻呂の格言

商長首麻呂の格言

商長首麻呂の格言

商長首麻呂(あきおさ の おびと)は、奈良時代中期の官僚・歌人。「商長首」は、蘇我氏の出自であるため「商」の名を持ち、また長官を務めていたので「長首」と呼ばれたという。

商長首麻呂は、天平13年(741年)に参議に任命され、天平15年(743年)には右京大夫に昇進した。その後、天平18年(746年)に左京大夫、天平19年(747年)には中納言に任命され、天平20年(748年)には大納言に昇進した。天平21年(749年)には左大臣に任命され、天平勝宝元年(749年)には太政大臣に昇進した。

商長首麻呂は、政務に非常に優れた人物であったと伝えられている。また、歌人としても知られ、万葉集に数多くの歌を残している。

商長首麻呂の格言

商長首麻呂は、政務に非常に優れた人物であったため、数多くの格言を残している。その中でも、特に有名な格言が「言は拙くとも、心は達す」である。この格言は、言葉は拙くても、その言葉に込められた思いは必ず相手に伝わるという意味である。

商長首麻呂は、この格言を常に心に留めて、政務に励んでいた。そのため、商長首麻呂は、多くの国民から敬愛された。商長首麻呂の格言は、今日でも多くの政治家に引用されており、その政治理念は、現在でも受け継がれている。

その他にも、商長首麻呂は「誠は万事の基」や「己を修めずして、人を責むべからず」などの格言を残している。これらの格言は、商長首麻呂の政治理念をよく表しており、今日でも多くの人に影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました