「漢山口大口」 飛鳥時代の仏師

「漢山口大口」 飛鳥時代の仏師

漢山口大口とは

漢山口大口とは

-漢山口大口とは-

漢山口大口は、飛鳥時代の仏師です。名前の由来は、大和国添下郡漢山口(現在の奈良県桜井市)に居住していたことからとされています。漢山口大口は、飛鳥寺や薬師寺などの仏像を制作したことで知られています。

漢山口大口の作風は、写実的で力強い作風が特徴です。また、仏像の顔や身体の動きを巧みに表現しており、仏像に命を吹き込んだ作品として高く評価されています。

漢山口大口は、飛鳥時代の仏教美術の発展に大きく貢献した仏師です。その作品は、現在もなお多くの人々を魅了しています。

-漢山口大口の代表作-

漢山口大口の代表作には、以下のものがあります。

* 飛鳥寺金堂の釈迦如来坐像
* 薬師寺金堂の薬師如来坐像
* 興福寺五重塔の釈迦如来坐像
* 法隆寺金堂の薬師如来坐像
* 東大寺大仏殿の盧舎那仏坐像

これらの作品は、いずれも飛鳥時代の仏教美術を代表する名作です。漢山口大口の作風が遺憾なく発揮されており、仏像の顔や身体の動きを巧みに表現しています。

-漢山口大口の評価-

漢山口大口は、飛鳥時代の仏教美術の発展に大きく貢献した仏師です。その作品は、現在もなお多くの人々を魅了しています。

漢山口大口の作品は、写実的で力強い作風が特徴です。また、仏像の顔や身体の動きを巧みに表現しており、仏像に命を吹き込んだ作品として高く評価されています。

漢山口大口は、飛鳥時代の仏教美術を代表する仏師であり、その作品は現在もなお多くの人々を魅了しています。

東漢氏の系譜

東漢氏の系譜

-東漢氏の系譜-

漢山口大口は、東漢氏の二代目、漢山口大口(はにやまぐちのおおくち)として生まれており、弟に東漢末流(はにやまぐちのすえる)、息子の漢山口奉(はにやまぐちのたてまつる)の系譜をもつ。

-東漢末流-

東漢末流は、東漢氏の二代目として生まれ、兄に漢山口大口、息子に漢山口奉、孫に東漢春隅(はにやまぐちのはるすみ)等を持つ。

東漢末流は、持統天皇の6年(692年)に官人となり、大宝2年(702年)に公事に従事したことが記録されており、また、美作国(岡山県)の美作国分寺や備中国(岡山県)の備中国分寺の薬師如来像を製作したことが伝えられている。

-東漢奉-

東漢奉は、東漢氏の三代目として生まれ、父に漢山口大口、兄に東漢末流、息子に東漢春隅、孫に東漢千尋(はにやまぐちのちひろ)がいる。

東漢奉は、天平勝宝2年(750年)に官人となり、天平宝字5年(761年)に東大寺の大仏の修理に携わったことが記録されている。

-東漢春隅-

東漢春隅は、東漢氏の四代目として生まれ、父に漢山口奉、兄に東漢千尋、息子に東漢夏隅(はにやまぐちのなつすみ)を持つ。

東漢春隅は、弘仁11年(820年)に官人となり、天長2年(825年)に東大寺の大仏の修理に携わったことが記録されている。

-東漢千尋-

東漢千尋は、東漢氏の四代目として生まれ、父に東漢奉、弟に東漢夏隅、息子に東漢縄隅(はにやまぐちのなわすみ)を持つ。

東漢千尋は、承和14年(847年)に官人となり、貞観元年(859年)に東大寺の大仏の修理に携わったことが記録されている。

-東漢夏隅-

東漢夏隅は、東漢氏の四代目として生まれ、父に東漢春隅、兄に東漢縄隅、息子に東漢智隅(はにやまぐちのともすみ)を持つ。

東漢夏隅は、貞観元年(859年)に官人となり、貞観6年(864年)に東大寺の大仏の修理に携わったことが記録されている。

-東漢智隅-

東漢智隅は、東漢氏の四代目として生まれ、父に東漢夏隅、姉に東漢清隅(はにやまぐちのきよすみ)がいる。

東漢智隅は、仁和3年(887年)に官人となり、寛平5年(893年)に東大寺の大仏の修理に携わったことが記録されている。

名作-四天王像

名作-四天王像

-「漢山口大口」 飛鳥時代の仏師-

-名作-四天王像-

漢山口大口は、飛鳥時代の仏師であり、作風は木彫仏の安置仏を多く、奈良県明日香村の飛鳥寺、四天王寺、大阪の聖徳太子墓、法隆寺などに安置されている四天王像の傑作が有名である。

-四天王像-

四天王像は大口の代表作であり、法隆寺金堂に安置されている。四天王とは、仏教の守護神であり、持国天は東方を、広目天は南方、多聞天は西方、増長天は北方を守護する。

四天王像は、木彫りの寄木造りで、全身に金箔が施されている。像の大きさは、持国天が高さ159.8cm、広目天が高さ159.2cm、多聞天が高さ159.0cm、増長天が高さ159.2cmである。

四天王像は、写実性と理想性が融合した作風であり、飛鳥時代の仏像の最高傑作と言われている。像の顔は、丸顔で、目は切れ長、鼻は高く、口は小さく、顎はしゃくれている。身体は、筋肉質で、手足は長く、腰は細い。

四天王像は、飛鳥時代の仏像の代表作であり、日本美術史上において重要な位置を占めている。

タイトルとURLをコピーしました