大村はま:国語教育に貢献した教育者

大村はま:国語教育に貢献した教育者

大村はまの生涯

大村はまの生涯

大村はまの生涯

大村はまは、1886年(明治19年)1月29日に、現在の東京都八王子市に生まれました。父は医師、母は看護師であり、はまは5人兄弟の3番目でした。はまは幼少期から成績優秀で、1904年(明治37年)に東京女子高等師範学校(現在の東京学芸大学)に入学しました。

はまは在学中に国語教育に興味を持ち、1908年(明治41年)に卒業後は、東京府立第一高等女学校(現在の東京都立白鷗高等学校)の教員として勤務しました。1912年(明治45年)には、国語教育の専門書である「国語教授法」を出版し、その後の国語教育に大きな影響を与えました。

1918年(大正7年)には、東京女子高等師範学校の教授に就任し、国語教育の研究と指導に当たりました。1933年(昭和8年)には、東京女子高等師範学校の校長に就任し、1946年(昭和21年)までその職を務めました。

1948年(昭和23年)には、国語審議会の会長に就任し、1951年(昭和26年)には、国語審議会報告書である「これからの国語教育」をまとめました。この報告書は、その後の国語教育に大きな影響を与え、はまの国語教育に対する功績は高く評価されています。

はまは、1974年(昭和49年)12月22日に、88歳で亡くなりました。はまの功績を称えて、1975年(昭和50年)には、東京都八王子市に「大村はま記念館」が開館しました。

大村単元学習の理念と実践

大村単元学習の理念と実践

-# 大村単元学習の理念と実践

大村はまは、国語教育に貢献した教育者です。彼女は、単元学習の理念を提唱し、実践しました。単元学習とは、児童生徒の興味・関心に基づいて学習内容を構成し、児童生徒が自ら学びを深めていく学習方法です。

大村は、単元学習の理念として、以下の4つを挙げています。

1. 児童生徒の興味・関心に基づくこと
2. 児童生徒が自ら学びを深めていくこと
3. 児童生徒が社会の中で生きていく上で必要な資質・能力を育てること
4. 児童生徒が民主的な社会を築いていく上で必要な資質・能力を育てること

大村は、これらの理念に基づいて、様々な単元学習の実践を行いました。その一つが、「生活学習」です。生活学習とは、児童生徒の日常生活の中から学習内容を抽出し、児童生徒が自ら学びを深めていく学習方法です。大村は、生活学習を行うことで、児童生徒が社会の中で生きていく上で必要な資質・能力を育てることを目指しました。

もう一つの実践が、「社会科単元学習」です。社会科単元学習とは、児童生徒が社会の中で生きていく上で必要な知識や技能を育てるために、社会科の学習内容を基に行う学習方法です。大村は、社会科単元学習を行うことで、児童生徒が民主的な社会を築いていく上で必要な資質・能力を育てることを目指しました。

大村の単元学習の実践は、多くの教育者から評価され、全国に広がりました。現在でも、単元学習は、小学校や中学校の国語教育において広く実践されています。

大村のはまの単元学習の理念と実践は、国語教育に大きな影響を与えました。彼女の理念と実践は、児童生徒が自ら学びを深めていく学習方法として、現在でも多くの教育者から支持されています。

大村はまの著書と教育への影響

大村はまの著書と教育への影響

大村はまの著書と教育への影響

大村はまは、国語教育に多大な貢献をした教育者です。彼女は、明治時代から昭和時代にかけて活躍し、国語教育の分野で多くの著書を残しました。また、全国各地で講演を行い、国語教育の普及に努めました。

大村はまの著作の中で最も有名なのは、1921年に出版された「国語教育の実際」です。この本は、国語教育の理論と実践を詳しく解説したもので、当時の国語教育界に大きな影響を与えました。

「国語教育の実際」で、大村はまは、国語教育の目的は「国語を正しく理解し、正しく表現できるようにすること」であると述べています。そして、そのために必要なことは、「言葉を正しく理解すること」「語彙を豊かにすること」「文章を書く力を養うこと」であるとしています。

大村はまは、国語教育において、生徒の自発的な学習を重視しました。彼女は、生徒に自分で考えさせ、自分で表現させることで、国語の力を伸ばすことができると信じていました。

また、大村はまは、国語教育において、生徒の興味・関心を大切にしました。彼女は、生徒が興味・関心を持っている題材を取り上げれば、生徒は進んで学習するようになるとしています。

大村はまの教育思想は、現代の国語教育にも大きな影響を与えています。彼女の著作は、今もなお、多くの国語教師に読まれ、参考にされています。

タイトルとURLをコピーしました