大野木秀次郎とは?〜明治・大正・昭和に生きた政治家〜

大野木秀次郎とは?〜明治・大正・昭和に生きた政治家〜

大野木秀次郎の生い立ちと経歴

大野木秀次郎の生い立ちと経歴

-大野木秀次郎の生い立ちと経歴-

大野木秀次郎は、1855年(安政2年)6月25日に、長門国豊浦郡小串村(現・山口県下関市長府)の土豪の家に生まれた。幼名は良輔。父は大野木良充、母は真野氏。大野木家は代々、小串村の庄屋を務めており、秀次郎もまた、若い頃から村政に関わっていた。

1873年(明治6年)、秀次郎は上京して東京専門学校(現・早稲田大学)に入学。政治経済を学び、1877年(明治10年)に卒業した。卒業後は、大蔵省に入り、税務官として各地を転任した。

1890年(明治23年)、秀次郎は衆議院議員に当選。以後、6期連続で当選を果たした。1900年(明治33年)には、第4次伊藤内閣で農商務大臣に任命され、1901年(明治34年)には、第1次桂内閣で内務大臣に任命された。

1906年(明治39年)、秀次郎は貴族院議員に勅選され、1911年(明治44年)には、第2次桂内閣で文部大臣に任命された。1914年(大正3年)には、第3次桂内閣で内務大臣に再任され、1916年(大正5年)には、第2次大隈内閣で内務大臣に三度目となる任命を受けた。

1918年(大正7年)、秀次郎は政界を引退。1926年(昭和元年)に、東京で死去した。享年71。

大野木秀次郎の政治活動

大野木秀次郎の政治活動

大野木秀次郎の政治活動

大野木秀次郎は、明治・大正・昭和に生きた政治家です。衆議院議員を11期務め、運輸大臣や内閣官房長官を歴任しました。また、自由民主党の幹事長や総務会長も務めました。

大野木秀次郎は、1886年(明治19年)に長野県で生まれました。早稲田大学を卒業後、新聞記者として働きました。1920年(大正9年)に衆議院議員に初当選し、その後11期連続当選を果たしました。

大野木秀次郎は、自由民主党の前身である自由党に所属し、党の重鎮として活躍しました。1946年(昭和21年)に運輸大臣に就任し、1950年(昭和25年)には内閣官房長官に就任しました。また、1960年(昭和35年)から1963年(昭和38年)まで自由民主党の幹事長を務め、1964年(昭和39年)から1966年(昭和41年)まで総務会長を務めました。

大野木秀次郎は、1967年(昭和42年)に死去しました。享年81歳でした。大野木秀次郎は、戦後日本の政治に大きな影響を与えた政治家の1人です。

大野木秀次郎の死と功績

大野木秀次郎の死と功績

– 大野木秀次郎の死と功績 –

大野木秀次郎は、1915年(大正4年)12月29日、肺炎により64歳で死去した。

大野木秀次郎は、明治・大正・昭和に生きた政治家であり、衆議院議員や逓信大臣、鉄道大臣を歴任した。

大野木秀次郎は、政治家として、鉄道の発展に尽力し、また、逓信事業の近代化にも貢献した。

大野木秀次郎の功績は、鉄道の発展と逓信事業の近代化にあり、その功績は今日まで受け継がれている。

大野木秀次郎の死は、日本の政界に大きな衝撃を与え、その死を悼む声が数多く寄せられた。

大野木秀次郎は、日本の近代化に貢献した政治家であり、その功績は今日まで称えられている。

タイトルとURLをコピーしました