木下家定 – 豊臣秀吉の重臣となった尾張出身の大名

木下家定 – 豊臣秀吉の重臣となった尾張出身の大名

木下家定の生涯と功績

木下家定の生涯と功績

木下家定の生涯と功績

木下家定(きのしたいえさだ、1543年 – 1608年)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将、大名。尾張国出身で、豊臣秀吉の重臣として活躍した。

幼少期から秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦いや九州平定など、多くの戦いで活躍した。また、文禄・慶長の役では、朝鮮出兵の軍監として渡海し、秀吉の死後は徳川家康に仕えた。

家定は、武功だけでなく、行政手腕にも優れており、備前岡山藩の初代藩主として、領内の産業振興や治水事業に尽力した。また、茶道や和歌にも通じ、文人としても知られた。

家定は、1608年に病死した。享年66。

木下家定の功績は、以下の通りである。

1. 賤ヶ岳の戦いでの活躍
2. 九州平定での活躍
3. 文禄・慶長の役での活躍
4. 備前岡山藩の初代藩主として領内の産業振興や治水事業に尽力
5. 茶道や和歌にも通じ、文人としても知られた

木下家定は、豊臣秀吉の重臣として活躍し、文武両道に優れた人物であった。

関ケ原の戦いで家康に属した木下家定

関ケ原の戦いで家康に属した木下家定

関ケ原の戦いで家康に属した木下家定

木下家定は、尾張出身の大名で、豊臣秀吉の重臣として活躍しました。関ケ原の戦いで家康に属し、戦後は徳川幕府の旗本として仕えました。

木下家定は、永禄6年(1563年)に尾張国海東郡木下村(現在の愛知県名古屋市緑区)で生まれました。家定は、幼い頃から秀吉に仕え、天正10年(1582年)の本能寺の変では、秀吉の命で毛利輝元を説得して味方につけました。

天正13年(1585年)、秀吉が九州を平定すると、家定は肥後国(現在の熊本県)の隈本城を与えられました。家定は、隈本城を拠点として、九州の統治に当たりました。

天正18年(1590年)、秀吉が小田原城を攻めると、家定は秀吉に従って小田原城を攻撃しました。小田原城が落城すると、家定は関東地方の統治を任されました。

慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、家定は豊臣秀頼を擁立して、徳川家康と対立しました。しかし、関ケ原の戦いで家康が勝利すると、家定は家康に降伏しました。

家康は、家定の功績を認めて、家定に尾張国海東郡木下村5,000石を与えました。家定は、木下村で隠居し、慶長15年(1610年)に死去しました。

木下家定の死とその後

木下家定の死とその後

木下家定の死とその後

1598年(慶長3年)8月18日、木下家定は63歳で亡くなりました。死因は不明ですが、病死または暗殺された可能性が高いと言われています。家定の死後、その領地は次男の木下利房が継ぎ、家定が築いた木下家は利房の代に断絶しました。

利房は家定が亡くなったとき、まだ14歳で、まだ幼かったため、家定の弟の木下家忠が後見人として政務を代行しました。家忠は家定の死後、豊臣秀吉の命で、豊臣恩顧の大名たちが結集した「豊臣五大老」の一人として、豊臣政権の運営に参画しました。

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いが起こると、家忠は石田三成率いる西軍に味方しました。しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、家忠は徳川家康に降伏しました。家康は家忠の降伏を許し、その領地を安堵しました。

関ヶ原の戦いの後、豊臣政権は崩壊し、徳川政権が樹立されました。家忠は徳川政権下でも、豊臣恩顧の大名として、徳川家康に仕えました。家忠は1615年(元和元年)、大坂夏の陣で豊臣秀頼を攻め、その功績により、加増を受けて越後国高田藩20万石の大名となりました。

家忠は1623年(元和9年)に63歳で亡くなりました。家忠の死後、その領地は長男の木下利房が継ぎ、木下家は利房の代に断絶しました。

タイトルとURLをコピーしました