赤池弘次 – 統計解析とTIMSACの開発で知られる数学者

赤池弘次 – 統計解析とTIMSACの開発で知られる数学者

赤池弘次の生涯と経歴

赤池弘次の生涯と経歴

-赤池弘次の生涯と経歴-

赤池弘次は1927年11月6日、名古屋市に生まれた。1950年に名古屋大学理学部数学科を卒業し、1952年に同大学院理学研究科修士課程を修了した。その後、1955年に同大学院理学研究科博士課程を修了し、理学博士号を取得した。

1956年に名古屋大学理学部助教授に就任し、1962年に同大学理学部教授に昇進した。1970年に東京大学理学部教授に就任し、1973年に同大学工学部教授に転任した。1978年に統計数理研究所所長に就任し、1988年に同研究所名誉教授に就任した。

赤池弘次は、統計解析とTIMSACの開発で知られる数学者である。統計解析の分野では、赤池情報量規準(AIC)を開発し、モデル選択の分野に大きな貢献をした。また、TIMSAC(タイムシリーズモデル自動検出・同定・制御システム)を開発し、システム同定の分野に大きな貢献をした。

赤池弘次は、1985年に朝日賞を受賞し、1990年に国際数理統計学会フェローに選出された。また、1998年に日本学士院会員に選出された。

赤池弘次は、2009年4月6日に81歳で亡くなった。

赤池情報量規準AICの提唱

赤池情報量規準AICの提唱

赤池情報量規準AICの提唱

赤池弘次は、1973年に赤池情報量規準(AIC)というモデル選択基準を提案しました。AICは、統計モデルの複雑さとそのモデルがデータにどれだけうまく適合しているかを考慮してモデルを選択する基準です。AICは、統計学において最も広く使用されているモデル選択基準の一つです。

AICは、次のように計算されます。

AIC = 2k – 2log(L)

ここで、kはモデルのパラメータの数、Lはモデルの尤度です。AICが小さいモデルほど、データにうまく適合していると考えられます。

AICは、統計モデルを比較して、最も良いモデルを選択するのに使用されます。AICが小さいモデルは、より複雑なモデルよりもデータにうまく適合していると考えられます。しかし、AICが小さいモデルは、必ずしもより良いモデルであるとは限りません。AICは、モデルの複雑さとそのモデルがデータにどれだけうまく適合しているかを考慮してモデルを選択する基準であり、モデルを選択する際には、AIC以外にも考慮すべき要素があります。

AICは、統計学において最も広く使用されているモデル選択基準の一つであり、様々な分野で使用されています。AICは、経済学、工学、生物学、医学など、様々な分野で使用されています。AICは、統計モデルを比較して、最も良いモデルを選択するのに役立つ強力なツールです。

実践的なコンピュータープログラムTIMSACの開発

実践的なコンピュータープログラムTIMSACの開発

実践的なコンピュータープログラムTIMSACの開発

赤池弘次は、実践的なコンピュータープログラムTIMSACの開発でも知られています。TIMSACは、時系列データの分析とモデル化のためのソフトウェアパッケージであり、赤池情報量規準(AIC)をベースにしています。AICは、モデルの複雑さと説明能力のバランスを考慮して、最良のモデルを選択するための統計的手法です。

TIMSACは、時系列データの分析に特化した使いやすいプログラムです。TIMSACを使用すると、ユーザーは、データのグラフィカルな表示、モデルの推定と検証、予測の作成を簡単に行うことができます。TIMSACは、経済学、金融、工学、生物学など、さまざまな分野で使用されています。

TIMSACは、赤池弘次が1970年代に開発しました。赤池弘次は、TIMSACを開発する際に、コンピュータープログラムの使いやすさと統計的手法の厳密さを両立させることに重点を置きました。その結果、TIMSACは、統計の専門家だけでなく、統計の知識が限られているユーザーにも使いやすいプログラムとなりました。

TIMSACは、時系列データの分析に特化したソフトウェアパッケージとしては、世界で最も広く使用されているプログラムのひとつです。TIMSACは、その使いやすさと統計的手法の厳密さから、多くの研究者や実務家から高い評価を得ています。

タイトルとURLをコピーしました