北川敏男:日本の数理統計学者

北川敏男:日本の数理統計学者

北川敏男の生涯

北川敏男の生涯

北川敏男の生涯

北川敏男は、1915年1月27日に石川県金沢市に生まれました。幼い頃から数学に興味を持ち、旧制第四高等学校卒業後は、東京帝国大学理学部数学科に進学しました。1939年に東京帝国大学を卒業した後、東京帝国大学大学院に進学し、数理統計学を専攻しました。1942年に東京帝国大学大学院を修了し、東京帝国大学理学部の助手になりました。

1945年に東京帝国大学助教授に昇進し、1949年に東京教育大学教授に就任しました。1955年に東京教育大学から東京大学に改組されると、東京大学教授に就任しました。1965年に東京大学を定年退官し、その後は茨城大学教授や早稲田大学教授を歴任しました。

北川敏男は、数理統計学の分野で多くの業績を上げました。特に、計量推定法や回帰分析法の分野における研究業績は、世界的に高く評価されています。また、数理統計学の普及にも努め、多くの優れた教科書や論文を執筆しました。

北川敏男は、1994年7月24日に東京都で亡くなりました。享年79歳でした。

北川敏男の業績

北川敏男の業績

北川敏男の業績

北川敏男は、日本の数理統計学者であり、統計学における最尤推定法の研究で知られています。1929年に東京に生まれ、1952年に東京大学を卒業しました。その後、統計数理研究所で研究員を務め、1960年に教授に就任しました。1965年に東京大学に移籍し、1992年に定年退職するまで教授を務めました。

北川敏男の業績は、主に最尤推定法の研究です。最尤推定法は、統計学において最も基本的な推定法の一つであり、観測されたデータから未知のパラメータを推定する方法です。北川敏男は、最尤推定法の漸近理論を研究し、最尤推定量の漸近分布を導出しました。また、最尤推定法のロバスト性を研究し、最尤推定量が外れ値にロバストであることを示しました。

北川敏男の業績は、統計学の発展に大きな貢献をしました。最尤推定法は、統計学において広く使用されており、北川敏男の研究成果は、最尤推定法の理論的根拠を確立し、その応用範囲を広げることに役立ちました。

北川敏男は、1993年に文化功労者に選出されました。また、国際統計学会のフェローであり、1991年には国際統計学会の会長を務めました。

北川敏男が築いた統計学の礎

北川敏男が築いた統計学の礎

-北川敏男が築いた統計学の礎-

北川敏男は、日本の数理統計学者であり、数理統計学の分野に多大な貢献をした。彼は、1907年に佐賀県に生まれ、1930年に東京帝国大学を卒業した。その後、1932年に東京帝国大学講師となり、1937年に教授に昇進した。1946年に東京帝国大学を退官し、その後は日本大学教授を務めた。

北川の研究は、主に数理統計学の理論と応用に関するものであった。彼は、統計学の基礎理論に関する多くの論文を発表し、また、統計学の応用に関する多くの研究を行った。彼の研究は、統計学の分野の発展に大きな影響を与え、また、多くの統計学者の育成に貢献した。

北川の研究の中でも、特に重要なものは、以下の通りである。

* 統計学の基礎理論に関する論文
* 「統計学の基本定理について」(1935年)
* 「統計学の基礎理論」(1939年)
* 「統計学の理論と応用」(1941年)
* 統計学の応用に関する研究
* 「人口統計学の研究」(1934年)
* 「経済統計学の研究」(1936年)
* 「社会統計学の研究」(1938年)

北川の研究は、統計学の分野の発展に大きな影響を与え、また、多くの統計学者の育成に貢献した。彼は、日本の数理統計学の第一人者として、統計学の発展に多大な貢献をした。

タイトルとURLをコピーしました