「秋田治季」(⇒秋田延季)について

「秋田治季」(⇒秋田延季)について

「秋田治季」とは

「秋田治季」とは

「秋田治季」とは

秋田治季(生年不詳 – 享禄3年4月12日(1530年5月19日))は、戦国時代の武将。陸奥国会津の戦国大名。岩瀬郡岩瀬村出身。父は岩瀬郡岩瀬村に住んでいた秋田政季。

幼名は治季で、後に延季に改名した。兄に政季、政胤、弟に延成、延雄がいた。また、養子に相馬盛胤。

永正11年(1514年)に岩瀬郡岩瀬村を本拠として岩瀬郡を平定し、岩瀬郡の領主となり、岩瀬城を築いた。また、名字を岩瀬から秋田に変えた。

大永6年(1526年)には、会津郡の戦国大名である蘆名盛舜と同盟を結び、伊達氏と戦い、勝利を収めた。

享禄3年(1530年)4月12日、大内定綱の侵攻を受けて岩瀬城で自刃した。

「秋田延季」と「秋田治季」の関係

「秋田延季」と「秋田治季」の関係

「秋田延季」と「秋田治季」の関係

「秋田延季」と「秋田治季」は別人である。秋田延季は、室町時代初期の武将・大名であり、黒田城を拠点に活躍した。一方、秋田治季は、秋田延季の孫であり、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

秋田延季は、元弘3年(1333年)に鎌倉幕府滅亡後、建武政権に仕えたが、後に北条氏に与して建武政権に反旗を翻した。延文元年(1356年)には、菊池武光に攻められて黒田城を奪われたが、後に奪還した。

秋田治季は、秋田延季の孫であり、貞治5年(1366年)に生まれた。応安4年(1371年)に祖父の秋田延季が死去すると、家督を相続して黒田城に入った。治季は、足利将軍家に仕えて活躍し、応永31年(1424年)に死去した。

秋田延季と秋田治季は別人であるが、祖父と孫の関係であり、同じ黒田城を拠点に活躍している。また、両者とも足利将軍家に仕えており、室町幕府の有力な武将であった。

「秋田治季」の業績

「秋田治季」の業績

-「秋田治季」の業績-

秋田治季は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。羽柴秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦いで功績を挙げました。その後、秀吉によって豊臣政権の五大老に任命され、豊臣秀次とともに天下を統治しました。

治季の業績としては、賤ヶ岳の戦いで賤ヶ岳城を守り抜いたことが挙げられます。この戦いで、治季は柴田勝家軍と激戦を繰り広げ、最終的には勝利を収めました。この功績により、治季は秀吉から出雲国松江城を賜り、守護大名となりました。

また、治季は豊臣政権の五大老に任命され、天下を統治しました。五大老は、豊臣秀吉の直属の部下として、政務や軍事を取り仕切る役職でした。治季は、五大老の一人として、豊臣政権の運営に貢献しました。

さらに、治季は、豊臣秀次とともに朝鮮出兵にも参加しました。朝鮮出兵は、1592年から1598年にかけて、豊臣秀吉が朝鮮に起こした侵略戦争です。治季は、秀次とともに朝鮮に渡り、戦功を挙げました。

しかし、治季は1598年に秀吉が死去すると、秀次とともに豊臣政権から追放されました。その後、治季は切腹して自害しました。治季の死は、豊臣政権の衰退を象徴する出来事となりました。

タイトルとURLをコピーしました