秋元行朝とは?

秋元行朝とは?

秋元行朝(⇒秋元景朝)とは誰なのか?

秋元行朝(⇒秋元景朝)とは誰なのか?

秋元行朝(⇒秋元景朝)とは誰なのか?

秋元景朝(あきもと かげとも/ゆきとも)は、室町時代後期の武将。秋元氏7代当主。美濃国武儀郡秋元邑(現在の岐阜県武儀郡武儀町秋元)の豪族。子の秋元忠朝は出家して、大恩寺3代住職となった。

秋元行朝(あきもと ゆきとも)は、秋元氏の祖といわれる景朝の子であり、美濃国武儀郡秋元邑(現在の岐阜県武儀郡武儀町秋元)を拠点とした。

景朝は、元中8年/興国7年(1341年)、観応の擾乱の際に足利尊氏に属して南朝軍と戦い、功を挙げた。その後、美濃守護に任命され、秋元城を築いて武儀郡を支配した。

行朝は、父景朝の死後、秋元氏7代当主となり、美濃守護職を継いだ。康暦2年(1380年)、斎藤氏と争って敗れ、一時的に秋元邑を追われたが、その後、再び秋元邑に戻り、秋元城を再建した。

行朝は、応永14年(1407年)、孫の忠朝に家督を譲って隠居し、応永28年(1421年)に死去した。

秋元氏は、戦国時代には美濃国の有力な国人領主として活躍し、斉藤道三や織田信長に仕えた。江戸時代には、徳川家康の旗本として存続し、明治維新を迎えた。

秋元景朝が有名になったのはなぜなのか?

秋元景朝が有名になったのはなぜなのか?

秋元景朝が有名になったのはなぜなのか?

秋元景朝は、戦国時代の武将で、三河国の戦国大名である松平氏の家臣です。徳川家康の父である松平広忠に仕え、今川氏や武田氏との戦いで活躍しました。

景朝が有名になったのは、1560年に行われた桶狭間の戦いです。この戦いで、景朝は今川義元の嫡男である今川氏真を討ち取り、今川氏の勢力を弱体化させました。

景朝は、桶狭間の戦いの後も、家康に仕えて活躍しました。1562年の三河一向一揆の平定や、1573年の姉川の戦いで活躍しています。

景朝は、1582年に63歳で亡くなりました。景朝の死後、家康は景朝の功績を称え、その墓所を整備しました。

景朝が有名になったのは、桶狭間の戦いで今川氏真を討ち取った功績が大きいです。また、景朝は、家康に仕えて活躍し、家康の天下統一に貢献しました。

景朝は、その功績から、松平氏や徳川氏に仕えた武将の中で、最も有名な武将の一人となっています。

秋元行朝と秋元景朝の違いとは?

秋元行朝と秋元景朝の違いとは?

-秋元行朝とは?-

秋元行朝(あきもと ゆきとも)は、鎌倉時代後期の武将。三河国額田郡秋元郷を領して秋元氏の祖となった。

-秋元行朝と秋元景朝の違いとは?-

秋元行朝と秋元景朝は、ともに鎌倉時代後期の武将であり、同時期に活躍した人物である。しかし、両者にはいくつかの違いがある。

-氏族-

秋元行朝は、三河国額田郡秋元郷を領して秋元氏の祖となった。一方、秋元景朝は、三河国碧海郡蟹江郷を領して蟹江氏の祖となった。

-経歴-

秋元行朝は、建長4年(1252年)に鎌倉幕府に仕えた。正嘉2年(1258年)には、承久の乱で功績をあげた御家人・佐々木盛綱の所領である三河国額田郡秋元郷を与えられた。その後、文永11年(1274年)に蒙古襲来が起こると、秋元行朝は御家人として蒙古軍と戦った。

一方、秋元景朝は、はじめ足利家氏に仕えた。その後、建長4年(1252年)に鎌倉幕府に仕えた。正嘉2年(1258年)には、承久の乱で功績をあげた御家人・佐々木盛綱の所領である三河国碧海郡蟹江郷を与えられた。その後、文永11年(1274年)に蒙古襲来が起こると、秋元景朝は御家人として蒙古軍と戦った。

-功績-

秋元行朝は、鎌倉幕府に仕え、蒙古襲来では御家人として蒙古軍と戦った。また、三河国額田郡秋元郷を領して秋元氏の祖となった。

一方、秋元景朝は、鎌倉幕府に仕え、蒙古襲来では御家人として蒙古軍と戦った。また、三河国碧海郡蟹江郷を領して蟹江氏の祖となった。

-両者の関係-

秋元行朝と秋元景朝は、ともに鎌倉時代後期の武将であり、同時期に活躍した人物である。両者は、ともに鎌倉幕府に仕え、蒙古襲来では御家人として蒙古軍と戦った。また、両者はともに三河国の出身であり、秋元行朝は三河国額田郡秋元郷を領して秋元氏の祖となったのに対し、秋元景朝は三河国碧海郡蟹江郷を領して蟹江氏の祖となった。

タイトルとURLをコピーしました