勝海舟の生涯と功績

勝海舟の生涯と功績

勝海舟の生い立ちと経歴

勝海舟の生い立ちと経歴

勝海舟の生い立ちと経歴

勝海舟は、1823年(文政6年)2月9日、江戸の築地にあった旗本・勝小吉の三男として生まれました。幼名は麟太郎、のちに海舟と改名します。

海舟の父・小吉は、旗本でありながら蘭学を学び、西洋の科学や兵学に通じていました。海舟もまた、幼い頃から父の影響を受けて蘭学を学び、西洋の知識を吸収していきます。

1839年(天保10年)、16歳の海舟は、幕府の海軍伝習所である長崎海軍伝習所に海軍士官として入所します。そこで、オランダ人海軍士官から、航海術や砲術などの海軍に関する知識を学びました。

1842年(天保13年)、海舟は、海軍伝習所を卒業し、幕府の軍艦「咸臨丸」の艦長に任命されます。咸臨丸は、日本初の洋式軍艦であり、海舟は、その艦長として、咸臨丸を率いて、太平洋を渡り、アメリカに渡航しました。

アメリカ滞在中、海舟は、アメリカの政治や経済、文化などを学び、西洋の近代文明に接します。また、アメリカ海軍の士官たちとも交流し、海軍に関する知識を深めました。

1860年(万延元年)、帰国した海舟は、幕府の海軍奉行に任命されます。海軍奉行として、海舟は、幕府海軍の改革に取り組み、西洋式の海軍の建設を目指します。

しかし、1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発し、幕府軍は、新政府軍に敗北します。海舟は、江戸城を明け渡し、新政府に降伏します。

戊辰戦争後、海舟は、新政府に仕え、海軍卿に任命されます。海軍卿として、海舟は、海軍の再建に取り組み、近代的な海軍の建設に尽力しました。

1899年(明治32年)、海舟は、76歳で死去しました。海舟は、日本の近代化に貢献した偉大な人物であり、その功績は今日まで語り継がれています。

幕末維新における勝海舟の活躍

幕末維新における勝海舟の活躍

-勝海舟の生涯と功績-

-幕末維新における勝海舟の活躍-

勝海舟は、幕末維新の激動の時代に活躍した幕臣です。江戸湾警備を担当する幕府海軍の軍艦奉行として、薩摩藩と長州藩の連合艦隊と対峙し、江戸の無血開城を実現しました。その後、新政府の参与として、明治政府の樹立に尽力しました。

勝海舟は、1823年に江戸で生まれました。父は勝小吉、母は勝幾世です。幼名は麟太郎、のちに安房守に叙せられて海舟と号しました。勝海舟は、幼い頃から剣術や砲術を学び、1841年には幕府の海軍伝習所に学び始めました。1844年に海軍伝習所を卒業し、軍艦奉行並に任命されました。

1853年にペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航すると、勝海舟は軍艦奉行として、アメリカの要求に備えて江戸湾の警備にあたりました。1854年に日米和親条約が締結されると、勝海舟はアメリカに渡り、アメリカの海軍や造船所を視察しました。

1858年に、日米修好通商条約が締結されると、勝海舟は軍艦奉行として、軍艦の建造や海軍の近代化に尽力しました。1860年に、軍艦奉行に就任し、江戸湾の警備を担当しました。

1868年、薩摩藩と長州藩の連合艦隊が江戸湾に来襲すると、勝海舟は軍艦奉行として、連合艦隊と対峙しました。勝海舟は、連合艦隊の攻撃を巧みにかわし、江戸の無血開城を実現しました。

江戸の無血開城後、勝海舟は新政府の参与として、明治政府の樹立に尽力しました。1869年に、民部卿に任命され、1871年に、参議に任命されました。勝海舟は、明治政府の近代化に尽力し、1873年に、退官しました。

勝海舟は、1899年に死去しました。享年77歳でした。

明治維新以降の勝海舟の生涯

明治維新以降の勝海舟の生涯

– 明治維新以降の勝海舟の生涯

勝海舟は明治維新後、徳川家中の解体を主張し、明治政府に協力したことで維新の英雄として迎えられた。戊辰戦争終結後、海陸軍卿になり、兵部大輔も兼務した。

廃藩置県の実施により、藩を単位とした軍制が解体され、勝はフランス式とプロイセン式の両方の軍制を参考にして近代的な軍制を整備した。また、明治5年(1872年)に海軍省が創設され、海軍卿に任命された。勝は海軍の近代化に尽力し、海軍兵学校を創設し、軍艦の建造を推進した。

明治6年(1873年)に海軍卿を辞任し、翌年に参議に就任した。その後、文部卿や司法卿を歴任し、明治政府の要人として活躍した。明治10年(1877年)には西南戦争の鎮圧に尽力し、明治14年(1881年)に伯爵に叙せられた。

明治19年(1886年)に元老院議長に就任し、明治23年(1890年)に死去するまで務めた。勝は明治維新の功臣として、明治政府の要人として活躍した。

そして、明治維新後、勝海舟は海軍卿として、近代的な海軍の建設に尽力した。また、廃藩置県を実施し、旧大名や武士の特権を剥奪するなど、明治政府の近代化に貢献した。

勝海舟は、明治維新後も、明治政府に協力して近代化に尽力した。そして、元老院議長として、明治政府の最高機関である元老院の議長を務め、明治政府の運営に貢献した。

勝海舟は、明治維新後も、日本の近代化に貢献した功績者である。

タイトルとURLをコピーしました