僧 願知の生涯と功績

僧 願知の生涯と功績

室町-戦国時代の僧, 願知

室町-戦国時代の僧, 願知

室町-戦国時代の僧, 願知

願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて存在した天台宗の僧侶です。長禄2年(1458年)、近江国蒲生郡(現・滋賀県東近江市)に生まれ、幼少期に比叡山に登って出家しました。当初は園城寺に属し、天台宗の学問と修行に励みました。

文明13年(1481年)、願知は比叡山延暦寺の衆徒の代表である「衆徒三長」に選出され、寺務の運営に携わるようになりました。明応4年(1495年)、延暦寺の座主である覚恕が入寂すると、願知は座主の候補として有力視されましたが、最終的には後花園天皇の皇子である覚胤が座主に就任しました。

願知は、覚胤の座主就任後も比叡山の衆徒を率いて寺務の運営に当たりました。しかし、明応8年(1499年)、比叡山で「大乗院騒動」が発生し、願知は騒動に巻き込まれて延暦寺から追放されてしまいました。

願知は、延暦寺を追放された後も天台宗の僧侶として活動し、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、近江国蒲生郡に願知寺を建立しました。願知寺は、後に天台宗の学問と修行の拠点として発展し、多くの僧侶が学んでいました。

願知は、天文19年(1550年)、93歳の生涯を閉じました。願知の死後、願知寺は願知の弟子である了覚が継ぎ、天台宗の学問と修行の拠点として引き続き発展しました。

願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて、天台宗の僧侶として活躍し、比叡山延暦寺の衆徒の代表を務めたほか、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、願知寺を建立し、天台宗の学問と修行の拠点として発展させました。

願知の出家と蓮如との出会い

願知の出家と蓮如との出会い

-願知の出家と蓮如との出会い-

願知は、慶長元年(1596年)に近江国坂田郡で生まれた。幼名は日親丸。父は願証寺21世住職・蓮淳、母は妙寿尼。幼少期より聡明で、7歳の時には早くも剃髪して出家した。

出家後は、本願寺12世法主・准如のもとで学び、法名を願知と賜った。准如は、願知の才能を高く評価しており、16歳の時には早くも本願寺坊官に任じられた。

その後、願知は本願寺の命を受けて各地を巡錫し、一向宗の布教に努めた。その過程で、若狭国小浜の蓮如と出会った。蓮如は、一向宗の開祖として名高い人物であり、願知は蓮如の教えに深く感銘を受けた。

願知は、蓮如の弟子となり、蓮如のもとで一向宗の教えを学んだ。蓮如は、願知の才能を高く評価しており、願知を本願寺の次期法主に指名した。しかし、願知は謙虚な性格であり、法主の座を辞退した。

蓮如の死後、願知は本願寺13世法主・実如のもとで引き続き一向宗の布教に努めた。実如は、願知を本願寺の重臣として厚遇し、願知は本願寺の発展に大きく貢献した。

願知は、一向宗の布教に努めただけでなく、学問にも優れていた。願知は、本願寺坊官として様々な著作を残しており、その中には『顕浄土真実教行証文類』『一枚起請文』などの名著が含まれている。

願知は、慶長19年(1614年)に69歳で死去した。願知は、本願寺の法主としては在任期間が短かったが、一向宗の布教と発展に大きく貢献した人物である。

大谷廟堂襲撃事件での活躍と徳正寺の開山

大谷廟堂襲撃事件での活躍と徳正寺の開山

僧 願知の生涯と功績

大谷廟堂襲撃事件での活躍と徳正寺の開山

僧 願知は、16世紀末から17世紀初頭にかけて活躍した浄土真宗の僧侶です。本願寺第11世顕如上人の弟子であり、本願寺教団内で重要な役割を果たしました。願知の生涯と功績のうち、特に注目されるのが、大谷廟堂襲撃事件での活躍と徳正寺の開山です。

大谷廟堂襲撃事件は、1602年に豊臣秀吉の命を受けた前田利長が、本願寺の本山である大谷廟堂を襲撃した事件です。この事件で、願知は本願寺側の指揮官として活躍し、前田軍を撃退しました。願知の活躍により、本願寺は壊滅的な打撃を免れましたが、この事件を機に、本願寺は京都から東本願寺と西本願寺に分裂することになりました。

徳正寺は、願知が開山した浄土真宗の寺院です。徳正寺は、1603年に願知が京都市東山区に開いた寺院です。徳正寺は、願知の死後、願知の弟子たちが受け継ぎ、今日に至るまで浄土真宗の重要な拠点となっています。

願知は、大谷廟堂襲撃事件での活躍と徳正寺の開山という、2つの大きな功績を残した僧侶です。願知の功績は、本願寺教団の存続と発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました