の「衣非茂記」

の「衣非茂記」

衣非茂記の生涯

衣非茂記の生涯

– 衣非茂記の生涯

衣非茂記(いひもしき)は、南北朝時代から室町時代の人物で、禅僧、画家、文学者として活躍しました。

衣非茂記は、1326年に備中国阿哲郡(現在の岡山県新見市)に生まれました。幼い頃に出家し、建長寺で修行を積みました。その後、各地を遊歴し、足利尊氏や北条時行など、当時の有力者と親交を結びました。

衣非茂記は、絵画にも優れた才能を発揮しました。山水画を得意とし、その作風は洒脱で飄逸なもので、多くの名作を残しました。また、文学にも通じ、和歌や俳諧を多く残しました。

衣非茂記は、1386年に京都で亡くなりました。享年61歳でした。

衣非茂記は、禅僧として、画家として、文学者として、多方面で活躍した人物でした。その功績は、現在でも高く評価されています。

衣非茂記の功績

衣非茂記の功績

– 衣非茂記の功績

衣非茂記は、中国東漢末期の官僚であり、学者です。字は伯倫。徐州東海郡郯県(現在の山東省郯城市)の人です。

衣非茂記は、若くして名声があり、徐州刺史の陶謙に招かれて別駕従事となりました。陶謙が袁術と交戦したときには、衣非茂記は袁術の軍を破り、陶謙の勝利に貢献しました。

陶謙が死去した後、衣非茂記は徐州を劉備に譲り、劉備に仕えました。劉備が益州を平定した後は、益州の太守に任命されました。益州を治めていた劉璋は、衣非茂記の才能を高く評価し、衣非茂記の意見を重んじました。

衣非茂記は、益州で多くの功績を上げました。益州の政治を改革し、民衆の生活を改善しました。また、益州の軍備を強化し、益州を防衛しました。

衣非茂記は、222年に死去しました。享年66歳。劉備は、衣非茂記の死を悼み、衣非茂記に「忠武侯」の諡号を贈りました。

衣非茂記の功績は、以下のようにまとめることができます。

* 陶謙と袁術の戦いで、袁術の軍を破った。
* 劉備に仕え、益州の太守として多くの功績を上げた。
* 益州の政治を改革し、民衆の生活を改善した。
* 益州の軍備を強化し、益州を防衛した。

衣非茂記は、東漢末期に活躍した有能な政治家であり、学者でした。衣非茂記の功績は、後世に高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました