秋山仙朴:放浪の人生を送った江戸時代の名棋士

秋山仙朴:放浪の人生を送った江戸時代の名棋士

秋山仙朴の人となり

秋山仙朴の人となり

-秋山仙朴の人となり-

秋山仙朴は、江戸時代中期の棋士であり、放浪の人生を送ったことで知られています。彼は、1734年(享保19年)に現在の愛知県名古屋市に生まれました。幼い頃から囲碁の才能を発揮し、15歳で初段を取得しました。しかし、彼は家督を継ぐことを拒否し、18歳で家を飛び出しました。

仙朴は、その後、全国を放浪しながら各地の棋士と対局を重ねました。彼は、各地で多くの棋士と出会い、交流を深めました。また、彼は、各地の風習や文化を学び、それらを自分の棋風に取り入れました。

仙朴は、放浪の人生を送る中で、さまざまな苦難を経験しました。彼は、お金がなくて食べるものがないときもありましたし、病気になったときもありました。しかし、彼は、それらの苦難を乗り越え、常に前向きに人生を歩みました。

仙朴は、放浪の人生を送る中で、多くの棋譜を残しました。彼の棋譜は、現在でも多くの棋士に研究されています。また、彼は、囲碁に関する著書も残しています。

仙朴は、1791年(寛政3年)に57歳で亡くなりました。彼は、放浪の人生を送った棋士として、現在でも多くの人々に尊敬されています。

本因坊道策への師事と破門

本因坊道策への師事と破門

-本因坊道策への師事と破門-

秋山仙朴は、17世紀後半に活躍した江戸時代の名棋士です。仙朴は、本因坊道策に師事して碁を学びましたが、後に破門されてしまいました。破門の理由は、仙朴が道策の娘である本因坊初子を妊娠させたためです。

仙朴と初子は、道策の反対を押し切って駆け落ちし、結婚しました。しかし、二人の結婚は長続きせず、すぐに離婚してしまいました。仙朴は、その後も放浪の人生を送り、各地で碁を打って生活していました。

仙朴は、放浪の旅の中で、多くの棋士と出会い、切磋琢磨しました。その結果、仙朴は棋力をつけていき、やがて「三手先仙朴」と称されるほどの名棋士となりました。仙朴は、数多くの棋譜を残しており、その棋譜は現在でも研究されています。

仙朴は、1796年に64歳で亡くなりました。仙朴は、放浪の人生を送った棋士でしたが、その棋力は高く評価されており、江戸時代の名棋士の一人として知られています。

-仙朴の破門の影響-

仙朴の破門は、碁界に大きな影響を与えました。それまで、本因坊家は碁界の最高権威とされており、本因坊の娘と結婚することは、碁界で成功するための重要な条件でした。しかし、仙朴の破門によって、本因坊家の権威は低下し、碁界はより自由な競争の場となりました。

仙朴の破門は、また、碁の普及にも貢献しました。仙朴は、放浪の旅の中で、各地で碁を打って生活していました。その結果、碁は全国各地に広まり、多くの人々が碁を打つようになりました。

仙朴は、放浪の人生を送った棋士でしたが、その棋力は高く評価されており、江戸時代の名棋士の一人として知られています。仙朴の破門は、碁界に大きな影響を与え、碁の普及にも貢献しました。

放浪生活と著作活動

放浪生活と著作活動

-放浪生活と著作活動-

秋山仙朴は放浪生活にありながら、多くの著作を残している。その数は膨大で、その内容は実に多岐にわたっている。その中でも特筆すべきなのは、碁に関する著書である。

仙朴の碁に関する著書は、その内容の深さと、わかりやすい書き方が特徴である。仙朴は、碁を単なるゲームとしてではなく、人生に役立つ知恵を学ぶための道具として捉えていた。そのために、碁の技術的な解説にとどまらず、碁を指す際の心構えや、碁から得られる人生の教訓などを説いた著書を多く執筆している。

仙朴の碁に関する著書は、現在でも多くの棋士や囲碁ファンに愛読されている。その中でも特に有名なのが、『衆妙指南車』である。この本は、仙朴の囲碁に対する考え方や、具体的な指し方を解説したもので、囲碁の基本書として広く親しまれている。

仙朴はまた、碁に関する著書以外にも、漢詩や随筆など、多くの著作を残している。その中には、仙朴の放浪生活や、その生涯を振り返った自伝的作品なども含まれている。仙朴の著作は、彼の多彩な才能と、その人生観を垣間見ることができる貴重な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました