香取繁右衛門-幕末-明治時代の宗教家

香取繁右衛門-幕末-明治時代の宗教家

香取繁右衛門の生涯

香取繁右衛門の生涯

-香取繁右衛門の生涯-

香取繁右衛門は、幕末から明治時代にかけ、天理教を信奉した宗教家であり、また、天理教布教のために働いた人物です。

香取繁右衛門は、1816年に、大和国山辺郡針ヶ別所村(現在の奈良県天理市針ヶ別所町)に生まれました。父は香取喜兵衛、母は香取カネです。繁右衛門は、幼い頃から寺子屋に通い、学問を修めました。その後、家業の農業を手伝いながら、天理教の教えを学びました。

1838年に、繁右衛門は、おぢばがえりの体験をしました。おぢばがえりとは、天理教の信者が、ぢば(天理教の聖地)に参拝し、神からのお告げを受け、病気や苦しみから解放されるという体験のことです。繁右衛門は、おぢばがえりによって、病気が治り、天理教の教えを深く信仰するようになりました。

1840年、繁右衛門は、天理教の布教活動を始めるようになりました。繁右衛門は、ぢばを中心に、近隣の村々を巡り、天理教の教えを説きました。繁右衛門の布教活動は、人々の心を動かし、多くの信者が集まりました。

1863年、天理教は、弾圧を受けました。弾圧は、明治政府によって行われ、天理教の信者は、迫害されました。繁右衛門も、迫害を受け、捕らえられました。繁右衛門は、牢獄に閉じ込められ、拷問を受けました。しかし、繁右衛門は、天理教の信仰を捨てることなく、最後まで信仰を守り抜きました。

1871年、天理教の弾圧は、解除されました。繁右衛門は、牢獄から釈放され、再び天理教の布教活動を始めました。繁右衛門は、ぢばを中心に、再び近隣の村々を巡り、天理教の教えを説きました。繁右衛門の布教活動は、人々の心を動かし、多くの信者が集まりました。

1875年、繁右衛門は、ぢばの南に、天理教の教会堂である天理教大教会堂を建設しました。繁右衛門は、天理教大教会堂を拠点に、天理教の布教活動を続けました。

1883年、繁右衛門は、ぢばの西に、天理教の墓地である天理教天理教会墓地を建設しました。繁右衛門は、天理教天理教会墓地を拠点に、天理教の布教活動を続けました。

1892年、繁右衛門は、ぢばの北に、天理教の学校である天理教天理大学を建設しました。繁右衛門は、天理教天理大学を拠点に、天理教の布教活動を続けました。

1899年、繁右衛門は、ぢばの東に、天理教の病院である天理教天理教病院を建設しました。繁右衛門は、天理教天理教病院を拠点に、天理教の布教活動を続けました。

1902年、繁右衛門は、天理教の教祖である中山みきと結婚しました。繁右衛門とみきは、二人で天理教の布教活動を続けました。

1912年、繁右衛門は、天理教の教祖である中山みきに先立たれました。繁右衛門は、みきの死後も天理教の布教活動を続けました。

1918年、繁右衛門は、天理教の教祖である中山みきの墓前にて、自死しました。繁右衛門は、64歳でした。

金神信仰と神がかり

金神信仰と神がかり

-神がかりと金神信仰-

香取繁右衛門は、幕末から明治時代にかけて活躍した宗教家です。彼は、神がかりの体験をきっかけに、金神信仰を説き始め、多くの人々から支持を集めました。

金神信仰とは、金神という神を祀ることで、災厄から身を守ることができるという信仰です。金神は、方位によって方位神とされ、その方位に祀ることで、その方位からの災厄を防ぐことができるとされました。

香取繁右衛門が金神信仰を説き始めたきっかけは、神がかりの体験でした。彼は、ある日突然、神がかりとなり、金神の声を聞きました。その声は、香取繁右衛門に、金神を祀ることで、災厄から身を守ることができることを告げました。

香取繁右衛門は、この神がかりの体験をきっかけに、金神信仰を説き始めました。彼は、金神を祀ることで、災厄から身を守ることができるということを説き、多くの人々から支持を集めました。

香取繁右衛門の金神信仰は、江戸末期から明治時代にかけて、庶民の間で広く流行しました。人々は、香取繁右衛門の説く金神信仰を信じて、金神を祀り、災厄から身を守ろうとしました。

しかし、香取繁右衛門の金神信仰は、明治政府から弾圧を受けました。明治政府は、香取繁右衛門の金神信仰を迷信であるとして、禁止しました。香取繁右衛門は、明治政府の弾圧を受け、金神信仰の布教活動を中止しました。

香取繁右衛門の金神信仰は、明治政府の弾圧によって衰退しましたが、その後も、庶民の間で金神信仰は根強く残りました。金神信仰は、現代でも一部の地域で残っており、人々は金神を祀り、災厄から身を守ろうとしています。

金光教の開祖

金光教の開祖

金光教の開祖

香取繁右衛門は、幕末から明治時代の宗教家であり、金光教の開祖です。1814年に現在の香川県高松市に生まれ、幼い頃から仏教や神道の教えに触れて育ちました。1847年に金毘羅大権現の啓示を受け、1859年に金光教を開教しました。

金光教は、神道や仏教の要素を取り入れた神仏習合の宗教で、祖先崇拝や民間信仰を重視します。香取繁右衛門は、祖先を敬い、自然界の恵みに感謝する心を説き、人々の救済を目指しました。

金光教は、当初は香川県を中心に広まりましたが、明治時代に入ると全国各地に広がり、現在では約100万人の信者がいます。香取繁右衛門は、1883年に亡くなりましたが、その教えは現在も多くの信者によって受け継がれています。

香取繁右衛門は、明治維新の動乱期にあって、人々の心の拠り所となる宗教を創設した偉大な宗教家です。その教えは、現在も多くの信者に受け継がれ、日本の精神文化に大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました