「神夏磯媛」

「神夏磯媛」

神夏磯媛とは

神夏磯媛とは

-神夏磯媛とは-

神夏磯媛(かみないそひめ)は、日本神話に登場する女神である。別名として、神夏磯媛命(かみなつひめのみこと)、神夏津姫(かみなつひめ)、神夏津媛(かみなつひめ)などがある。

神夏磯媛は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神である。神々は、伊邪那岐命と伊邪那美命が別れた後に、それぞれ別の神を産んだ。神夏磯媛は、伊邪那岐命が黄泉の国から帰ってきた後に産んだ神の一人である。

神夏磯媛は、海の神として崇められている。また、安産の神、縁結びの神、子孫繁栄の神としても知られている。神夏磯媛を祀る神社は、日本各地にある。その中でも、兵庫県淡路市にある伊弉諾神宮は、神夏磯媛の総本山とされている。

神夏磯媛は、日本の神話の中で重要な役割を果たしている。伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神であり、海の神として崇められている。また、安産の神、縁結びの神、子孫繁栄の神としても知られている。神夏磯媛を祀る神社は、日本各地にある。その中でも、兵庫県淡路市にある伊弉諾神宮は、神夏磯媛の総本山とされている。

神夏磯媛の功績

神夏磯媛の功績

-# 神夏磯媛の功績

神夏磯媛は、神武天皇の皇后であり、初代皇后として知られています。神功皇后の娘とされ、神武天皇との間に、五瀬命(いつせのみこと)と Kamu-nunakawa-mimi(神渟名川耳尊)の2人の息子をもうけています。

神夏磯媛は、神武天皇の東征に随行し、各地で活躍しました。特に、熊野国の熊野速玉大社を勧請し、神武天皇の戦勝祈願を行ったことは有名です。また、各地で井戸を掘ったり、道路を整備したりするなど、民政にも力を入れました。

神武天皇の崩御後は、摂政として、神武天皇と神夏磯媛の子である神渟名川耳尊を助け、政務を執りました。神渟名川耳尊が即位した後も、引き続き摂政として政務を執り、国の安定に貢献しました。

神夏磯媛は、神武天皇の功績を支え、国の発展に貢献した偉大な皇后でした。その功績は、現在も人々に語り継がれています。

神夏磯媛の死

神夏磯媛の死

-神夏磯媛の死-

神夏磯媛(かんなつひめ)は、第7代孝霊天皇の后です。「古事記」と「日本書紀」にその名が登場しますが、どちらの書物にも、關於この皇后の死の記録はありません。しかし、神夏磯媛の死に関連するいくつかの伝承があります。

-その伝承のひとつは以下のものです。-

神夏磯媛は、夫である孝霊天皇が亡くなった後、悲しみのあまり自害したと伝えられています。『大鏡』などの書物によれば、彼女は夫の死を悼んで淀川に入水したとされています。

-もうひとつの伝承は、次のようなものです。-

神夏磯媛は、孝霊天皇との間にできた子を妊娠していましたが、産んだ後間もなく亡くなったと伝えられています。この伝承では。『日本書紀』の允恭天皇の条に、神夏磯媛の墳墓である「坐陵」が河内国にあった、という記述があるからです。

-いずれの伝承も、神夏磯媛の死が、夫や子を亡くしたことに関係していることを示唆しています。-

また、神夏磯媛の死を悼んだ孝霊天皇が、彼女の冥福を祈って、陵墓を造営したという伝承もあります。この陵墓は、現在、奈良県桜井市にある「箸墓古墳」であると伝えられています。

箸墓古墳は、全長約280メートルの前方後円墳で、日本最大級の前方後円墳としても知られています。この古墳は、神夏磯媛の死後、孝霊天皇が彼女を祀るために造営したと伝えられています。

箸墓古墳は、現在、国の史跡に指定されており、多くの人が訪れる観光地となっています。神夏磯媛の死は、孝霊天皇やその子孫に大きな影響を与え、彼女の死は、日本古代史において重要な出来事となりました。

タイトルとURLをコピーしました