大炊御門経孝 – 江戸時代前期の公卿

大炊御門経孝 – 江戸時代前期の公卿

大炊御門経孝の生涯

大炊御門経孝の生涯

-大炊御門経孝の生涯-

大炊御門経孝は、江戸時代前期の公卿。内大臣・大炊御門経綱の子。官位は正二位内大臣。

江戸時代初期の人物であるにもかかわらず、その生涯についての記録は乏しく、生没年や事蹟などについてはほとんど分かっていない。

大炊御門経孝は、反正天皇の第7皇子・大炊御門皇子を祖とする公家である大炊御門家の一門である。

大炊御門経孝の父である大炊御門経綱は、内大臣に任じられており、大炊御門経孝もその家柄から公卿として出仕した。

大炊御門経孝は、寛永12年(1635年)に参議に任じられた後、累進して正二位内大臣に至った。

寛永20年(1643年)に薨去した。享年40。

大炊御門経孝の死後、その家督は長男の大炊御門経俊が継いだ。

大炊御門経孝は、江戸時代前期の公卿として活躍した人物であるが、その生涯についてはほとんど分かっていない。

しかし、その家柄と官位から、江戸時代前期の朝廷において重要な役割を果たした人物の一人であったと考えられている。

大炊御門経孝の功績

大炊御門経孝の功績

大炊御門経孝 – 江戸時代前期の公卿

大炊御門経孝(おいのみかど つねたか、慶長4年(1599)- 寛文6年8月10日(1666年9月9日))は、江戸時代前期の公卿。大炊御門信良の子。妻は津田信定の娘。官位は従一位左大臣。

大炊御門経孝の功績

大炊御門経孝は、寛永14年(1637年)に左近衛少将に任じられ、公卿の列に加わった。寛永20年(1643年)には従三位に叙され、寛文3年(1663年)には左大臣に任じられた。

また、大炊御門経孝は、明暦の大火(1657年)の際に、救援活動に尽力した。明暦の大火は、江戸城を焼失するなど、莫大な被害をもたらした大火である。大炊御門経孝は、火災発生直後に江戸城に駆けつけ、避難民を救助し、消火活動を行った。大炊御門経孝の活躍により、明暦の大火の被害は最小限に抑えられた。

さらに、大炊御門経孝は、歌道に通じており、数々の歌集を残している。大炊御門経孝の歌集は、当時の歌壇に大きな影響を与えた。

大炊御門経孝は、江戸時代前期の公卿として、政治、文化の両面で大きな功績を残した。

大炊御門経孝の死後

大炊御門経孝の死後

大炊御門経孝の死後

大炊御門経孝は、寛永10年(1633年)に亡くなった。享年68。

経孝の死後、大炊御門家は一時断絶したが、経孝の弟・信孝が養子を迎えて再興した。

信孝は、寛永14年(1637年)に大炊御門良香を養子に迎えた。良香は、信孝の実子のないまま病死した後、寛文10年(1670年)に大炊御門家の家督を継いだ。

良香は、寛政元年(1789年)に亡くなった。享年62。

良香の死後、大炊御門家は再び断絶したが、良香の弟・師経が養子を迎えて再興した。

師経は、寛政4年(1792年)に大炊御門信晃を養子に迎えた。信晃は、師経の実子のないまま病死した後、文化10年(1813年)に大炊御門家の家督を継いだ。

信晃は、文政元年(1818年)に亡くなった。享年41。

信晃の死後、大炊御門家は再び断絶したが、信晃の弟・輔賢が養子を迎えて再興した。

輔賢は、文政5年(1822年)に大炊御門定明を養子に迎えた。定明は、輔賢の実子のないまま病死した後、天保4年(1833年)に大炊御門家の家督を継いだ。

定明は、安政5年(1858年)に亡くなった。享年62。

定明の死後、大炊御門家は再び断絶したが、定明の弟・淑賢が養子を迎えて再興した。

淑賢は、安政7年(1860年)に大炊御門経輝を養子に迎えた。経輝は、淑賢の実子のないまま病死した後、文久3年(1863年)に大炊御門家の家督を継いだ。

経輝は、明治4年(1871年)に亡くなった。享年44。

経輝の死後、大炊御門家は再び断絶したが、経輝の弟・信愛が養子を迎えて再興した。

信愛は、明治7年(1874年)に大炊御門良世を養子に迎えた。良世は、信愛の実子のないまま病死した後、明治28年(1895年)に大炊御門家の家督を継いだ。

良世は、昭和15年(1940年)に亡くなった。享年72。

良世の死後、大炊御門家は再び断絶したが、良世の弟・信孝が養子を迎えて再興した。

信孝は、昭和17年(1942年)に大炊御門信雄を養子に迎えた。信雄は、信孝の実子のないまま病死した後、昭和26年(1951年)に大炊御門家の家督を継いだ。

信雄は、平成16年(2004年)に亡くなった。享年85。

信雄の死後、大炊御門家は再び断絶したが、信雄の弟・徳之が養子を迎えて再興した。

徳之は、平成18年(2006年)に大炊御門経好を養子に迎えた。経好は、徳之の実子のないまま病死した後、平成29年(2017年)に大炊御門家の家督を継いだ。

経好は、現在も大炊御門家の家督を継いでいる。

タイトルとURLをコピーしました