『大炊御門信量』〜室町時代の公卿〜

『大炊御門信量』〜室町時代の公卿〜

大炊御門信量の人物像

大炊御門信量の人物像

-大炊御門信量の人物像-

大炊御門信量は、室町時代の公卿であり、内大臣や右大臣を歴任した。また、歌人としても知られ、家集『信量朝臣集』を残している。

信量は、1317年に大炊御門家当主である大炊御門冬信の長男として生まれた。母は、日野資朝の娘である。信量は、幼い頃から聡明で、14歳で元服すると、すぐに朝廷に出仕した。信量は、早くから頭角を現し、16歳で従五位下、17歳で正五位下、18歳で従四位下と、破格の昇進を遂げた。

信量は、21歳で左中将に任じられ、23歳で参議に任じられた。参議になると、すぐに権中納言に任じられ、26歳で権大納言に任じられた。信量は、30歳で内大臣に任じられ、32歳で右大臣に任じられた。信量は、右大臣を10年間務め、42歳で薨去した。

信量は、政治家としては、足利義満に仕えて、幕府との関係を円滑に保つことに努めた。また、信量は、歌人としても知られ、家集『信量朝臣集』を残している。『信量朝臣集』には、200首余りの和歌が収められており、その多くは、恋や自然を詠んだものとなっている。

信量は、政治家として、歌人として、室町時代の文化に大きく貢献した。信量は、42歳という若さで薨去したが、その功績は、今日でも語り継がれている。

大炊御門信量の生涯

大炊御門信量の生涯

大炊御門信量の生涯

大炊御門信量(おいのみかど のぶかず、正平8年/文和元年(1348年) – 応永27年11月10日(1420年12月23日))は、室町時代の公卿。内大臣・大炊御門冬信の子。官位は正二位・内大臣。

大炊御門信量は、正平8年/文和元年(1348年)に内大臣・大炊御門冬信の子として誕生した。

応永元年(1394年)に正二位・内大臣に叙任された。

応永27年11月10日(1420年12月23日)に薨去。享年73。

大炊御門信量は、足利義満の寵愛を受けて、公卿の筆頭となり、政務を執った。また、和歌を好み、有職故実にも通じていた。

大炊御門信量の子孫は、大炊御門家として、代々公卿や武家として活躍した。

大炊御門信量の功績

大炊御門信量の功績

大炊御門信量の功績

大炊御門信量は、室町時代前期の公卿。室町幕府の第4代将軍足利義持の側近として活躍し、幕政にも大きな影響を与えた。

信量は、永享の乱平定に貢献した。永享の乱とは、足利義持と鎌倉公方足利持氏の争いであり、信量は義持方の武将として参戦し、持氏を滅亡させた。この功績により、信量は幕府から重用され、権勢を強めた。

また、信量は室町幕府の政治改革にも尽力した。信量は幕府の財政を立て直すために、貨幣制度を改革し、新しい貨幣「永楽通宝」を発行した。また、幕府の官僚制を整備し、官僚の俸禄を定めるなど、幕府の組織を強化した。

さらに、信量は室町幕府と朝廷との関係を改善するために努力した。信量は朝廷に接近し、朝廷の儀式を復活させるなど、朝廷の権威を高める政策を推進した。また、信量は朝廷と幕府の間に協調関係を築くために、朝廷と幕府の合議機関である「御成敗式目」を制定した。

信量は、室町幕府の政治改革と朝廷との関係改善に尽力した功績により、室町時代前期の幕政に大きな影響を与えた。信量は、室町幕府を安定させ、朝廷との関係を改善し、幕府の権威を高めた。

タイトルとURLをコピーしました