大炊御門信嗣

大炊御門信嗣

大炊御門信嗣の生涯

大炊御門信嗣の生涯

-大炊御門信嗣の生涯-

大炊御門信嗣(おおいのきもんのぶつぐ)は、1293年に生まれた鎌倉時代後期の公卿です。父は大炊御門信宗、母は後深草院の女房である源氏です。1323年に参議に任じられ、1324年には権中納言に昇進しました。1333年には内大臣に任じられ、1336年には左大臣に昇進しました。1338年には太政大臣に任じられ、1340年には関白に任じられました。1349年に薨去するまで、20年にわたって摂政・関白を務め、武家政権の台頭する時代の中で、朝廷の最高権力者として活躍しました。

信嗣は、公家としては珍しいほど武勇に優れていました。1336年の足利尊氏の挙兵に際しては、自ら軍勢を率いて尊氏を迎え撃ち、その軍を撃破しました。1338年には、尊氏が京都を占領すると、尊氏と和睦し、尊氏を征夷大将軍に任命しました。また、1348年には、南朝方の楠木正成を四条畷の戦いで破り、南朝を滅亡寸前まで追い詰めました。

信嗣は、武勇に優れているだけでなく、学問にも優れていました。和歌や漢詩に優れ、多くの著作を残しています。また、書道や絵画にも優れ、その作品は現在でも多くの美術館に所蔵されています。

信嗣は、鎌倉時代後期の公卿としては、最も優れた人物の一人でした。武勇に優れ、学問にも優れ、書道や絵画にも優れていました。また、摂政・関白として、武家政権の台頭する時代の中で、朝廷の最高権力者として活躍しました。

大炊御門信嗣の功績

大炊御門信嗣の功績

-大炊御門信嗣の功績-

大炊御門信嗣(1264-1313)は、鎌倉時代後期の公卿です。参議・大炊御門冬信の子として生まれ、建治元年(1275年)に従五位下に叙され、建治2年(1276年)に侍従となります。その後、侍従・左近衛少将・左近衛中将・右近衛中将・右兵衛督など、軍事面での重要な官職を歴任し、正安3年(1301年)に従三位に叙せられます。

正安4年(1302年)、信嗣は左兵衛督に任命され、正和元年(1312年)に正二位に叙せられます。正和2年(1313年)、信嗣は60歳で亡くなり、その功績を讃えて従一位が追贈されました。

信嗣は、鎌倉幕府第8代執権・北条時宗の信任が厚く、時宗の側近として活躍しました。また、信嗣は文武両道に秀で、優れた歌人でもありました。その歌は、『新古今和歌集』などに収められています。

信嗣の功績は、鎌倉幕府の政治に貢献したこと、時宗の側近として活躍したこと、優れた歌人であったことなどです。信嗣は、鎌倉時代後期の公卿として、重要な役割を果たした人物です。

大炊御門信嗣の独任

大炊御門信嗣の独任

大炊御門信嗣の独任

大炊御門信嗣(1473-1528)は、室町時代後期に活躍した公卿。内大臣・大炊御門信濃守政堯の子。官位は従一位左大臣。

永正の乱において細川政元を討ち、足利義澄を奉じて京都に帰還した功により、1509年に内大臣に任じられた。以降、義澄の信任を得て、幕府の実権を掌握した。

1511年、将軍・足利義澄が細川高国に幽閉された際、大炊御門信嗣は高国を倒し、義澄を救出した。この功により、1512年に左大臣に任じられた。

1521年、義澄が細川澄元によって京都を追放されると、大炊御門信嗣もまた京都を追われた。その後、1523年に義澄が京都に帰還すると、大炊御門信嗣もまた京都に戻った。

1528年、大炊御門信嗣は死去した。享年56。

大炊御門信嗣は、足利義澄の信任を得て、幕府の実権を掌握した。また、細川政元や細川高国、細川澄元など、有力な守護大名と対立し、争った。大炊御門信嗣の死後、幕府はさらに衰退し、戦国時代へと突入した。

大炊御門信嗣の独任は、室町幕府最後の輝きであったとも言われている。

タイトルとURLをコピーしました