秋山要助 – 江戸時代後期の剣術家

秋山要助 – 江戸時代後期の剣術家

神道無念流と岡田十松

神道無念流と岡田十松

-神道無念流と岡田十松-

神道無念流は、江戸時代後期の剣術家として知られる秋山要助が創始した剣術流派である。秋山要助は、島根県出身で、剣術を学ぶために江戸に上り、念流の大家である岡田十松に師事した。岡田十松は、念流の奥義を極めた剣豪であり、秋山要助は岡田十松から念流の奥義を授かった。

神道無念流は、念流の奥義を基礎とした剣術であり、特に無刀取りに優れていた。無刀取りとは、刀を持たない状態で、刀を持った相手から身を守る技術である。秋山要助は、無刀取りの達人であり、その技術は天下無双と言われた。

神道無念流は、秋山要助の死後も、その門弟たちによって継承された。神道無念流の門弟には、幕末の志士として知られる坂本竜馬などがいる。坂本竜馬は、神道無念流の剣術を活かし、幕末の動乱を生き抜いた。

神道無念流は、現在でも一部の剣術家によって継承されている。神道無念流の剣術は、日本の伝統的な剣術であり、その技術は高く評価されている。

扶桑念流の創始

扶桑念流の創始

-扶桑念流の創始-

秋山要助は、扶桑念流の創始者です。扶桑念流は、江戸時代後期の剣術流派で、秋山要助が、それまでの剣術の技を改良して創始したものです。扶桑念流の発祥地は、現在の静岡県榛原郡金谷町です。

扶桑念流は、秋山要助の島津家への復讐のために作られた流派です。秋山要助は、島津家家臣の秋山家の子として生まれましたが、島津家に謀殺され、秋山家は断絶させられました。そこで、秋山要助は、復讐のために扶桑念流を創始し、島津家家臣の島津忠良に剣術を教え、島津家の家臣を多数殺害しました。

扶桑念流は、それまでの剣術の技を改良し、より実戦的な剣術を目指した流派です。扶桑念流の技は、素早く、柔らかく、相手に隙を与えずに攻め立てることができるため、非常に実戦向きです。また、扶桑念流は、木刀を用いた稽古を重視しており、木刀での稽古によって、素早く、柔らかく、相手に隙を与えずに攻め立てることができる技術を習得することができます。

扶桑念流は、江戸時代後期に多くの剣豪を輩出した流派です。扶桑念流の剣豪としては、秋山要助の弟子である島津忠良、島津忠直、島津忠興、島津忠重、島津忠澄などが有名です。扶桑念流は、江戸時代後期に多くの剣豪を輩出した流派であり、その技術は現代でも多くの人に受け継がれています。

全国各地での指導

全国各地での指導

-全国各地での指導-

秋山要助は、各地の藩に招かれ、剣術指導を行なった。
その代表的な藩としては、加賀藩、薩摩藩、長州藩などがあげられる。
加賀藩では、藩主前田斉広の命により、藩士に剣術を指導した。
薩摩藩では、島津斉彬の命により、藩士に剣術を指導した。
長州藩では、毛利敬親の命により、藩士に剣術を指導した。

秋山要助は、各藩の藩士に、自身の剣術である「無双直伝英信流」を指導した。
無双直伝英信流は、秋山要助の師である千葉周作が創始した剣術流派であり、当時は、幕末に多くの流派が乱立していたが、無双直伝英信流は、その中でも、最も実戦的な剣術として知られていた。

秋山要助の指導は、各藩の藩士から高く評価され、無双直伝英信流は、各藩の藩士の間で、広く普及した。
無双直伝英信流は、その後も、明治維新を経て、現在に至るまで、多くの剣術家たちに受け継がれ、日本の剣術文化の発展に大きく貢献している。

タイトルとURLをコピーしました