菅野八郎:幕末の民衆運動指導者

菅野八郎:幕末の民衆運動指導者

幕府の海防策批判と安政の大獄への巻き込まれ

幕府の海防策批判と安政の大獄への巻き込まれ

-幕府の海防策批判と安政の大獄への巻き込まれ-

菅野八郎は、江戸幕府の海防策を批判し、安政の大獄に巻き込まれた民衆運動指導者である。

菅野八郎は、天保12年(1841年)、肥後国玉名郡春富村(現・熊本県玉名市)に生まれた。幼い頃から漢学を学び、15歳の時に江戸に出て、蘭学を学んだ。安政元年(1854年)、ペリーが浦賀に来航すると、幕府の海防策を批判し、攘夷を主張した。

安政2年(1855年)、菅野八郎は、大阪で「勤王の志士」を集めて、「勤王党」を結成した。勤王党は、幕府の海防策を批判し、攘夷を主張する組織である。勤王党は、各地で活動し、幕府の威信を低下させた。

安政5年(1858年)、幕府は、安政の大獄を開始した。安政の大獄は、幕府の反対派を一斉に弾圧する弾圧である。勤王党も、安政の大獄の対象となり、菅野八郎は逮捕された。菅野八郎は、拷問を受け、安政6年(1859年)に獄中で死亡した。

菅野八郎は、幕府の海防策を批判し、攘夷を主張した民衆運動指導者である。菅野八郎は、安政の大獄に巻き込まれ、獄中で死亡した。

故郷への帰還と誠信講の組織

故郷への帰還と誠信講の組織

故郷への帰還と誠信講の組織

1848年(嘉永元年)、菅野八郎は故郷の田中村に帰還しました。戊辰戦争で敗れた後、彼はしばらくの間、各地を放浪していましたが、故郷に帰ってくると、すぐに誠信講を組織して、民衆の救済運動を始めました。

誠信講は、菅野八郎の主導で組織された宗教団体です。菅野八郎は、神仏を信じることと、徳を積むことによって、人生の苦しみを救うことができると説きました。誠信講は、すぐに民衆の間で広まり、多くの信者が集まりました。

菅野八郎は、誠信講を組織した後、民衆の救済運動を始めました。彼は、貧しい人々を救済するために、義捐金を集めたり、無料で食料を配ったりしました。また、彼は、民衆の教育にも力を入れ、学校を開設して、子供たちに読み書きを教えました。

菅野八郎の民衆救済運動は、すぐに成果を上げました。田中村の人々は、生活が豊かになり、教育も普及するようになりました。菅野八郎は、田中村の人々から「お救い地蔵」と呼ばれ、親しまれていました。

菅野八郎は、1870年(明治3年)に亡くなりましたが、彼の民衆救済運動は、その後も続きました。誠信講は、現在でも田中村に存在し、地域の人々から親しまれています。

信夫・伊達両郡の世直し一揆の指導

信夫・伊達両郡の世直し一揆の指導

信夫・伊達両郡の世直し一揆の指導

菅野八郎は、信夫・伊達両郡の世直し一揆の指導者として知られる。世直し一揆とは、幕末期に日本の各地で発生した農民一揆のことである。農民たちは、年貢や諸役の軽減、村役人の不正の是正などを求めて蜂起した。

信夫・伊達両郡は、現在の福島県の中央部に位置する。この地域は、幕末期には会津藩と米沢藩の支配下に置かれていた。会津藩は、徳川幕府の譜代大名であり、米沢藩は、上杉家の支藩であった。

菅野八郎は、信夫郡の農民である。彼は、会津藩の年貢や諸役の重さに苦しんでいた。また、村役人の不正にも憤っていた。そこで、彼は農民たちを糾合して、世直し一揆を起こすことを決意した。

1868年3月、菅野八郎は農民たちを率いて会津藩の役所を襲撃した。そして、年貢や諸役の軽減、村役人の不正の是正などを要求した。会津藩は、農民たちの要求を認めざるを得なかった。

しかし、会津藩は農民たちの蜂起を鎮圧するために、軍隊を出動させた。農民たちは、会津藩の軍隊に敗れて、一揆は鎮圧された。菅野八郎は、一揆の責任を問われて、処刑された。

菅野八郎は、農民たちの権利のために戦った英雄である。彼の名は、今日でも信夫・伊達両郡の農民たちに語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました