上井覚兼-戦国・織豊時代の武将

上井覚兼-戦国・織豊時代の武将

薩摩の国で生まれた武将

薩摩の国で生まれた武将

薩摩の国で生まれた武将

上井覚兼は、戦国時代から織豊時代にかけての武将です。薩摩国祁答院(現在の鹿児島県薩摩川内市)に生まれました。父は祁答院忠次、母は島津氏の一族である島津忠親の娘です。上井覚兼は幼い頃から武芸に優れ、15歳で初陣を飾りました。

上井覚兼は、島津氏の家臣として、数々の戦いで活躍しました。特に、1578年の木崎原の戦いでは、島津義久の命を受けて、敵方の毛利軍を奇襲し、大勝利を収めました。この戦いで、上井覚兼は「薩摩の鬼」と称されるほど、その武勇を讃えられました。

上井覚兼は、その後も島津氏に仕え、1587年の九州平定戦では、豊臣秀吉の軍勢と戦いました。しかし、島津氏は秀吉に降伏し、上井覚兼も秀吉に臣従しました。秀吉は、上井覚兼の武勇を高く評価し、肥後国に1万石を与えました。

上井覚兼は、1600年の関ヶ原の戦いで、西軍に属して戦いました。しかし、西軍は敗北し、上井覚兼も捕らえられました。上井覚兼は、徳川家康に許されて、所領を没収されたものの、命は助けられました。

上井覚兼は、その後は浪人として暮らし、1615年の大坂夏の陣では、豊臣秀頼の軍勢に属して戦いました。しかし、豊臣軍は敗北し、上井覚兼も戦死しました。上井覚兼は、その武勇を讃えられ、薩摩の国に祀られています。

島津義久の重臣として活躍

島津義久の重臣として活躍

上井覚兼は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将です。薩摩の島津氏の家臣として、島津義久の重臣として活躍しました。覚兼は、1542年に薩摩の国で生まれました。覚兼の父は、上井覚久といい、島津氏の家臣でした。覚兼は、若い頃から島津義久に仕え、島津氏の九州平定に貢献しました。

1578年、織田信長が九州に侵攻してきました。覚兼は、島津義久に従って、織田軍と戦いました。覚兼は、織田軍の猛攻をしのぎ、島津氏の九州平定に貢献しました。1587年、島津義久は、豊臣秀吉に降伏しました。覚兼も、島津義久に従って、豊臣秀吉に降伏しました。覚兼は、豊臣秀吉に仕え、九州の平定に貢献しました。

1592年、豊臣秀吉は、朝鮮出兵を開始しました。覚兼は、豊臣秀吉に従って、朝鮮に出兵しました。覚兼は、朝鮮軍と戦い、朝鮮軍を破りました。覚兼は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に貢献しました。1598年、豊臣秀吉が死去しました。覚兼は、豊臣秀吉の死後も、島津義久に仕えました。覚兼は、1608年に死去しました。覚兼は、戦国時代から織豊時代にかけて、島津氏に仕え、島津氏の九州平定と豊臣秀吉の朝鮮出兵に貢献しました。

覚兼は、島津義久の重臣として、島津氏の九州平定に貢献しました。覚兼は、織田信長や豊臣秀吉など、戦国時代の有力武将と戦い、勝利を収めました。覚兼は、戦国時代を代表する武将の一人です。

豊臣秀吉に降伏後は出家

豊臣秀吉に降伏後は出家

豊臣秀吉に降伏後は出家

上井覚兼は、豊臣秀吉の九州征伐の際に、肥後国八代城を守備していたが、秀吉の圧倒的な兵力の前にはなすすべもなく、降伏した。降伏後は、秀吉から所領を安堵され、名島城主に任命された。しかし、その後、秀吉の怒りに触れ、所領を没収され、出家させられた。出家後は、覚兼と名乗り、肥後国を離れて、諸国を放浪した。

覚兼が出家させられた理由は、はっきりとはわかっていないが、秀吉の側近であった福島正則や黒田長政との確執が原因だったのではないかと言われている。正則や長政は、覚兼のことを「謀反の疑いがある」と秀吉に進言した。秀吉はこれを信じ、覚兼を所領没収の上、出家させ、罪を償わせようとしたのだ。

覚兼は、出家させられた後、諸国を放浪し、各地で隠棲した。覚兼は、武術に長けており、また、学問にも通じていたため、各地の領主や武将に重宝され、客分として迎えられた。覚兼は、各地で、武術や学問を教え、後世に大きな影響を与えた。

覚兼は、晩年、肥後国に戻り、八代城の近くに庵を結んで隠棲した。覚兼は、そこで静かに余生を送り、70歳で亡くなった。覚兼は、戦国・織豊時代の武将として活躍し、豊臣秀吉に降伏した後に出家し、各地を放浪した。覚兼は、武術や学問に長けており、各地で重宝され、後世に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました