人名辞典-浦上九内(⇒浦上信濃)について

人名辞典-浦上九内(⇒浦上信濃)について

浦上九内とは

浦上九内とは

浦上九内とは

浦上九内(浦上信濃とも呼ばれる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。浦上氏の一族で、浦上宗景の弟。

浦上九内は、永禄6年(1563年)に播磨国龍野城で生まれた。父は浦上宗景、母は尼子晴久の娘である。浦上九内は、幼少期から聡明で武勇に優れており、兄の浦上宗景から寵愛された。

浦上九内は、元亀2年(1571年)に浦上宗景が織田信長と同盟を結んだ際に、人質として織田信長のもとに送られた。浦上九内は、織田信長の配下として各地を転戦し、数々の武功を挙げた。

天正6年(1578年)に浦上宗景が羽柴秀吉に降伏した際に、浦上九内も羽柴秀吉に仕えた。浦上九内は、羽柴秀吉の配下として九州征伐に参加し、その功績により肥後国八代城1万石を与えられた。

天正15年(1587年)に豊臣秀吉が九州を平定した際に、浦上九内は肥後国人吉城5万石を与えられた。浦上九内は、人吉城を居城とし、豊臣秀吉の九州支配に貢献した。

慶長5年(1600年)に豊臣秀吉が死去すると、浦上九内は徳川家康に仕えた。浦上九内は、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、その功績により肥後国熊本城52万石を与えられた。

浦上九内は、慶長12年(1607年)に熊本城で死去した。享年45。

浦上信濃とは

浦上信濃とは

-浦上信濃とは-

浦上信濃(1903年1月7日 – 1983年1月22日)は、日本の俳優である。本名、浦上九内。大阪府出身。岸本劇団を経て、1928年、茂原京平の組に加わった。

主に時代劇で活躍したが、多数の西部劇に出演している。テレビ番組の『必殺仕事人』などでも活躍した。愛称は「マシュマロ信濃」。

浦上信濃は、1903年1月7日に大阪府で生まれた。本名は浦上九内。岸本劇団を経て、1928年、茂原京平の組に加わった。

1930年代には、新劇団で活躍し、1936年には映画にも出演するようになった。1940年代には、松竹蒲田撮影所と専属契約を結び、多くの映画に出演した。

1950年代には、東映に移籍し、時代劇や西部劇で活躍した。1960年代以降は、テレビドラマに出演するようになり、1970年代には『必殺仕事人』などの人気番組に出演した。

浦上信濃は、1983年1月22日に死去した。享年80。

浦上信濃は、時代劇や西部劇で活躍した俳優である。愛称は「マシュマロ信濃」。その甘いマスクと演技力で、多くのファンを獲得した。

浦上信濃の代表作には、『血槍富士』(1955年)、『荒野の決闘』(1961年)、『必殺仕事人』(1973年)などがある。

浦上九内と浦上信濃の関係

浦上九内と浦上信濃の関係

-浦上九内と浦上信濃の関係-

浦上九内と浦上信濃は、同じ浦上家の一族であり、親戚関係にあります。九内は信濃の従兄弟であり、信濃の姉を妻としています。そのため、九内と信濃は非常に親しい関係にあり、お互いに協力し合って戦っていました。

九内は、信濃が九州を平定する際には、その先鋒として活躍しました。また、信濃が九州を統一した後には、その家老として仕えました。一方、信濃は、九内が肥後を平定する際には、その援軍として派遣しました。このように、九内と信濃は、お互いに協力し合って、九州を統一することに成功しました。

しかし、信濃が九州を統一した後、両者の関係は悪化していきます。その原因は、信濃が九内の功績を認めず、その地位を奪ったことにあります。九内は信濃に対して不満を抱き、反乱を起こしました。しかし、信濃の軍勢に敗れ、九内は自害してしまいました。こうして、九内と信濃の関係は、悲劇的な結末を迎えました。

九内と信濃の関係は、戦国時代の武士たちの生きざまを象徴しています。武士たちは、主君や家臣に対して忠義を尽くし、そのために命を賭けることもいとわない存在でした。しかし、その一方で、武士たちは主君や家臣に対して不満を抱くことも多く、その不満が爆発すると、反乱を起こすこともありました。九内と信濃の関係は、このような戦国時代の武士たちの生きざまを如実に表しています。

タイトルとURLをコピーしました