大内惟義

大内惟義

活躍した時代は?

活躍した時代は?

大内惟義
活躍した時代は?

大内惟義は、戦国時代の武将であり、大内氏第31代当主である。1545年に生まれ、1582年に亡くなった。

惟義は、父である大内義隆の死後、家督を相続した。しかし、毛利氏と尼子氏の連合軍に攻め込まれ、1551年には周防国の大内氏の本拠地である山口城を落とされた。その後、惟義は九州に逃れ、大友氏を頼った。

1555年、惟義は毛利氏と和睦し、周防国に復帰した。その後、惟義は毛利氏と協力して、尼子氏を滅ぼした。1563年には、惟義は毛利氏と尼子氏の講和を仲介した。

1570年、惟義は毛利氏と決裂し、再び九州に逃れた。1572年、惟義は毛利氏に攻め込まれ、豊前国の田川城を落とされた。その後、惟義は九州に逃れ、大友氏を頼った。

1582年、惟義は九州で亡くなった。享年38。

惟義は、毛利氏と尼子氏という二大勢力に翻弄され、生涯にわたって戦乱に巻き込まれた。しかし、惟義は、毛利氏と尼子氏の和睦を仲介するなど、戦国時代の平和に貢献した。

主な功績は?

主な功績は?

-大見出し 大内惟義-

戦国時代の周防国の守護大名。大内義興の子。幼名は鶴寿丸。大内氏は安芸・周防・長門の三カ国を領する西国の雄であった。

-主な功績は?-

1. -尼子氏との戦い-

大内惟義は、尼子氏と争っていた毛利氏を支援し、尼子氏と戦った。尼子氏は中国地方を制覇する野心を抱いていた大名であり、大内氏は尼子氏の野心を阻止するため、毛利氏と同盟を結んで尼子氏と戦った。尼子氏との戦いは、長く続いたが、最終的には大内氏が勝利した。

2. -陶隆房の乱-

大内惟義は、家臣の陶隆房の謀反に遭った。陶隆房は、大内惟義を殺害して、大内氏の当主の座を奪おうとした。しかし、大内惟義は陶隆房の謀反を事前に察知し、陶隆房を討伐した。

3. -弘治二年(1556年)の地震-

弘治二年(1556年)、周防国で大きな地震が発生した。この地震は、大内氏の居城であった山口城を倒壊させた。大内惟義は、山口城の再建を命じ、山口城を以前よりも堅固な城にした。

4. -毛利元就との戦い-

大内惟義は、毛利元就と戦った。毛利元就は、大内氏の家臣であったが、大内氏から離反して、独立した大名となった。毛利元就は、大内氏を滅ぼそうと、大内氏と戦った。毛利元就は、大内氏に勝利し、大内氏を滅亡させた。

どんな人物だったのか?

どんな人物だったのか?

大内惟義

どんな人物だったのか?

大内惟義(1361年? – 1400年12月14日)は、室町時代の守護大名。大内氏10代当主。父は大内弘世。母は歌人として知られる鶴姫。
幼少時に父・弘世を亡くし、祖父・弘幸の養子となる。弘幸が死去した後、家督を継ぎ、守護職に就く。
惟義の治世は、大内氏が全盛期を迎えた時期である。惟義は、九州探題として九州に勢力を伸ばし、また、京都に上洛して朝廷から権威を授かった。また、応仁の乱では、幕府方として活躍し、功績を挙げた。

惟義の人物像については、史料が少なく、あまり知られていない。しかし、彼は、大変優れた武将であり、政治家であったと考えられている。

惟義は、勇猛果敢な武将であった。応仁の乱では、幕府方の総大将として戦い、数々の勝利を収めた。また、惟義は、政治家としても有能であり、家督を継いだ後、大内氏の勢力を拡大することに成功した。

惟義は、大内氏を全盛期に導いた名君であった。

タイトルとURLをコピーしました