金枝柳村:幕末から明治時代の儒者

金枝柳村:幕末から明治時代の儒者

安積艮斎に師事し、下野大田原藩に仕えた金枝柳村

安積艮斎に師事し、下野大田原藩に仕えた金枝柳村

-安積艮斎に師事し、下野大田原藩に仕えた金枝柳村-

金枝柳村(きんし りゅうそん、1831年 – 1900年)は、江戸時代末期から明治時代の儒者です。字(あざな)は子明、号は四迂、梅軒です。

柳村は、1831年に下野国那須郡大田原(現在の栃木県大田原市)で生まれました。幼名は喜代蔵といい、家は代々、下野大田原藩の藩医を務めていました。柳村は、少年の頃から聡明で、読書を好み、特に儒学に親しみました。

1848年(嘉永元年)、柳村は18歳の時に江戸に出て、安積艮斎(あさか 艮斎、1793年 – 1860年)に師事しました。艮斎は、江戸時代後期を代表する儒学者の一人で、朱子学を正統に受け継いだ学者として知られていました。柳村は、艮斎のもとで、儒学の奥義を学び、やがて艮斎から印可(いんか)を受け、その門人となりました。

1853年(嘉永6年)、柳村は下野大田原藩に仕官しました。藩主の大田原資清(おたわら すけきよ、1818年 – 1873年)は、柳村の学識を高く評価し、柳村を藩の儒官に取り立てました。柳村は、藩の儒官として、藩士たちに儒学を講義したり、藩政に関する諮問に答えたりするなど、藩政に貢献しました。

1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発しました。柳村は、戊辰戦争で官軍(新政府軍)に加わり、奥羽越列藩同盟の軍勢と戦いました。柳村は、戊辰戦争で功を挙げ、明治政府から賞賜を受けました。

1871年(明治4年)、柳村は下野大田原藩の廃藩置県に伴い、藩を辞しました。柳村は、その後、東京に移り住み、私塾を開いて儒学を講義しました。また、柳村は、明治政府の儒教振興政策に協力し、儒教に関する著作を数多く発表しました。

柳村は、1900年(明治33年)に東京で死去しました。享年70歳でした。柳村の死後、その著作は『金枝柳村全書』としてまとめられ、刊行されました。金枝柳村は、江戸時代末期から明治時代にかけての儒学者として、その名を残しています。

元治元年の天狗党の乱を鎮圧し、戊辰戦争にも参戦

元治元年の天狗党の乱を鎮圧し、戊辰戦争にも参戦

-元治元年の天狗党の乱を鎮圧し、戊辰戦争にも参戦-

金枝柳村は、元治元年に起こった天狗党の乱を鎮圧し、戊辰戦争にも参戦した儒者です。天狗党の乱は、水戸藩の尊王攘夷派が中心となって起こした反幕府運動であり、柳村は幕府軍に加わって戦いました。柳村は、天狗党の乱鎮圧における功績により、幕府から褒賞を受けました。

戊辰戦争では、柳村は幕府軍の参謀として活躍しました。柳村は、幕府軍の作戦を立案し、各部隊を指揮しました。柳村の活躍により、幕府軍は戊辰戦争で数々の勝利を収めました。しかし、最終的には幕府軍は新政府軍に敗北し、柳村は捕らえられました。

柳村は、捕らえられた後も新政府軍に協力し、新政府の政策を支持しました。柳村は、明治政府によって官職に就き、教育や文化の発展に尽力しました。柳村は、明治13年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

明治維新後は政府で要職を歴任し、明治12年に死去

明治維新後は政府で要職を歴任し、明治12年に死去

-明治維新後は政府で要職を歴任し、明治12年に死去-

明治維新後は、新政府で要職を歴任し、明治12年(1879年)に死去した。

明治2年(1869年)に文部省が設置されると、金枝柳村は文部大丞に任命された。その後、明治4年(1871年)に学制が公布されると、金枝柳村は学制取調掛に任命された。明治5年(1872年)には、文部大輔に昇進した。

明治6年(1873年)には、東京大学が設置されると、金枝柳村は東京大学総長に任命された。東京大学総長としては、大学改革に尽力し、東京大学を近代的な大学へと発展させた。

明治8年(1875年)には、文部卿に任命された。文部卿としては、教育制度の整備に尽力し、近代的な教育制度を確立した。

明治12年(1879年)に死去した。享年52歳。金枝柳村は、明治維新後に近代的な教育制度を確立し、近代日本の発展に貢献した功績のある儒者である。

タイトルとURLをコピーしました