阿閉事代- 日本書紀に現れる豪族

阿閉事代- 日本書紀に現れる豪族

「日本書紀」に登場する阿閉事代

「日本書紀」に登場する阿閉事代

-阿閉事代- 日本書紀に現れる豪族-

-「日本書紀」に登場する阿閉事代-

阿閉事代(あべのことがよ)は、飛鳥時代に活躍した豪族である。日本書紀にその名が登場し、聖徳太子の側近として仕えた人物として知られている。

阿閉事代の出自については、はっきりとしたことはわかっていない。しかし、阿閉氏という氏族は、河内国阿閉郡(現在の大阪府東大阪市)を本拠地とする豪族であり、事代は阿閉氏の出身であったと考えられている。

阿閉事代が初めて日本書紀に登場するのは、推古天皇12年(604年)のことである。このとき、聖徳太子が厩戸皇子(うまやどのうじ)として皇太子に立てられ、阿閉事代は太子の側近として仕えることになった。

阿閉事代は、太子の側近として、さまざまな重要な任務を担った。例えば、推古天皇15年(607年)に聖徳太子が遣隋使として隋に派遣されたとき、阿閉事代は太子の随行員として同行した。また、推古天皇20年(612年)に聖徳太子が十七条憲法を制定したとき、阿閉事代は太子の命を受けて、憲法の条文を起草した。

聖徳太子の死後、阿閉事代は引き続き皇室に仕え、皇極天皇の時代には太政大臣に任命された。皇極天皇4年(645年)に中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が蘇我入鹿を暗殺し、大化の改新が行われると、阿閉事代は改新の推進役として活躍した。

阿閉事代は、大化の改新の翌年に死去した。享年70歳であった。

阿閉事代は、聖徳太子の側近として仕え、皇極天皇・孝徳天皇の時代にも重きをなした豪族である。阿閉事代は、日本の歴史の中で重要な役割を果たした人物の一人であり、その功績は高く評価されている。

託宣を朝廷に伝えた豪族

託宣を朝廷に伝えた豪族

-託宣を朝廷に伝えた豪族-

阿閉事代は、日本書紀に現れる豪族です。阿閉氏、阿閉連の祖とされており、大和朝廷に仕えていました。

事代が初めて日本書紀に登場するのは、景行天皇40年のことです。景行天皇が九州に遠征した際、事代は天皇の軍に同行しました。事代は、天皇に九州の地理や風土について詳しく説明し、天皇の遠征を助けたとされます。

事代は、景行天皇の治世だけでなく、その後も朝廷に仕え続けました。応神天皇の治世には、天皇の命を受けて九州に派遣され、熊襲の反乱を鎮圧しました。また、仁徳天皇の治世には、天皇の命を受けて四国に派遣され、伊予の反乱を鎮圧しました。

事代は、朝廷に仕えただけでなく、託宣を朝廷に伝えたことでも知られています。託宣とは、神から人に対するメッセージのことです。事代は、神から託宣を受けると、それを朝廷に伝えていました。朝廷は、事代の託宣を重んじ、国家の政策を決める際に参考にしました。

事代は、大和朝廷に仕え、託宣を朝廷に伝えた功績により、朝廷から重んじられました。事代は、阿閉氏、阿閉連の祖であり、その子孫は代々朝廷に仕えました。

和歌荒樔田と磐余田の奉献

和歌荒樔田と磐余田の奉献

-和歌荒樔田と磐余田の奉献-

阿閉事代は、日本書紀に現れる豪族である。彼は、推古天皇の治世下で活躍し、数々の功績を挙げた。その中でも特に有名なのが、和歌荒樔田と磐余田の奉献である。

和歌荒樔田は、大和国(現在の奈良県)にあった田んぼであり、磐余田は、同じく大和国にあった田んぼである。この二つの田んぼは、阿閉事代が推古天皇に献上したものであり、その面積は合わせて1万町歩(約1万ヘクタール)にも及んだ。これは、当時の大和国で最大の田んぼであり、阿閉事代の財力の大きさを物語っている。

阿閉事代が和歌荒樔田と磐余田を献上した理由は、推古天皇が仏教を篤く信仰しており、仏教の興隆に力を入れようとしていたからである。阿閉事代は推古天皇のこの意向を汲み、仏教寺院の建立に必要な財源を提供するために、和歌荒樔田と磐余田を献上したのである。

和歌荒樔田と磐余田の奉献は、阿閉事代の仏教への篤い信仰心を示すものであるとともに、推古天皇の仏教政策を支えたものである。また、この二つの田んぼの奉献によって、阿閉事代は推古天皇から厚い信頼を得ることとなり、その後の出世の礎となった。

和歌荒樔田と磐余田は、現在も奈良県内に残されており、国の史跡に指定されている。この二つの田んぼは、阿閉事代の功績を伝える貴重な史跡であるとともに、推古天皇時代の仏教文化を垣間見ることができる貴重な史跡である。

タイトルとURLをコピーしました