神八井耳命→ 日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子

神八井耳命→ 日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子

神八井耳命の人物像

神八井耳命の人物像

神八井耳命の人物像

日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子、神八井耳命。神武天皇と日葉酢媛命の間に生まれたとされ、神武天皇崩御後に即位し、第2代天皇となったとされています。

神八井耳命は、その名の通り、神聖な井戸である八井耳の泉から生まれたとされます。この泉は、現在の奈良県桜井市にあるとされ、古来より神聖な泉として崇められてきました。

神八井耳命は、その父である神武天皇と同様に、武勇に優れ、数々の戦で勝利を収めたとされます。特に、熊野地方を平定した戦では、神武天皇の弟である五瀬命と共に大活躍し、見事に勝利を収めたと伝えられています。

神八井耳命は、また、政治的にも有能な人物であったとされます。神武天皇の崩御後、即位して第2代天皇となり、国の平定や制度の整備に努めました。また、神武天皇が定めた八紘一宇の思想を継承し、四方を平定して、国内の安定を図ったとされます。

神八井耳命は、神武天皇の崩御後、49年間の在位を経て、崩御したとされます。その陵墓は、現在の奈良県桜井市にあるとされ、現在もなお、人々から崇敬を集めています。

神八井耳命は、神武天皇の第2皇子であり、第2代天皇として、国の平定や制度の整備に努めた人物です。また、その武勇と政治的手腕で、人々から尊敬を集めた人物であったとされています。

神八井耳命と異母兄との確執

神八井耳命と異母兄との確執

-神八井耳命と異母兄との確執-

神八井耳命は、日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子です。母は、日向国の豪族である日向襲津彦の娘、吾平津媛(あひらつひめ)です。神八井耳命には、同母兄の神沼河耳命(かぬがわのみみのみこと)と、異母兄の神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)がいました。

神日本磐余彦尊は、神武天皇の第一皇子であり、皇太子でした。しかし、神八井耳命は、神日本磐余彦尊よりも優れた才能を持っていたと言われています。そのため、神日本磐余彦尊は、神八井耳命をライバル視し、憎悪していました。

ある日、神日本磐余彦尊は、神八井耳命を殺害しようとしました。しかし、神八井耳命は、神日本磐余彦尊の企みを知り、逃げ出しました。神八井耳命は、日向国に逃れ、そこで隠れ住みました。

神日本磐余彦尊は、神八井耳命が日向国に逃げたことを知ると、軍勢を率いて日向国に攻め込みました。神八井耳命は、神日本磐余彦尊の軍勢に抵抗しましたが、数の差が圧倒的で、ついに敗北しました。神八井耳命は、日向国の山中に逃れ、そこで自害しました。

神八井耳命の死後、神日本磐余彦尊は、無事に即位しました。しかし、神八井耳命の死は、神日本磐余彦尊の心に大きな傷を残しました。神日本磐余彦尊は、神八井耳命を殺害したことを後悔し、苦悩のうちに生涯を終えました。

神八井耳命の功績

神八井耳命の功績

神八井耳命の功績

神八井耳命は、日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子です。彼は、兄の迩々芸命(ににぎのみこと)とともに、父である神武天皇を助けて、大和地方の平定に貢献しました。

神八井耳命は、武勇に優れていたとされ、多くの戦いで勝利を収めました。特に有名なのが、熊野地方の賊徒を討伐した熊野征伐です。この戦いで、神八井耳命は、賊徒の首領である熊野建(くまのたけ)を討ち取り、熊野地方を平定しました。

また、神八井耳命は、政治手腕にも優れていました。彼は、大和地方の諸豪族との関係をうまくまとめ上げ、大和朝廷の権威を高めることに成功しました。さらに、彼は、農業や灌漑事業にも力を入れ、大和地方の経済発展に貢献しました。

神八井耳命は、神武天皇が崩御した後、兄の迩々芸命が即位すると、引き続き、天皇を助け、大和朝廷の発展に尽くしました。彼は、後に、垂仁天皇の時代に、第11代天皇として即位し、22年間在位しました。

神八井耳命は、神武天皇の皇位継承争いで、兄の迩々芸命に敗れて、皇位に就くことはできませんでしたが、それでも、大和朝廷の発展に大きく貢献しました。彼は、武勇と政治手腕を兼ね備えた名君として、後世の人々から敬慕されています。

タイトルとURLをコピーしました