甘露寺受長(1880~1977)

甘露寺受長(1880~1977)

伯爵としての人生

伯爵としての人生

-伯爵としての人生-

甘露寺受長は、1914年に伯爵に叙され、華族の仲間入りを果たしました。彼は貴族院議員として、政治の世界で活躍しました。また、実業家としても成功を収め、数多くの企業の経営に携わりました。

甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送りました。彼は、東京の麻布に邸宅を構え、多くの使用人を抱えていました。また、彼は旅行を好み、世界各地を巡りました。

しかし、甘露寺受長の伯爵としての生活は、必ずしも順風満帆ではありませんでした。彼は、第一次世界大戦や世界恐慌などの激動の時代を生き抜かなければなりませんでした。また、彼は貴族院議員として、様々な政治問題に取り組まなければなりませんでした。

甘露寺受長は、伯爵としての人生を全うし、1977年に亡くなりました。彼は、日本の近代史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。

甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送った一方で、政治家や実業家として、日本の近代化に貢献しました。彼は、日本の歴史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。

宮内省でのキャリア

宮内省でのキャリア

宮内省でのキャリア

甘露寺受長は、1907年に宮内省に入省しました。宮内書記生、主計官、図書課長などを歴任し、1924年に主計局長に就任しました。このとき、甘露寺はまだ44歳でした。甘露寺は、主計局長として皇室財産の管理や宮内省の予算編成などを担当しました。

甘露寺は、1927年に宮内次官に就任しました。宮内次官は、宮内大臣に次ぐ宮内省のナンバー2の地位です。甘露寺は、宮内次官として宮内省の行政事務全般を担当しました。

甘露寺は、1934年に宮内大臣に就任しました。宮内大臣は、宮内省の長官であり、皇室の秘書官でもありました。甘露寺は、宮内大臣として皇室の儀礼や行事などを統括しました。

甘露寺は、1946年に宮内大臣を辞任しました。第二次世界大戦後の宮内省の改革に伴って、宮内大臣の職が廃止されたためです。甘露寺は、その後、宮内庁参与などを歴任しました。

甘露寺受長は、宮内省で長年にわたって要職を務めた官僚です。甘露寺は、皇室財産の管理や宮内省の予算編成、皇室の儀礼や行事などの事務を担当しました。甘露寺は、戦後の宮内省の改革にも携わりました。

著作『背広の天皇』

著作『背広の天皇』

-著作『背広の天皇』-

甘露寺受長は、大正・昭和期の大蔵官僚、政治家であり、戦後、代議士として活躍しました。彼の著作の中で最も有名なのが、『背広の天皇』です。

『背広の天皇』は、1946年に出版された著書です。この本は、戦前の日本の天皇制について考察したものであり、天皇が国民に近づきやすい存在であるべきだと主張しています。甘露寺は、天皇が国民と直接対話することで、国民の信頼を得ることができると考えました。

『背広の天皇』は、戦後の日本の天皇制に大きな影響を与えました。この本は、天皇が国民に近づきやすい存在であるべきだという考えを広め、天皇と国民の関係を親密にしました。また、この本は、天皇が政治に関与すべきではないという考えを広め、天皇の政治的権力を制限しました。

『背広の天皇』は、日本における天皇制のあり方を考える上で、重要な著作です。この本は、天皇が国民に近づきやすい存在であるべきだと主張し、天皇と国民の関係を親密にしました。また、この本は、天皇が政治に関与すべきではないという考えを広め、天皇の政治的権力を制限しました。

タイトルとURLをコピーしました