甘露寺親長 – 室町時代の公卿

甘露寺親長 – 室町時代の公卿

甘露寺親長の生涯

甘露寺親長の生涯

– 甘露寺親長の生涯

甘露寺親長は、室町時代の公卿です。父は権大納言・甘露寺経光の次男。母は備後守・上杉重房の娘。妻は参議・万里小路時房の娘。

親長は、1426年に誕生しました。1444年に元服し、1446年に従三位に叙せられ、1447年に権中納言に任じられました。1450年に参議に昇進し、1452年に権大納言に任じられました。1455年に内大臣に昇進し、1456年に右大臣に任じられました。1457年に左大臣に昇進し、1458年に関白に任じられました。

親長は、足利義政の側近として活躍しました。また、公家衆の筆頭として、朝廷の政治を主導しました。1459年に寛正の土一揆が勃発すると、親長は朝廷を代表して一揆の鎮圧に尽力しました。しかし、一揆の鎮圧には失敗し、1460年に辞職しました。

1467年に応仁の乱が勃発すると、親長は東軍の総大将として、細川勝元らと戦いました。しかし、西軍の総大将である足利義政に敗北し、1468年に辞職しました。

1469年に親長は死去しました。享年43歳でした。

親長は、公家衆の筆頭として朝廷の政治を主導した人物でした。また、応仁の乱では東軍の総大将として戦いました。しかし、西軍に敗北し、辞職しました。

室町時代の公卿としての功績

室町時代の公卿としての功績

-室町時代の公卿としての功績-

甘露寺親長は、室町時代の公卿です。

彼は、権大納言や内大臣などの要職を歴任し、公卿として活躍しました。

彼の功績の一つは、足利義政を補佐し、室町幕府の安定に貢献したことでしょう。

彼は、義政の側近として、政務を助けていました。

また、彼は、義政の弟である足利義尚の教育係を務めていました。

義尚は、後に室町幕府の将軍になりましたが、彼の教育には甘露寺親長が大きく貢献していたと言われています。

彼の功績のもう一つは、公家の文化の発展に貢献したことでしょう。

彼は、多くの書物や詩文を著しました。

また、彼は、多くの公家をパトロンとして庇護しました。

彼の庇護を受けていた公家の中には、有名な歌人である能阿や、有名な連歌師である宗祇などがいます。

甘露寺親長は、室町時代を代表する公卿の一人であり、彼は、室町幕府の安定と公家の文化の発展に大きく貢献しました。

甘露寺親長の日記『親長卿記』

甘露寺親長の日記『親長卿記』

-甘露寺親長の日記『親長卿記』-

甘露寺親長は、鎌倉時代末期から室町時代初期にかけての公卿です。彼は、正平22年(1367年)に生まれ、応永21年(1414年)に亡くなりました。甘露寺親長は、公家として活躍する一方、日記を執筆しており、その日記は『親長卿記』と呼ばれています。

『親長卿記』は、甘露寺親長が、永徳3年(1383年)から応永21年(1414年)まで、約30年にわたって書き続けた日記です。この日記には、甘露寺親長の公務や私生活の様子、当時の政治や社会情勢など、さまざまなことが記録されています。『親長卿記』は、室町時代の公家の生活や政治情勢を知る上で、貴重な資料となっています。

『親長卿記』は、甘露寺親長の死後、甘露寺家によって保管されていましたが、明治時代に宮内省に移管されました。現在は、東京国立博物館に所蔵されています。『親長卿記』は、全30巻からなり、そのうち、永徳3年(1383年)から応永10年(1403年)までの部分は、国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。

『親長卿記』は、甘露寺親長の公務や私生活の様子、当時の政治や社会情勢など、さまざまなことが記録されています。この日記は、室町時代の公家の生活や政治情勢を知る上で、貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました