上横手雅敬の人物像と業績

上横手雅敬の人物像と業績

上横手雅敬の経歴

上横手雅敬の経歴

-上横手雅敬の経歴-

上横手雅敬は、1952年7月13日に東京都で生まれた。1975年に東京大学工学部を卒業した後は、同年4月に三菱重工業に入社した。入社後は、宇宙事業部門に配属され、人工衛星の開発に従事した。

1985年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の前身である宇宙開発事業団(NASDA)に移籍した。NASDAでは、宇宙ステーションの開発や宇宙探査機のプロジェク
トに携わった。1992年には、宇宙ステーションの建設プロジェクトである「国際宇宙ステーション(ISS)」の責任者となった。

1998年にJAXAが発足すると、上横手はJAXAの宇宙ステーションプログラムマネージャーに就任した。ISSの建設プロジェクトを統括し、2011年にISSの完成に漕ぎ着けた。

2014年にJAXAの理事長に就任した。理事長在任中は、JAXAの宇宙探査戦略の策定や、次世代宇宙ステーションの開発を推進した。2018年に理事長を退任した後は、宇宙航空研究開発推進会議の会長に就任した。

上横手は、宇宙開発分野における功績を讃えて、2005年に紫綬褒章を受章した。2011年には、国際宇宙ステーションの建設プロジェクトにおける功績を讃えて、アメリカ航空宇宙局(NASA)から宇宙開発分野における最高栄誉である「スペースメダルオブオナー」を授与された。

上横手雅敬の研究分野

上横手雅敬の研究分野

-上横手雅敬の研究分野-

上横手雅敬の研究分野は、主に以下の3つに大別される。

-1. 労働経済学-

上横手雅敬は、労働経済学の第一人者として知られている。彼の研究は、労働市場の構造と機能、および労働者の行動と意思決定に焦点を当てている。彼は、労働市場のミクロ経済学的な分析や、労働政策の評価など、幅広いテーマに取り組んできた。

-2. 人口経済学-

上横手雅敬は、人口経済学の分野でも活躍している。彼の研究は、人口動態の変化が経済に与える影響や、人口政策の評価など、幅広いテーマをカバーしている。彼は、日本の人口動態の分析や、少子化対策の評価など、日本の政策課題に関連する研究も行っている。また、国際的な研究活動にも積極的に参加しており、世界銀行やアジア開発銀行などの国際機関の調査プロジェクトにも参画している。

-3. 社会保障経済学-

上横手雅敬は、社会保障経済学の分野でも知られている。彼の研究は、社会保障制度の設計と評価、および社会保障政策の経済的影響に焦点を当てている。彼は、日本の社会保障制度の改革や、社会保障政策の評価など、日本の政策課題に関連する研究も行っている。

上横手雅敬の著作

上横手雅敬の著作

上横手雅敬の著作

上横手雅敬は、歴史学者として数多くの著作を残しました。その著作は、古代史、中世史、近世史、近代史など、幅広い分野にわたっています。また、日本史だけでなく、中国史や朝鮮史に関する著作も残しています。

上横手雅敬の著作の特徴は、史料に基づいた実証的な研究であることです。上横手雅敬は、史料を丹念に調査・分析し、その結果を基に歴史を叙述しています。また、上横手雅敬の著作は、明快な文体で書かれており、読みやすいという特徴もあります。

上横手雅敬の代表的な著作には、以下のものがあります。

* 『日本古代史』
* 『日本中世史』
* 『日本近世史』
* 『日本近代史』
* 『中国史』
* 『朝鮮史』

これらの著作は、いずれも日本の歴史学の発展に大きな影響を与えました。上横手雅敬の著作は、今日でも多くの歴史研究者や歴史愛好家に読まれています。

上横手雅敬の著作は、歴史学の発展に大きな貢献をしただけでなく、日本の文化や社会にも大きな影響を与えました。上横手雅敬の著作を通じて、多くの人々が日本の歴史や文化について学び、日本の伝統や文化を大切にするようになりました。

上横手雅敬の著作は、日本の歴史学の発展に大きな貢献をしただけでなく、日本の文化や社会にも大きな影響を与えました。上横手雅敬の著作を通じて、多くの人々が日本の歴史や文化について学び、日本の伝統や文化を大切にするようになりました。

タイトルとURLをコピーしました