青家次-戦国-織豊時代の鏡師

青家次-戦国-織豊時代の鏡師

天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡

天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡

– 天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡

青家次は、戦国時代から織豊時代に活躍した鏡師として知られています。青家次が鏡師として活躍していた時期は、茶道が盛んになった時代であり、青家次も茶人の間で人気を博しました。青家次の作風は、伝統的な鏡の技法を踏襲しつつも、新しい要素を取り入れた斬新なデザインであり、その作品は「青家次鏡」と呼ばれて珍重されました。

青家次の作品の中でも、特に有名なのが「天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡」です。この鏡は、天正16年(1588年)に制作されたもので、直径は約25cmです。鏡の表面には、桐と竹の文様が描かれており、その中央には「天下一天正十六」の銘が刻まれています。

この鏡は、青家次の傑作として知られており、現在では重要文化財に指定されています。また、この鏡は、青家次の鏡師としての技術の高さを示す作品としても知られており、茶人や美術愛好家から高い評価を受けています。

– 天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡の特徴

天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡は、青家次の代表作として知られており、数多くの特徴を持っています。

まず、この鏡は、直径約25cmという比較的小さな鏡であるということが特徴です。この鏡の大きさは、茶道で使用するためのサイズとして最適であり、青家次が茶人の間で人気を博していたことを示しています。

また、この鏡は、桐と竹の文様が描かれているということも特徴です。桐と竹は、ともに縁起の良いとされる植物であり、この鏡に描かれている桐と竹の文様は、吉祥文様として知られています。

さらに、この鏡には「天下一天正十六」の銘が刻まれているということも特徴です。この銘は、この鏡が天正16年(1588年)に制作されたことを示しており、青家次が鏡師として活躍していた時期の作品であることを示しています。

天下一天正(てんしょう)十六の銘をもつ桐竹文鏡は、青家次の鏡師としての技術の高さを示す作品であり、茶人や美術愛好家から高い評価を受けています。

天正時代に京都で活躍したとみられる

天正時代に京都で活躍したとみられる

天正時代に京都で活躍したとみられる

青家は、戦国時代から織豊時代にかけて活動した鏡師の一族です。その出自については諸説ありますが、近江国(現在の滋賀県)出身で、戦国大名である浅井氏の庇護を受けていたとされています。浅井氏が織田信長に滅ぼされた後、青家は京都に移住し、鏡師として生計を立てました。

青家が京都で鏡師として活躍していた時期は、天正時代(1573~1592)とされています。天正時代は、織田信長が天下統一を目指して各地を転戦していた時期で、京都は戦乱の渦中にありました。しかし、青家は戦乱にも負けず、鏡師として成功を収めたようです。

青家が制作した鏡は、その精巧な作りと美しい文様で知られており、当時の公家や武家から高い評価を受けていました。青家の鏡は、国内だけでなく、海外にも輸出され、ヨーロッパでも珍重されていました。

天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で横死すると、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げました。豊臣秀吉は、青家の鏡を気に入り、青家を保護しました。青家は、豊臣秀吉の庇護のもとで、鏡師としてさらに活躍し、安土桃山時代を代表する鏡師となりました。

青家の鏡は、現在でも多くの博物館や美術館に所蔵されており、その精巧な作りと美しい文様は、多くの人々を魅了しています。青家は、日本の伝統工芸である鏡作りに大きく貢献した人物であり、その業績は今日でも高く評価されています。

禁裏,宮家の御用鏡師

禁裏,宮家の御用鏡師

-禁裏,宮家の御用鏡師-

青家次は戦国時代から織豊時代に活躍した鏡師で、禁裏や宮家の御用鏡師を務めました。青家次が御用鏡師となったのは、その卓越した技術と、鏡に対する深い理解があったからです。

青家次は、鏡を単なる道具としてではなく、芸術作品として捉えていました。彼は鏡の形状や装飾に細心の注意を払い、鏡に独自の美しさを与えました。また、青家次は鏡の材質にもこだわり、耐久性と美しさを兼ね備えた鏡を制作しました。

青家次の鏡は、その美しさ故に、禁裏や宮家で珍重され、多くの注文が入りました。青家次は、これらの注文に応えるため、弟子を育てて鏡の制作を分担させました。こうして、青家次の鏡は全国各地に広まり、人々に愛されるようになりました。

青家次の鏡は、その美しさだけでなく、その耐久性でも知られています。青家次は、鏡の材質に銅や錫を使用し、鏡の表面を丁寧に磨きました。これにより、青家次の鏡は錆びにくく、長期間にわたって使用することができました。

青家次の鏡は、日本の伝統工芸の中でも特に優れた作品として知られています。青家次の鏡は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、人々にその美しさを堪能されています。

青家次は、禁裏や宮家の御用鏡師として活躍しただけでなく、鏡の制作技術の向上にも貢献しました。青家次は、鏡の材質や形状、装飾に新しい工夫を加え、鏡の制作技術を大きく発展させました。青家次の鏡の制作技術は、現在でも多くの鏡師に受け継がれており、日本の伝統工芸の発展に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました