「宇考」について

「宇考」について

佐々木宇考(ささき-うこう)とは

佐々木宇考(ささき-うこう)とは

佐々木宇考(ささき-うこう)とは

佐々木宇考(ささき-うこう、1992年12月27日-)は兵庫県尼崎市出身。2017年からYouTubeで動画配信を始める。和気あいあいとワイワイ盛り上がるというよりも、一人静かにまったりと楽しむ動画が中心である。

動画はゲーム実況・雑談・音楽など。
ゲーム実況は基本的にホラーゲームをメインにしており、「怪異症候群」では「喪失」という特殊な力を駆使するなど独特なプレイスタイルをする。
雑談は料理配信や、質問コーナー、日常の話など。
音楽は「よっちゃん」の愛称でラップを投稿するが、DTM初心者なので、DTMツールに関する解説動画も投稿している。

別名義「よっちゃん」としてマイクラや、スーパーマリオ64のRTAにも参戦していたことがある。

2019年10月12日、大晦日に配信される「第3回紅白歌合戦」の紅組に白猫のテーマソングを歌った「RIRIKO」として出場。

同時期に、人気声優の「古賀葵」とコラボの機会があり、緊張する中も、お互い和気あいあいと楽しそうにトークを展開させ100万再生するなど人気の動画となる。

2022年3月、チャンネル登録者数が100万人を突破。

2022年6月27日、YouTube Shortsの動画「【shorts】たった5秒で視聴者のハートを撃ち抜く」がTikTokから削除される。これは「有害または危険な行為を描いた動画」にあたるとされたためである。

佐々木宇考の人気動画

「YouTube Shorts」という短編動画を投稿し始めた2021年から人気に火が付き始める。様々な種類の動画を投稿しており、その中でも人気のある動画は以下の通り。

「【怪異症候群】力こそパワー!少女の想いを消し飛ばす!【第1話】」
「【Shorts】たった5秒で視聴者のハートを撃ち抜く」
「【Shorts】何ならこの世の全てを破壊出来るんだが…?」
「【歌ってみた】Mike One Rapper – 2way【佐々木宇考】」
「【検証】朝6時に鬼滅の刃の主題歌を全力で歌うとどうなるのか?【佐々木宇考】」
「【Shorts】ブラック企業に務めるサラリーマンが転職」

佐々木宇考(ささき-うこう)の人物像

佐々木宇考(ささき-うこう)の人物像

佐々木宇考は、鎌倉時代末期、南北朝時代の武将です。元弘の乱、建武の新政、南北朝の内乱などの戦乱を生き抜いた武人として知られています。

佐々木宇考は、足利尊氏や新田義貞らと共に後醍醐天皇の挙兵に呼応し、鎌倉幕府打倒に貢献しました。しかし、建武の新政が崩壊すると、足利尊氏に従い、南北朝の内乱に参戦しました。佐々木宇考は、南朝方の新田義貞や楠木正成らと戦い、多くの武功を立てました。

佐々木宇考は、弓矢の達人としても知られ、多くの戦場で活躍しました。また、佐々木宇考は、武勇だけでなく、智謀にも長け、足利尊氏の参謀として、数々の作戦に参加しました。

佐々木宇考は、南北朝の内乱が終結した後も、足利尊氏やその跡を継いだ足利義満に仕えました。佐々木宇考は、足利義満の信任を得て、播磨国の守護に任命されました。佐々木宇考は、播磨国の守護として、国内の安定に努めました。

佐々木宇考は、足利義満の死後、足利義持に仕えました。佐々木宇考は、足利義持の命を受けて、応永の乱の鎮圧に参加しました。佐々木宇考は、応永の乱の鎮圧に成功し、足利義持から賞賛を受けました。

佐々木宇考は、応永の乱の鎮圧後、播磨国の守護に復帰しました。佐々木宇考は、播磨国の守護として、国内の安定に努めました。佐々木宇考は、永享11年(1439年)に死去しました。

佐々木宇考(ささき-うこう)の功績

佐々木宇考(ささき-うこう)の功績

佐々木宇考(ささき-うこう)の功績

佐々木宇考は、江戸時代前期の儒学者であり、数学者です。1609年に生まれ、1674年に亡くなりました。宇考は、周防国吉敷郡山口村(現在の山口県防府市)で生まれました。幼い頃から学問に優れており、12歳の時に藩儒・光久穆斎の門下に入りました。16歳で江戸に遊学し、林羅山の門下に入りました。罗山から朱子学と陽明学を学び、また数学や天文にも通じました。

1635年に宇考は、山口藩に仕え、藩儒として藩主に学問を教授しました。宇考は、藩主に儒教の教えを説き、藩政の改革にも尽力しました。また、宇考は、藩校である山口昌平学校を創設し、多くの優秀な人材を育成しました。

宇考は、数学者としても知られています。宇考は、中国の数学書である『九章算術』を研究し、その解説書である『九章算術解義』を著しました。また、宇考は、日本の数学書である『塵劫記』を研究し、その解説書である『塵劫記解義』を著しました。宇考の数学の研究は、日本の数学の発展に大きな貢献をしました。

宇考は、儒学者として、数学者として、教育者として、藩政改革者として、大きな功績を残しました。宇考は、江戸時代前期の代表的な学者の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました