宇佐美勝興-越後流軍学の祖

宇佐美勝興-越後流軍学の祖

宇佐美勝興の生涯

宇佐美勝興の生涯

宇佐美勝興の生涯

宇佐美勝興は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将、軍学者です。越後流軍学の祖として知られ、その兵法は徳川家康をはじめとする多くの武将に影響を与えました。

勝興は、永禄5年(1562年)、越後国(現在の新潟県)に生まれました。幼い頃から兵法を学び、18歳の時に上杉謙信に仕えました。謙信の死後は、上杉景勝に仕え、会津征伐や関ヶ原の戦いなどに参加しました。

関ヶ原の戦いでは、景勝の軍勢を率いて奮戦しましたが、徳川家康の軍勢に敗北しました。その後、景勝は会津に蟄居させられ、勝興も越後国に帰郷しました。

勝興は、帰郷後、兵法の研究に専念しました。そして、独自の兵法を編み出し、それを越後流軍学と名付けました。越後流軍学は、戦術や戦略だけでなく、兵士の精神教育にも重点を置いた兵法でした。

勝興の兵法は、多くの武将に影響を与えました。特に、徳川家康は勝興の兵法を高く評価し、その教えを幕府の軍制に導入しました。

勝興は、寛永21年(1644年)、83歳で亡くなりました。しかし、彼の兵法はその後も長く受け継がれ、日本における兵法の発展に大きな影響を与えました。

越後流軍学とは

越後流軍学とは

– 越後流軍学とは

越後流軍学とは、江戸時代前期に宇佐美勝興が、戦国大名上杉謙信の軍法を基礎にして創始した軍学です。
上杉謙信の軍法の精髄である「奇正相生」の思想を基本として、敵の虚を突く奇襲戦法や、味方の団結力を高めるための統制法などを体系化しています。

越後流軍学は、上杉家だけでなく、加賀前田家、肥前鍋島家、薩摩島津家など、多くの戦国大名に採用され、日本の戦術の近代化に大きな影響を与えました。

越後流軍学の主な特徴は、以下の3つです。

* -奇正相生- 敵の虚を突く奇襲戦法と、正面からの堂々とした攻撃を組み合わせることで、敵を撹乱して勝利を収める戦術です。
* -統制法- 味方の団結力を高めるために、厳しい規律を設け、軍隊の組織力を向上させる方法です。
* -陣形法- 敵の攻撃を防ぎ、味方の攻撃を有利にするための陣形を考案する学問です。

越後流軍学は、江戸時代中期以降に、弓術や剣術などの武術と融合して、近世武術として発展しました。

近世武術は、江戸時代の武士の教養として盛んに行われ、現代の日本武道の源流となっています。

宇佐美勝興の著作「武経要略」

宇佐美勝興の著作「武経要略」

-宇佐美勝興の著作「武経要略」-

宇佐美勝興は、越後流軍学の祖であり、戦国時代の武将としても活躍しました。彼は、数々の著作を残しており、その中でも最も有名なのが「武経要略」です。

「武経要略」は、全10巻からなる軍事学書であり、兵法、陣法、戦術、兵器など、あらゆる軍事に関連する事項を網羅しています。勝興は、この書の中で、戦国時代の戦場で培った経験をふんだんに盛り込み、実践的な戦術を解説しています。

「武経要略」は、その内容の充実さと分かりやすさから、江戸時代には広く読まれ、多くの武将たちの座右の書となりました。また、この書は、明治維新後も軍人教育のテキストとして使用され、日本の近代軍事学の発展にも大きな影響を与えました。

「武経要略」は、戦国時代の軍事学を学ぶ上で欠かせない貴重な史料であり、現代においても、その価値は色褪せていません。

-「武経要略」の特徴-

「武経要略」は、他の軍事学書とは一線を画す特徴を備えています。その特徴の一つは、実践的な戦術を解説していることです。勝興は、戦国時代の戦場で培った経験をふんだんに盛り込み、実際の戦場で使える戦術を解説しています。

「武経要略」の特徴のもう一つは、分かりやすいことです。勝興は、難しい専門用語を極力避け、平易な言葉で戦術を解説しています。そのため、「武経要略」は、軍事の専門知識がない人でも理解することができます。

「武経要略」は、実践的で分かりやすい軍事学書であり、江戸時代、明治時代、さらには現代に至るまで、多くの人々に読まれ続けています。

タイトルとURLをコピーしました