戦国時代の馬術家──氏家高継

戦国時代の馬術家──氏家高継

八条流の馬術を極めた氏家高継

八条流の馬術を極めた氏家高継

– 八条流の馬術を極めた氏家高継

戦国時代の馬術家である氏家高継は、八条流の馬術を極めた人物として知られています。八条流とは、室町時代に京都の公家である八条実基が創始した馬術流派です。八条流は、武家よりも公家や僧侶の間で盛んに学ばれていましたが、氏家高継は武家でありながら、八条流の馬術を学び、その奥義を極めました。

氏家高継は、永正16年(1518年)に、尾張国(現在の愛知県)の海東郡氏家郷(現在の稲沢市)に生まれました。幼い頃から馬術の才能を発揮し、15歳のときには、八条流の馬術を学ぶために、京都に上洛しました。氏家高継は、八条流の開祖である八条実基の孫である八条実教に師事し、八条流の馬術の奥義を学びました。

氏家高継は、八条流の馬術を極めると、尾張国に戻り、織田信長の家臣となりました。織田信長は、氏家高継の馬術の才能を高く評価し、氏家高継を馬術指南役として任命しました。氏家高継は、織田信長の馬術の指導を行い、織田信長の馬術の腕前を向上させました。

氏家高継は、永禄11年(1568年)に、織田信長とともに上洛し、室町幕府を滅亡させました。その後、氏家高継は、織田信長の命により、各地を転戦し、数々の武功を挙げました。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が自害すると、氏家高継は、織田信長の次男である織田信雄に仕えました。

氏家高継は、慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、徳川家康に味方して戦いました。関ヶ原の戦いの後、氏家高継は、徳川家康から、尾張国海東郡で1万石の所領を与えられました。氏家高継は、晩年を尾張国で過ごし、元和2年(1616年)に、死去しました。

氏家高継は、戦国時代の馬術家として、その名を残した人物です。氏家高継は、八条流の馬術を極め、織田信長の馬術の指導を行い、織田信長の馬術の腕前を向上させました。氏家高継は、武家でありながら、八条流の馬術を学び、その奥義を極めた人物であり、その功績は、今日でも高く評価されています。

君袋高胤など、高弟を育成した氏家高継

君袋高胤など、高弟を育成した氏家高継

-君袋高胤など、高弟を育成した氏家高継-

氏家高継は戦国時代の馬術家で、新陰流の開祖としても知られています。足利学校に学び、兵法や馬術を研究する中で、従来の馬術には限界があると実感。そこから独自の馬術理論を構築し、新陰流を創始しました。

新陰流は、足さばきや剣さばきなどの技術を重視した馬術で、当時としては画期的なものでした。多くの武士が新陰流を学び、戦国時代の合戦において活躍しました。

氏家高継は、優秀な指導者でもあり、多くの高弟を育て上げました。その中でも特に有名なのは、君袋高胤です。君袋高胤は、上杉謙信の家臣として活躍し、川中島合戦など数々の戦いで武功を挙げました。

他にも、氏家高継の高弟には、上泉伊勢守信綱、伊賀守信房、岡田助左衛門など、そうそうたる顔ぶれが揃います。彼らは、それぞれ独自の馬術流派を興し、新陰流の普及に貢献しました。

氏家高継は、馬術家としてだけでなく、教育者としても大きな功績を残した人物です。彼の教えは、後の世の剣豪たちに大きな影響を与え、日本の剣術の歴史において重要な位置を占めています。

三河守として知られる氏家高継

三河守として知られる氏家高継

-三河守として知られる氏家高継-

氏家高継は、戦国時代に活躍した馬術家です。足利義輝に仕えて三河守となり、後に徳川家康に仕えました。高継は馬術の達人として知られ、家康の馬術指南役を務めました。また、「策伝集」「馬術伝書」などの馬術に関する著作も残しています。

高継は、三河国(現在の愛知県東部)の出身です。若い頃から馬術を学び、抜群の才能を発揮しました。1550年(天文19年)に足利義輝に仕え、三河守に任じられます。高継は、義輝の馬術指南役を務め、義輝の馬術の上達に貢献しました。

1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いで義輝が戦死すると、高継は徳川家康に仕えました。高継は、家康の馬術指南役を務め、家康の馬術の上達に貢献しました。また、高継は家康の参謀として活躍し、家康の天下統一に貢献しました。

高継は、1587年(天正15年)に死去しました。享年は72歳でした。高継は、戦国時代を代表する馬術家であり、家康の天下統一に貢献した人物です。

高継の馬術に関する著作は、後世の馬術家たちに大きな影響を与えました。特に、「策伝集」は、馬術の古典として知られており、現在でも多くの馬術家が愛読しています。

高継は、馬術の達人としてだけでなく、家康の参謀としても活躍した人物です。高継の知略は、家康の天下統一に大きく貢献しました。高継は、戦国時代を代表する名将の一人です。

タイトルとURLをコピーしました