「祇王・祇女」

「祇王・祇女」

平家物語の白拍子姉妹

平家物語の白拍子姉妹

-「祇王・祇女」-

-平家物語の白拍子姉妹-

平家物語に登場する祇王と祇女は、白拍子姉妹として知られています。白拍子は、平安時代後期に現れた芸能者の一種で、舞や歌、楽器演奏などを得意とする女性たちでした。祇王と祇女もまた、白拍子として活躍していた姉妹です。

祇王は、平清盛の寵愛を受けた白拍子であり、清盛との間に一子・清経をもうけました。しかし、清盛が祇王を離縁した後は、祇王は白拍子として再び舞台に立つようになります。一方、祇女は祇王の妹であり、姉同様に白拍子として活躍していました。

ある日、祇王と祇女は、平清盛の嫡男・重盛の邸宅に招かれました。重盛は、祇王と祇女の舞を気に入り、二人は重盛の寵愛を受けるようになります。しかし、祇王と祇女は、やがて重盛の弟・宗盛と恋仲になってしまいます。

宗盛は、祇王と祇女を屋敷に連れ込み、二人を愛人として囲うようになります。しかし、重盛は祇王と祇女が宗盛と恋仲であることを知り、激怒します。重盛は、祇王と祇女を屋敷から追い出し、二人の白拍子としての活動も禁止してしまいます。

祇王と祇女は、重盛の命令によって、白拍子として舞台に立つことができなくなりました。二人は、京都を追われ、各地を放浪することになります。祇王と祇女は、その後、どのような人生を送ったのかはわかっていません。

祇王と祇女は、平家物語に登場する白拍子姉妹として知られています。二人は、平清盛と重盛の寵愛を受けましたが、やがて宗盛と恋仲になってしまい、重盛の怒りを買ってしまいます。祇王と祇女は、重盛の命令によって、白拍子としての活動が禁止され、京都を追われて各地を放浪することになります。二人は、その後、どのような人生を送ったのかはわかっていません。

祇王と平清盛の寵愛

祇王と平清盛の寵愛

-祇王と平清盛の寵愛-

祇王は、平安時代の白拍子として知られる女性です。彼女は、平清盛の寵愛を受け、二人の間に祇女という娘を授かりました。

祇王は、京都で生まれ育ち、白拍子として活躍していました。白拍子は、平安時代中期以降に生まれた芸能者であり、舞や歌を披露して人々を楽しませました。祇王は、その美貌と優れた芸で多くの人の注目を集めていました。

清盛は、祇王の噂を聞きつけ、彼女を召し出しました。清盛は、祇王の美しさに一目惚れし、寵愛するようになりました。清盛は、祇王のために屋敷を建て、多くの贈り物を与えました。祇王も、清盛に心酔するようになり、二人の仲は深まっていきました。

やがて、祇王は清盛の子供を身ごもりました。清盛は、祇王の懐妊を喜び、祇王を正室の地位に上げようとしました。しかし、清盛の正室である平時子は、祇王の昇格を認めませんでした。時子は、祇王を妾として扱うように清盛に迫り、清盛は時子の意向に従うしかありませんでした。

祇王は、妾の身分であることを恥じ、清盛に離縁を申し出ました。清盛は、祇王の申し出を拒否しましたが、祇王は清盛の屋敷を出て、娘の祇女を連れて京の都を後にしました。

祇王は、京の都を離れた後、各地を放浪しました。彼女は、白拍子として舞や歌を披露しながら、娘の祇女を育てました。祇王は、清盛への愛を胸に秘めながら、波乱に満ちた生涯を送りました。

仏御前との三角関係

仏御前との三角関係

– 「祇王・祇女」

「祇王・祇女」は、平安時代末期の白拍子として知られる、祇王と祇女の姉妹を主人公とした、歌舞伎舞踊劇および浄瑠璃の一種です。

– 仏御前との三角関係

祇王と祇女は、平清盛の寵愛を受けていた白拍子として知られていました。平清盛は、祇王と祇女の舞に魅了され、彼女たちを深く愛していました。

しかし、平清盛は、祇王と祇女のほかにも、仏御前という白拍子を愛していました。仏御前は、祇王と祇女よりも年上で、成熟した魅力を備えた女性でした。平清盛は、仏御前の妖艶な舞に魅了され、彼女を寵愛するようになりました。

平清盛が仏御前を寵愛するようになったことで、祇王と祇女は、仏御前と三角関係の状態に陥ってしまいました。祇王と祇女は、平清盛の愛を取り戻すために、必死に舞を披露し、平清盛の寵愛を競い合いました。

しかし、平清盛は、仏御前を寵愛し続け、祇王と祇女の愛は実りませんでした。祇王と祇女は、平清盛の愛を失い、悲嘆にくれていました。

ある日、祇王と祇女は、平清盛の屋敷を後にし、出家して尼となりました。祇王と祇女は、尼となった後も、平清盛のことを思い続け、彼の冥福を祈っていました。

祇王と祇女の悲恋は、歌舞伎舞踊劇および浄瑠璃の一種として、広く知られています。祇王と祇女の舞は、観客を魅了し、感動を与えてきました。

母娘の出家と隠棲

母娘の出家と隠棲

– 「母娘の出家と隠棲」

平清盛の寵愛を受け、子を生んだ祇王と祇女は、清盛が祇園女御を寵愛するようになったのをきっかけに、その寵愛を失い、都を追われます。

祇王と祇女は、都を離れ、嵯峨野に庵を結んで出家し、隠棲しました。

庵は、祇王寺と呼ばれ、祇王と祇女は、そこで仏に仕え、清盛を恨むことなく、平穏に暮らしました。

祇王は、出家したときには、まだ若く、清盛を愛していましたが、次第に仏教に帰依し、清盛への恨みも消えていきました。

祇女は、母である祇王よりも、清盛への恨みが強く、清盛を呪い続けました。

しかし、祇王は、祇女に「清盛を恨んではいけない。清盛は、祇園女御を愛しているだけなのだ。祇園女御は、清盛にふさわしい女性だ。私たちは、清盛を恨んではいけない」と諭しました。

祇女は、母の言葉を聞き、次第に清盛への恨みを消し、仏教に帰依しました。

祇王と祇女は、祇王寺で、平穏に暮らしました。

祇王は、80歳で亡くなり、祇女は、90歳で亡くなりました。

祇王と祇女は、都を追われて、嵯峨野に庵を結んで出家し、隠棲しましたが、最後まで清盛への恨みを消すことはできませんでした。

しかし、祇王と祇女は、仏教に帰依し、平穏に暮らしました。

仏御前の出家と念仏往生

仏御前の出家と念仏往生

-「仏御前の出家と念仏往生」-

祇王と祇女の物語は、平安時代の説話集『今昔物語集』に収められている説話である。この物語は、祇王と祇女の二人の遊女が、仏教の教えによって救われるという筋書きである。

祇王と祇女は、京都の五条坂に住む遊女であった。彼女たちは、美貌と舞の才能で評判が高く、多くの男性から寵愛を受けていた。しかし、祇王は仏教の教えを聞き、出家することを決意する。祇女は、祇王の決意を聞き、彼女に同行して出家する。

祇王と祇女は、比叡山に登り、仏門に入る。彼女たちは、仏教の教えを学び、念仏を唱えて修行をする。そして、念仏往生を果たして、極楽浄土に生まれ変わる。

祇王と祇女の物語は、平安時代の庶民の信仰を反映した説話である。この物語は、仏教の教えによって救われるという庶民の憧れを表現している。また、この物語は、遊女の救済をテーマとした作品としても評価されている。

祇王と祇女の物語は、日本の芸能の世界でも親しまれている。この物語を題材とした演劇や歌舞伎が数多く上演されている。また、この物語を題材とした小説や映画も数多く制作されている。

タイトルとURLをコピーしました