箕外需糠 – 室町-戦国時代の僧

箕外需糠 – 室町-戦国時代の僧

大寧寺の住職

大寧寺の住職

-大寧寺の住職-

箕外需糠は、室町~戦国時代の僧です。黄檗宗の開祖である隠元隆琦の弟にあたります。黄檗宗は中国の明の時代末期に普庵祖能(ほあんぞうのう)によって開かれた禅宗の一派です。

箕外需糠はもとは臨済宗の僧でしたが、隠元隆琦が黄檗宗を日本に伝えると、これに帰依して黄檗宗の僧となりました。隠元隆琦の死後、大寧寺の住職を継ぎました。

大寧寺は、隠元隆琦が開いた黄檗宗の総本山です。京都府宇治市にあります。箕外需糠は、大寧寺の住職として、黄檗宗の発展に努めました。

箕外需糠は、黄檗宗の僧としてだけでなく、茶人としても知られています。また、書画にも優れていました。箕外需糠の書画には、現在でも高い評価が与えられています。

箕外需糠は、1679年に大寧寺で亡くなりました。

曹洞宗の継承者

曹洞宗の継承者

曹洞宗の継承者

箕外需糠は、室町から戦国時代にかけて活躍した曹洞宗の僧侶です。加賀国(現在の石川県)に生まれ、幼い頃から出家して曹洞宗の僧侶となります。その後、京都の建仁寺や南禅寺で修行を重ね、曹洞宗の奥義を極めました。

箕外需糠は、曹洞宗の継承者として、曹洞宗の教えを弘めるために尽力しました。また、曹洞宗の僧侶の育成にも力を注ぎ、多くの弟子を育て上げました。その弟子の中には、後に曹洞宗の管長を務めた人物もおり、箕外需糠の教えは曹洞宗の発展に大きく貢献しました。

箕外需糠は、曹洞宗の僧侶としてだけでなく、文人としても知られていました。書画に優れており、多くの作品を残しています。また、漢詩にも長けており、多くの詩を残しています。箕外需糠の作品は、その高い芸術性から、現在もなお多くの人々に愛されています。

箕外需糠は、曹洞宗の継承者として、曹洞宗の教えを弘めるために尽力しただけでなく、文人としても活躍しました。その高い芸術性から、現在もなお多くの人々に愛される人物です。

生涯と功績

生涯と功績

-生涯と功績-

箕外需糠(みのとすぬか、生没年不明)は、室町時代中期の僧侶。名は「箕外需糠」であるが、読み方が不明で、他に「みのおすぬか」「みのとすぬか」「みのとすぬぎ」「みのかとのすぬか」などの表記がある。建長寺に学び、曹洞宗の祖である道元禅師の法系を継ぐ。

建長寺で修行し、その後、上野国(現在の群馬県)の長楽寺に開山する。長楽寺は、箕外需糠の弟子である黙堂元玄によって中興され、曹洞宗の重要な寺院となる。

箕外需糠は、道元禅師の教えである「只管打坐」を重視し、坐禅による悟りを説いた。また、書画にも優れ、書家としても名を残している。

箕外需糠の弟子には、黙堂元玄の他に、東陰恒超、明極楚俊、春浦宗甫など、曹洞宗の発展に貢献した多くの人材がいる。

箕外需糠は、道元禅師の法系を継承し、曹洞宗の普及に努めた僧侶である。坐禅による悟りを説き、書家としても活躍した。その弟子たちは、曹洞宗の発展に大きく貢献し、箕外需糠は曹洞宗の歴史において重要な人物となっている。

タイトルとURLをコピーしました