– 安積親王:奈良時代の人物

– 安積親王:奈良時代の人物

聖武天皇の唯一の皇子

聖武天皇の唯一の皇子

– 聖武天皇の唯一の皇子

安積親王は、奈良時代の皇族であり、聖武天皇の唯一の皇子でした。聖武天皇と同じく淡路国に流され、一説にはそこで死去したともいわれています。

安積親王は、天平16年(744年)に生まれました。聖武天皇と光明皇后の間に生まれた唯一の皇子であり、皇太子として大切に育てられました。しかし、安積親王は病弱で、幼少期から体が弱かったといいます。

天平21年(749年)、聖武天皇が崩御すると、安積親王はわずか5歳で即位しました。しかし、安積親王は病弱であったため、実権は光明皇后や藤原仲麻呂らが握りました。

天平勝宝9年(757年)、安積親王は淡路国に流されました。この流罪の原因は、藤原仲麻呂が安積親王の廃太子を謀ったためだといわれています。安積親王は淡路国で薨去し、その生涯を閉じました。

安積親王の崩御により、聖武天皇の血統は断絶しました。そのため、聖武天皇の死後、皇位は皇太子の早良親王ではなく、聖武天皇の叔父である淳仁天皇が継承しました。

安積親王は、病弱であり、悲劇的な生を送った皇族でした。しかし、安積親王の死は、聖武天皇の血統が断絶し、淳仁天皇が即位したという歴史的な出来事につながりました。

恭仁京で急逝

恭仁京で急逝

– 安積親王奈良時代の人物

恭仁京で急逝

安積親王(あさかのみこ)は、奈良時代の皇族・政治家です。聖武天皇の第二皇子として生まれ、母は皇太子妃の光明皇后です。

安積親王は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。また、弓馬の道にも優れ、武芸に秀でていました。

聖武天皇が恭仁京を遷都した際、安積親王は皇太子に立てられました。しかし、恭仁京での生活は、安積親王にとって過酷なものでした。

恭仁京は、山奥にあり、食料や水が不足していました。また、暑さや寒さも厳しく、安積親王は体調を崩してしまいました。

751年、安積親王は恭仁京で急逝しました。享年23歳でした。

安積親王の死は、聖武天皇にとって大きな痛手となりました。聖武天皇は、安積親王の死を悼み、恭仁京を放棄して、都を平城京に戻しました。

安積親王は、若くして亡くなりましたが、その才能は高く評価されていました。もし、安積親王が長生きしていれば、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれません。

その死をめぐる謎

その死をめぐる謎

-# 安積親王奈良時代の人物

安積親王は、奈良時代初期の皇族、政治家です。天武天皇の皇子で、母は大海人皇女(天智天皇の皇女)です。草壁皇子の同母弟であり、文武天皇の異母弟にあたります。

安積親王は、壬申の乱において、大海人皇子(天武天皇)に従い、大友皇子(弘文天皇)を討伐した功績により、功臣として厚遇されました。天武天皇の死後、文武天皇の即位に貢献し、右大臣に任命されました。

安積親王は、文武天皇の治世において、右大臣として政務を司る一方、文人としても活躍しました。和歌を好み、多くの作品を残しています。また、仏教にも帰依し、東大寺や興福寺の造営に尽力しました。

715年、安積親王は、藤原不比等との権力争いに敗れ、失脚しました。翌716年、47歳の若さで亡くなりました。

-# その死をめぐる謎

安積親王の死は、謎に包まれています。公式には、病死とされていますが、他殺説や自殺説など、さまざまな説が唱えられています。

その死を巡る謎のうち、最も有力視されているのが、藤原不比等による毒殺説です。藤原不比等は、安積親王と権力争いをしており、安積親王の失脚後に政権を掌握しました。そのため、藤原不比等が安積親王を毒殺したという説が有力視されています。

また、安積親王が自殺したという説もあります。安積親王は、藤原不比等との権力争いに敗れて失脚し、絶望して自殺したという説です。

安積親王の死は、奈良時代初期の政情を大きく左右した事件です。その死の真相は、現在もなお謎に包まれています。

タイトルとURLをコピーしました