– 「羽長坊」

– 「羽長坊」

西田羽長坊とは

西田羽長坊とは

-西田羽長坊とは-

西田羽長坊(西田羽衣丸)は、歌舞伎役者の屋号である。屋号は、江戸時代前期に活躍した初代西田羽長坊が称したことに始まる。

初代羽長坊は、常陸国茨城郡西ノ内村(現在の茨城県笠間市)の生まれで、幼少の頃から歌舞伎に親しんだ。江戸に出て、中村座で下座の仕事をしながら、役者の修行を重ねた。元禄16年(1703年)、初代市川團十郎が中村座で興行した際に、羽長坊が団十郎の狂言を真似て踊ったところ、団十郎がその才能を認めて弟子とした。羽長坊は、団十郎の芸を受け継ぎ、すぐに人気役者となった。

宝永3年(1706年)、羽長坊は中村座で独自の興行を行い、大成功を収めた。この興行をきっかけに、羽長坊は中村座の看板役者となり、江戸歌舞伎を代表する役者の一人となった。羽長坊は、荒事、和事、敵役など、どんな役でもこなすオールラウンダーの役者として知られ、歌舞伎の向上に大きく貢献した。

享保12年(1727年)、羽長坊は 中村座で興行中に倒れ、61歳で死去した。羽長坊の死後、その芸は弟子たちに受け継がれ、歌舞伎の発展に寄与した。

西田羽長坊の屋号は、初代羽長坊の死後も代々受け継がれ、現在まで続いている。西田羽長坊を襲名した役者は、皆、歌舞伎の名優として知られている。

羽長坊の生涯

羽長坊の生涯

羽長坊の生涯

羽長坊(はちょうぼう)は、戦国時代の僧兵の頭領。本名は不明。出家前の名は今川義元家臣・天野景泰。別名、松井宗観とも。

天文23年(1554年)、羽長坊は今川義元家臣・天野景泰の嫡男として、現在の静岡県浜松市北区三ケ日町に生まれた。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が戦死すると、羽長坊は織田信長に臣従した。

元亀元年(1570年)、羽長坊は信長の命を受けて、越前一向一揆を討伐した。この功績により、羽長坊は信長から加賀国の守護に任命された。

天正2年(1574年)、羽長坊は信長の命を受けて、伊勢長島一向一揆を討伐した。この戦いで、羽長坊は一揆勢に大勝し、一揆を鎮圧した。

天正3年(1575年)、羽長坊は信長の命を受けて、越前一向一揆を再び討伐した。この戦いで、羽長坊は一揆勢に敗北し、戦死した。

羽長坊は、織田信長に仕えた僧兵の頭領として、各地の一揆を討伐するなど、数々の武功を挙げた。その武勇は、後世にまで語り継がれている。

羽長坊の業績

羽長坊の業績

羽長坊の業績

羽長坊は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、比叡山延暦寺に所属した僧兵の頭領。比叡山衆徒を率いて源平合戦に参加し、活躍しました。

羽長坊は、近江国(現・滋賀県)出身で、俗名は源頼兼(みなもと の よりかね)または源兼頼(みなもと の かねより)と言われています。若い頃から比叡山で修行し、武芸に優れていました。

1180年(治承4年)、源平合戦が勃発すると、羽長坊は、比叡山衆徒を率いて源義経の軍に合流し、倶利伽羅峠の戦いや壇ノ浦の戦いなど、多くの戦いで活躍しました。

1185年(文治元年)、源義経が頼朝の勘気をこうむり、九州に逃亡すると、羽長坊は、義経を追って九州に渡りました。しかし、義経は、1189年(文治5年)に、頼朝の命を受けた幕府軍に攻められ、自害しました。

義経の死後、羽長坊は、比叡山に帰山し、堂塔の再建や寺領の回復に尽力しました。また、武芸の伝授にも熱心に取り組み、多くの弟子を育て上げました。

1206年(建永元年)、羽長坊は、比叡山で亡くなりました。享年は70歳でした。死後、羽長坊は、比叡山の護法善神として祀られ、今日まで崇敬を集めています。

羽長坊の業績は、源平合戦における活躍だけでなく、比叡山の再建や武芸の伝授など、多岐にわたっています。羽長坊は、比叡山延暦寺の歴史に大きな足跡を残した人物であり、その功績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました