雲岡栄玖 → 室町時代僧の生涯と業績

雲岡栄玖 → 室町時代僧の生涯と業績

雲岡栄玖の生い立ちと出家

雲岡栄玖の生い立ちと出家

-雲岡栄玖の生い立ちと出家-

室町時代僧の雲岡栄玖は、1318年、豊後国(現在の大分県)で生まれた。栄玖の幼少期については資料が少ないため、詳細は不明だが、裕福な家庭に生まれ、幼い頃から学問に励んでいたとされる。栄玖が15歳のとき、父が急逝。栄玖は、父の死をきっかけに出家を決意した。栄玖は、九州の曹洞宗の古刹である東福寺に入り、仏道修行を始める。栄玖は、東福寺で厳しい修行に励み、高い仏教の知識を身につけていった。

1339年、栄玖は、中国に渡る。栄玖は、中国で臨済宗の祖である南宋の禅僧である圜悟克勤に師事し、禅の教えを学ぶ。栄玖は、圜悟克勤から、禅の奥義を伝授され、禅僧として大成した。栄玖は、圜悟克勤に弟子入りした多くの日本人禅僧の中で、特に優れた弟子の一人とされ、圜悟克勤の死後、その法を継いだ。栄玖は、中国で10年以上修行し、その後、日本に帰国した。

栄玖は、日本に帰国後、京都で禅寺を開き、禅の教えを人々に伝えた。栄玖の禅の教えは、多くの人々に受け入れられ、栄玖は、室町時代を代表する禅僧の一人となった。栄玖は、1382年に亡くなるまで、禅の教えを人々に伝え続け、日本仏教の発展に貢献した。

栄玖は、禅の教えを人々に伝えるだけでなく、仏教の経典の研究にも力を注いだ。栄玖は、仏教の経典を深く研究し、多くの著書を残した。栄玖の著書は、後世の禅僧や仏教研究者に大きな影響を与えた。栄玖は、禅僧としてだけでなく、仏教研究者としても優れた業績を残した。

栄玖は、室町時代を代表する禅僧の一人であり、日本仏教の発展に大きく貢献した人物である。栄玖の禅の教えは、多くの人々に受け入れられ、栄玖は、室町時代の人々に大きな影響を与えた。栄玖の著書は、後世の禅僧や仏教研究者に大きな影響を与え、栄玖は、禅僧としてだけでなく、仏教研究者としても優れた業績を残した。

雲岡栄玖の修業時代と師との出会い

雲岡栄玖の修業時代と師との出会い

-雲岡栄玖の修業時代と師との出会い-

雲岡栄玖は、1383年に播磨国久米郡雲岡村(現在の兵庫県加古川市)に生まれた。幼名は栄寿丸。父は雲岡氏の一族である雲岡顕直、母は浄土真宗の僧侶である了円法師の娘である。

栄寿丸は幼少の頃から聡明で、読書を好んだ。12歳の時、京都の浄土真宗本願寺に上洛し、了円法師の甥である顕如上人に師事した。顕如上人は、浄土真宗中興の祖とされる人物であり、栄寿丸は顕如上人から浄土真宗の教えを学び、僧侶としての修業を積んだ。

17歳の時、栄寿丸は顕如上人から「栄玖」の法名を授かり、正式に浄土真宗の僧侶となった。そして、各地を巡って浄土真宗の教えを広め、多くの信者を獲得した。

21歳の時、栄玖は京都の東本願寺を再建し、浄土真宗の拠点とした。また、各地に寺を建立し、浄土真宗の教えを広めた。

栄玖は、浄土真宗の教えを広く民衆に広め、浄土真宗の中興に大きな役割を果たした。また、多くの著作を残し、浄土真宗の思想を体系化した。

栄玖は、1461年に京都で亡くなった。享年79歳。栄玖の死後、浄土真宗は東西に分裂し、東本願寺と西本願寺が成立した。栄玖は、浄土真宗の二祖として、東西本願寺の両派から敬仰されている。

雲岡栄玖の総持寺住持就任と晩年

雲岡栄玖の総持寺住持就任と晩年

雲岡栄玖の総持寺住持就任と晩年

雲岡栄玖は、1513年に越前国永平寺に生まれ、幼い頃から仏教に親しんでいました。1532年に総持寺に入り、1540年に剃髪して得度しました。その後、京都の妙心寺で修行し、1548年に総持寺に戻りました。

1551年に総持寺の住持に就任し、1578年までその職を務めました。住持在職中には、総持寺を中興し、曹洞宗の復興に尽力しました。また、多くの弟子を育て、曹洞宗の発展に貢献しました。

1578年に総持寺の住持を退任し、越前国永平寺に戻りました。1582年に本能寺の変が起こると、羽柴秀吉に仕えて軍師として活躍しました。1584年に秀吉の命により、京都の天龍寺に住持として入寺しました。

1586年に天龍寺を退任し、越前国永平寺に戻りました。1596年に永平寺を退任し、京都の妙心寺に住持として入寺しました。1600年に妙心寺を退任し、越前国永平寺に戻りました。

1605年に永平寺を退任し、京都の南禅寺に住持として入寺しました。1610年に南禅寺を退任し、越前国永平寺に戻りました。1613年に永平寺で死去しました。

雲岡栄玖は、曹洞宗中興の祖として知られ、多くの弟子を育て、曹洞宗の発展に貢献しました。また、軍師として羽柴秀吉に仕え、天下統一に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました